説明

株式会社日本触媒により出願された特許

2,031 - 2,040 / 2,292



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 不揮発性であって、優れた潤滑性能を奏することができるうえに、高イオン伝導性を有し、様々な分野に好適に適用可能な潤滑剤組成物を提供する。
【解決手段】 イオン性液体を含んでなる潤滑剤組成物、及び、下記一般式(1);
【化1】


(式中、Xは、B、C、N、O、Al、Si、P、S、As及びSeからなる群より選択される少なくとも1種の元素を表す。A及びBは、同一又は異なって、有機連結基を表す。Qは、有機基を表す。aは、1以上の整数であり、b、c、d及びeは、0以上の整数である。)で表されるアニオンを有するイオン性化合物を含んでなる潤滑剤組成物である。 (もっと読む)


【課題】
高活性であって、排ガス中の窒素酸化物や、ダイオキシン類などの有機ハロゲン化合物をより効率よく分解除去することができる排ガス処理用触媒、およびこの触媒を用いた排ガス処理方法を提供する。
【解決手段】
(1)バナジウム酸化物のほかに、298.15Kにおける標準生成エンタルピー(△H(kJ/mol))が−1300以上−300以下である金属硫酸塩(例えば、硫酸鉄、硫酸亜鉛)を含有させる。(2)この触媒を用いて有害物質を含有する排ガスを処理する。 (もっと読む)


【課題】分散性や吸着性等に優れるとともに、高いカルシウムイオン捕捉能を有し、例えば、洗剤添加物用途に好適に使用することが可能なN−ビニル環状ラクタム系重合体及びその用途、並びに、このような重合体を効率的に製造することができるN−ビニル環状ラクタム系重合体の製造方法を提供する。
【解決手段】N−ビニル環状ラクタム単位を有する重合体に、カルボキシル基含有不飽和単量体を含む単量体成分を重合してなるN−ビニル環状ラクタム系重合体であって、上記カルボキシル基含有不飽和単量体は、上記N−ビニル環状ラクタム単位を有する重合体100重量部に対して200〜9900重量部であり、上記N−ビニル環状ラクタム系重合体は、固形分25質量%水溶液における25℃粘度が100000mPa・s以下であるN−ビニル環状ラクタム系重合体である。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 高柔軟性及び高導電性を有するとともに、樹脂やゴム等の高分子材料とのなじみが良く、ブリードしにくい導電性付与剤並びに該導電性付与剤を含有する導電性材料を提供する。
【解決手段】 イオン性液体を含んでなる導電性付与剤、及び、下記一般式(1);
【化1】


(式中、Xは、B、C、O、Al、Si、P、S、As及びSeからなる群より選択される少なくとも1種の元素を表す。A及びBは、同一又は異なって、有機連結基を表す。Qは、有機基を表す。aは、1以上の整数であり、b、c、d及びeは、0以上の整数である。)で表されるアニオンを有するイオン性化合物を含んでなる導電性付与剤である。 (もっと読む)


【課題】 天然のSHNLに比較して顕著に活性が向上した新規なSHNLを提供すること。
【解決手段】 天然型S-ヒドロキシニトリルリアーゼのアミノ酸配列において、特定部位のアミノ酸を置換、あるいは他の特定部位にアミノ酸を挿入して得られる、新規高活性改変型S-ヒドロキシニトリルリアーゼを用いたS−シアンヒドリンの合成に使用する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】製品化塔での蒸留に際して、(メタ)アクリル酸および/またはそのエステルの純度及び品質を一定以上に保ちつつ、蒸留塔内での重合物の発生を抑止すると共に、蒸留によって得られた凝縮液が塔付帯設備で重合することを抑止できる技術を提供すること。
【解決手段】蒸留によって発生した蒸気を塔頂より留出させて凝縮し、該凝縮された凝縮液の一部を還流液として蒸留塔の上部から塔内に供給し、他の一部を循環液として凝縮器および/または蒸留塔と前記凝縮器をつなぐ導管に導入する蒸留方法において、該凝縮液および/または該循環液に添加する重合防止剤と、該還流液に添加する重合防止剤とが同種のものであり、その添加量が該凝縮液および/または該循環液中のアクリル酸に対して10〜200ppmであり、該還流液への添加量が蒸留塔内のアクリル酸に対して100〜5000ppmである(メタ)アクリル酸および/またはそのエステルの蒸留方法。 (もっと読む)


2,031 - 2,040 / 2,292