説明

JX日鉱日石エネルギー株式会社により出願された特許

861 - 870 / 1,898


【課題】省エネルギー効果の高い分離プロセスモジュール、集積分離プロセスモジュール、大規模集積分離プロセスモジュールを提供する。
【解決手段】分離プロセスモジュール100では、第1分岐路R1及び第2分岐路R2が入力流体を分岐して流す。合流路Wはこれらを合流して流す。分離器Sは、合流路Wを流れる入力流体を、第1出力流体と第2出力流体とに分離する。第1圧縮機C1は、分離器Sから出力された第1出力流体を圧縮することによって昇温させる。第1熱交換器H1は、圧縮された第1出力流体と合流路Wを流れる入力流体との間で熱交換を行う。第2熱交換器H2は、第1熱交換器H1を通過した第1出力流体と、第1分岐路R1を流れる入力流体との間で熱交換を行う。第3熱交換器H3は、分離器Sから出力された第2出力流体と、第2分岐路R2を流れる入力流体との間で熱交換を行う。 (もっと読む)


【課題】優れた省燃費性及び低温流動性を有し、かつ優れた金属疲労防止性を有する潤滑油組成物を提供すること。
【解決手段】本発明の潤滑油組成物は、尿素アダクト値が4質量%以下であり且つ粘度指数が100以上である鉱油系基油と、エステル系基油と、粘度指数向上剤とを含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】CO2およびH2を含む高温高圧ガスから、透過側にスイープガスを流すことを必要とせずに、比較的高温でCO2を濃縮することを可能とするCO2濃縮膜およびCO2濃縮方法を提供する。
【解決手段】無機多孔質支持体中に5%熱重量減少温度が250℃以上であるイオン液体またはイオン液体を重合させたポリマーゲルを含んだ液膜と、イオン液体を透過させない、5%熱重量減少温度が250℃以上の膜である封止膜とを有し、二層の封止膜によって液膜が挟まれた多層構造を有する、二酸化炭素濃縮膜。この膜を用いた二酸化炭素濃縮方法。 (もっと読む)


【課題】省燃費性および低温粘度特性と清浄性に優れ、150℃におけるHTHS粘度を一定レベルに維持しながら、燃費向上にとって効果的である、潤滑油の40℃、100℃動粘度および100℃のHTHS粘度を著しく低減させた潤滑油組成物を提供すること。
【解決手段】潤滑油組成物は、100℃動粘度が1〜5mm2/s未満である潤滑油基油を基油全量基準で50〜99.9質量%、および100℃動粘度が5〜200mm2/sである潤滑油基油を基油全量基準で0.1〜50質量%、からなる潤滑油基油に、組成物全量基準で、重量平均分子量が1万以上であり、重量平均分子量とPSSIの比が0.8×104以上である粘度指数向上剤を0.1〜50質量%配合した、組成物の100℃動粘度が3〜15mm2/s、かつ、150℃ HTHS粘度と100℃ HTHS粘度の比が0.50以上であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】リアルタイム・高精度で簡易に配管の亀裂の有無・大きさ、及び配管の亀裂から漏洩するガスの圧力を診断する。
【解決手段】配管が発する音を録音し録音した音のパワースペクトルを得る測定手段と、パワースペクトルのデータを用いてニューラルネットワークにより配管の亀裂の有無及び亀裂の大きさを診断するモデルを作成するモデル作成手段と、記憶手段と、配管の亀裂の有無及び亀裂の大きさを診断する亀裂診断手段と、亀裂診断手段により配管に亀裂があると診断された場合にパワースペクトルのデータに対してK近傍法を用いることにより配管の亀裂から漏洩するガスの圧力を診断する圧力診断手段と、を有する配管亀裂診断装置。 (もっと読む)


【課題】温泉施設のメンテナンス作業を十分に軽減するのに有用なスケール付着抑制方法及びこれに用いる硫黄含有材料を提供すること。
【解決手段】本発明に係るスケール付着抑制方法は、カルシウム系温泉及び/又はマグネシウム系温泉が接触する流路又は貯槽の内面を、硫黄及び骨材を含む原料組成物を溶融させた後に固化させて得られる硫黄含有材料によって形成することを特徴とする。本発明によれば、温泉成分に由来するスケールが流路又は貯槽の内面に付着するのを抑制できるのみならず、仮にスケールが付着したとしても、これを容易に取り除くことができる。 (もっと読む)


【課題】再起動までの時間の短縮を図ることができる脱硫装置、及びそのような脱硫装置を備える燃料電池システムを提供する。
【解決手段】燃料電池システム1の脱硫装置3においては、レベラー20から一時停止信号が入力された場合に、脱硫器7内から貯留容器19への液体燃料の供給が停止されるように、制御部15が、入口弁9、ポンプ11及び出口弁12を制御する。このとき、温度計13によって測定される温度、すなわち脱硫器7内の液体燃料の温度が、常温よりも高く且つ通常運転時の温度Aよりも低い所定の温度Bに維持されるように、制御部15が、ヒータ8を制御する。これにより、脱硫装置3を停止させ常温まで温度を低下させた場合と比べて、通常運転時の温度A、すなわち所定の脱硫温度に加熱するまでの時間が短縮されるので、再起動までの時間の短縮を図ることができる。 (もっと読む)


【課題】圧力低下に起因する脱硫器への悪影響を防止することができる脱硫装置、及びそのような脱硫装置を備える燃料電池システムを提供する。
【解決手段】燃料電池システムの脱硫装置3においては、温度計13によって測定される温度、すなわち脱硫器7内の液体燃料の温度が通常運転時の温度よりも低い所定の温度以下となった場合に、圧力計14で測定される圧力、すなわち脱硫器7内の液体燃料の圧力が正圧である所定の圧力となるように、制御部15が、入口弁9、ポンプ11及び出口弁12を制御する。従って、例えば運転停止時に、液体燃料の温度の低下に伴って圧力が低下したとしても、正圧である所定の圧力が維持されるので、圧力低下に起因する例えば液体燃料の気化や脱硫器の破損等といった脱硫器7への悪影響を防止することができる。 (もっと読む)


【課題】 液体燃料の気化を防止することができる脱硫装置、及びそのような脱硫装置を備える燃料電池システムを提供する。
【解決手段】 燃料電池システムの脱硫装置3においては、温度計13によって測定される温度、すなわち脱硫器7内の液体燃料の温度が所定の温度となり、圧力計14によって測定される圧力、すなわち脱硫器7内の液体燃料の圧力が所定の温度における液体燃料の飽和蒸気圧以上且つ脱硫器の耐圧以下の所定の圧力となるように、制御部15が、ヒータ8、入口弁9、ポンプ11及び出口弁12を制御する。従って、脱硫器7内の液体燃料の温度を上昇させても、液体燃料が気化するのを防止することができる。 (もっと読む)


【課題】ホメオトロピック配向性を示すディスコティック液晶性材料を提供する。
【解決手段】
ディスコティック液晶性を示す有機金属錯体化合物であって、ホメオトロピック配向することを特徴とする有機金属錯体化合物、特にジチオレン構造を含む、下記一般式(1)で表わされる有機金属錯体化合物。
(もっと読む)


861 - 870 / 1,898