説明

日本信号株式会社により出願された特許

171 - 180 / 720


【課題】 ホーム柵本体の内部に金属粉やほこりなどが流入してしまうことを確実に防止することができ、ホーム柵本体の電子部品や駆動機構の保護を図ることのできるホーム柵装置を提供する。
【解決手段】 駅のプラットホーム3上に設置されるホーム柵本体4と、ホーム柵本体4の内部に設置されホーム柵本体4の端部から進退動作される扉体5と、ホーム柵本体4のプラットホーム側面に設けられた吸気口6と、ホーム柵本体4の線路側面に設けられた排気口と、吸気口6の内側に設置されたフィルタ10を備えたフィルタユニット7と、を備えている。 (もっと読む)



【課題】転換方向及び表示方向を簡易に設定でき、しかもコストの安価な電気転てつ機を提供する。
【解決手段】転換制御部211、221は、制御電源の極性に対応して定位動作及び第2定位動作を行う。切替部212、222は、スイッチ部SA、SBと、制御電源入力端子T10〜T40と、表示出力端子T50、T60を含んでいる。スイッチ部SA、SBは、制御電源入力端子T10〜T40及び表示出力端子T50、T60を、そのまま転換制御部211、221に接続する第1スイッチ状態と、第1スイッチ状態から極性を反転して、転換制御部211、221に接続する第2スイッチ状態との間でスイッチ動作を行う。 (もっと読む)






【課題】 ホーム柵本体の厚さ寸法を大きく形成することなく、ホーム柵本体の内部スペースを大きく確保することのできるホーム柵装置を提供する。
【解決手段】 駅のプラットホーム3上に設置されるホーム柵本体4と、ホーム柵本体4の内部に設置されホーム柵本体4の端部から進退動作される扉体5と、ホーム柵本体4の線路側面に突出して一体に設けられる収納用筐体6と、収納用筐体6の内部に設置され扉体5の駆動制御を行う制御基板9と、を備えている。 (もっと読む)




171 - 180 / 720