日本信号株式会社により出願された特許

41 - 50 / 720


【課題】安全バッファを確実に確保することができ、列車の安全な走行制御またはブレーキ制御を行うことのできる列車制御システムを提供する。
【解決手段】所定の軌道1を走行する列車2に搭載された車上装置3と、車上装置3が取得した列車2の走行距離情報および速度情報を送受信するための車上無線機7と、軌道1の所定の位置に設置され車上無線機7と情報の送受信を行う沿線無線機8と、沿線無線機8に接続された地上装置と、を備え、地上装置は、車上装置3から送られる列車2の走行距離情報および速度情報に基づいて列車2の位置を取得するとともに、列車2の走行方向およびこの走行方向と反対方向にそれぞれ安全バッファを設定し、安全バッファは、列車2が走行中は、安全バッファの距離が長くなるようにのみ設定する。 (もっと読む)


【課題】1つの車上装置により、複数の運転モードによる列車の制御を行うことのできる列車制御システムを提供する。
【解決手段】所定の軌道を走行する列車に搭載された車上装置4と、車上装置4に設けられ連続式ATPシステムによる連続式ATP運転モードおよび点式ATPシステムによる点式ATP運転モードによる処理を同時に行う連続式ATP処理部11および点式ATP処理部10と、連続式ATP処理部11および点式ATP処理部10のいずれによる処理結果を用いて走行制御を行うかを選択する運転モード判断部12と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】 車室に対してそれぞれ充電スタンドが設置されていない場合でも、充電スタンドを利用して車両に適正に充電することのできる充電システムを提供する。
【解決手段】 電気車両を駐車可能とした駐車場2に設置される車室3と、少なくとも1以上設置され車室3に駐車した車両の充電を行う充電スタンド4と、車両の充電受付を行うとともにこの充電受付に基づいて充電スタンド4による充電の制御を行う充電制御装置6と、を備え、充電制御装置6により、車両が駐車した車室情報と、充電受付情報に基づく充電スタンド情報とを関連付けて登録する。 (もっと読む)


【課題】可動ステップ装置を備えるプラットホームドア装置で可動ステップの張り出しと格納の動作状態の正常または異常を高い精度で検知する。
【解決手段】この可動ステップ付きプラットホームドア装置は、ホームドア102、第1コントローラ103、可動ステップ202、第2コントローラ204を備え、第1および第の2コントローラの制御に基づき車両ドア300aの開閉動作と可動ステップの張り出し・格納動作が制御され、さらにモータ等の状態検知センサ213a、可動ステップの位置検知センサ215、距離画像センサ104を備え、3つのセンサの出力信号に基づいて可動ステップの正常または異常を判断する。 (もっと読む)


【課題】駆動源の駆動力を効率よく利用し得る低コストな転てつ機を提供する。
【解決手段】転てつ機1は、動作桿7と、動作桿7を駆動する駆動源3と、駆動源3の駆動力を減じて動作桿7に伝達する複数段の減速部を有する減速機構13と、複数段の減速部の間に配置されたトルク伝達装置15とを備える。トルク伝達装置15は、回転磁界により生ずる渦電流を利用した非接触の動力伝達機構であり、すべり回転数が増加するに従って、伝達するトルクが大きくなる。 (もっと読む)


【課題】従来の応答性を維持し、低コストでソフトウェア構造が単純な保安処理装置を提供する。
【解決手段】CPU1は、第1メモリ21を使用して、所定の第1周期T1ごとに第1スレッドを実行し、一方、第2メモリ22を使用して、第1周期より短い所定の第2周期T2ごとに、第1スレッド11に優先して、第2スレッド12を実行する。第1及び第2スレッド11,12は、第3メモリ3に記憶されたデータを読み込む入力動作111,121と、入力動作を再度行なうことなく、そのデータに基づき演算する演算動作112,122と、演算動作によって得られたデータを第3メモリ3に書き込む出力動作113,123とを含む。各スレッド11,12では、他方のスレッドが使用するメモリ21,22へのアクセス制限がかけられ、また、入力動作を再度行わないから、演算動作の途中でデータが変化することがなく、スレッド同士が干渉することがない。 (もっと読む)


【課題】通路開閉装置本体の長さ方向の寸法を小型化すると共に、伸縮機構を単純化してメンテナンス費用を抑制した通路開閉装置を提供する。
【解決手段】本実施形態に係る開閉ユニット51は、図示しない開閉駆動機構によって回動される回動軸3と、この回動軸3に固定されて、回動軸3の回動と共に開閉動作する第1の扉部材4と、第1の扉部材4により支持され、且つ回動軸3の回転力を受けて作動する作動機構52と、作動機構52の作動によって第1の扉部材4と並行な方向へ進退する第2の扉部材5と、を備えて構成されている。 (もっと読む)


【課題】 AC100Vの普通充電を行う場合であっても、充電休止時間に応じて充電の終了制御を行うことができ、充電の開閉器の損傷を確実に防止することのできる充電システムを提供する。
【解決手段】 電気車両1を駐車可能とした駐車場2に設置される車室3と、電気車両1に充電される電流値を検出する電流センサ15と、少なくとも1以上設置され車室3に駐車した車両1に対する充電制御を行う充電制御装置6とを備え、充電制御装置6は、充電終了タイミングに応じて監視期間を設定し、監視期間内に電流センサ15による充電電流値の休止期間が生じたときに充電をOFFに制御する。 (もっと読む)


【課題】プレーナ型電磁アクチュエータにおける駆動コイルの残留応力に起因する可動部の反りを低減する。
【解決手段】固定部2、可動部4及び一対のトーションバー3,3を半導体基板で一体形成し、可動部4に駆動コイル5を設け、駆動コイル4に電流を供給することにより駆動コイル5に発生する磁界と永久磁石6,6の静磁界との相互作用により発生する電磁力で可動部4をトーションバー3,3回りに駆動するプレーナ型電磁アクチュエータにおいて、駆動コイル4の各角部(黒色部分)を可動部4表面に固定し、各角部以外のコイル部分(白色部分)を可動部4表面から浮かす構成とした。 (もっと読む)


【課題】管理表示部にログ表示画面を備えた自動券売機等で操作行為に係る動画と、操作・動作ログとを同一画面にて連動するように関連付けて同時に表示し、相互のスクロールを可能にし、不正・故障を判断でき、管理上で利便性と直感的な視認性を高める。
【解決手段】この操作動画と操作・動作ログの表示方法は、自動券売機10等の係員表示・操作部40の表示画面41に操作・動作ログを表示する方法であって、表示画面41における一部の領域83に、ビデオカメラ23で録画された接客部11での利用者の操作行為に係る動画を表示し、ログ表示画面における一部の領域に隣接した他の領域82に、複数の操作・動画ログ(単位ログデータ71)に係る内容をログ記録時刻(イベント発生時刻72)と共に時系列に並べて表示する。 (もっと読む)


41 - 50 / 720