説明

バンドー化学株式会社により出願された特許

81 - 90 / 429


【課題】優れた織布と粘着剤層の密着性を有すると同時に、発汗や水等との接触による粘着力の低下も抑制でき、他の性能にも優れた通気性粘着テープを提供する。
【解決手段】基材及び粘着剤層を有する通気性粘着テープであって、上記基材は、ポリウレタン糸を芯糸として合成繊維糸でカバーリングした縦糸と合成繊維糸を芯糸として綿糸でカバーリングした横糸とが平織りされた織布であることを特徴とする通気性粘着テープ。 (もっと読む)


【課題】破片などが発生した際においても、その検知が容易な熱可塑性ポリウレタン成形物とその製造方法とを提供すること課題としている。
【解決手段】熱可塑性ポリウレタンとX線造影剤とを含有する熱可塑性ポリウレタン組成物によって形成されており、前記X線造影剤が、前記熱可塑性ポリウレタン100重量部に対して10重量部以上25重量部以下含有され、しかも、前記X線造影剤の内の少なくとも50重量%がビスマス系化合物であることを特徴とする熱可塑性ポリウレタン成形物などを提供する。 (もっと読む)


【課題】分子内に少なくとも1つのヒドロキシル基を有し、その極性溶媒に溶解させた溶液を用いる塗布法によって製膜することができる新規な1,3,5−トリス(アリールアミノ)ベンゼン類と、そのように塗布法によって形成された少なくとも1つの機能層を備えながら、高い性能を有する有機エレクトロルミネッセンス素子を提供する。
【解決手段】一般式(I)


(式中、X1からX6はそれぞれ独立に、少なくとも1つのヒドロキシル基を有する置換アリール基を示す。)で表される1,3,5−トリス(ジアリールアミノ)ベンゼン類。 (もっと読む)


【課題】クリーンルームに求められる高い空気清浄度を保つことができるように、ベルト使用時の心線の屈曲疲労によって生じる摩耗粉の量を可能な限り低減させた低発塵性歯付ベルトを提供することを主な目的とする。
【解決手段】本発明は、ベルト本体内に心線が幅方向に螺旋状に埋設された低発塵性歯付ベルトであって、上記ベルト本体の形成材料として、ウレタン系樹脂が用いられ、上記心線として、アラミド繊維製撚糸に接着処理剤で被覆及び/又は含浸されたものが用いられ、上記アラミド繊維製撚糸の下撚り回数が15回/10cm以上25回/10cm以下、上撚り回数が5回/10cm以上15回/10cm以下であることを特徴とするクリーンルーム用の低発塵性歯付ベルトである。上記アラミド繊維製撚糸の上撚り本数は3本以上7本以下であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】油剤の付着による劣化を抑制することができる歯付ベルトを提供する。
【解決手段】歯付ベルト10は、ベルト内周側にベルト長さ方向に並んだ複数の歯部11aを有する歯付ベルト本体11と、それに埋設されベルト幅方向にピッチを有する螺旋を形成するように配されたアラミド繊維製の心線12と、歯付ベルト本体11の歯部側表面を被覆するようにNBR組成物又はH−NBR組成物で形成されたゴム糊層を介して設けられた歯部側補強布13と、を備える。歯付ベルト本体11は、上記ゴム糊層が接触する部分がNBR組成物又はH−NBR組成物で形成されており、歯部側補強布13は、NBRラテックス又はH−NBRラテックスをラテックス成分とし且つカーボンブラックを含有したRFL水溶液により形成されたRFL被膜で表面が被覆されている。 (もっと読む)


【課題】クリーンルームに求められる高い空気清浄度を保つことができるように、ベルトの製造工程や使用に起因する付着物及び摩耗粉の量を可能な限り低減させた低発塵性歯付ベルトを提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、ベルト本体に心線が幅方向に螺旋状に埋設された低発塵性歯付ベルトであって、上記ベルト本体の形成材料として、ウレタン系樹脂が用いられ、上記心線が、接着処理剤で被覆及び/又は含浸され、露出した心線を覆うように上記ベルト本体の少なくとも一部分に積層される合成樹脂層を備えていることを特徴とするクリーンルーム用の低発塵性歯付ベルトである。当該ベルト表面には洗浄処理を施すことが好ましい。洗浄処理は、弱アルカリ性水溶液、有機溶剤又は機能水によるものであってよい。接着処理剤としては、イソシアネート基含有化合物又はエポキシ基含有化合物を用いることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 建築構造用および木造構造用骨組みの剛性や強度を向上でき、施工が容易であり、等価減衰定数が大きく、エネルギー吸収効果が高く、剛性・耐力・減衰量・変形能力などに関する設計の自由度が高く、また材料および機能面からメンテナンスがフリーなダンパー装置を提供する。
【解決手段】 本ダンパー装置1は、内筒状剛性部材13の外周側に同内筒状剛性部材13を囲繞するように外筒状剛性部材12を同心状に配置するとともに、内外の剛性部材12・13間に粘弾性部材または弾性部材からなるエネルギー吸収体14を介在させて相対変位可能に一体的に結合してなる。また、内外の前記剛性部材12・13が、軸方向に相対変位するのを制限するストッパー210を備えている。 (もっと読む)


【課題】補強布に含有させる摩耗改質材が少量としつつ耐摩耗性を向上させる。
【解決手段】伝動ベルト10は、ベルト本体11のプーリ接触面が補強布13で被覆されている。補強布13は、布本体のプーリ接触側表面に粒状の摩耗改質材を含む表面ゴム層が設けられていると共に、表面ゴム層に含まれる摩耗改質材の布本体の糸間への埋没を規制する埋没規制手段が構成されている。 (もっと読む)


【課題】エチレン−α−オレフィン共重合体が含有されながらもフェノール樹脂系有機補強剤による効果を成形体に十分発揮させ得るゴム組成物を提供して、高弾性でありながらも耐久性に優れた伝動ベルトを提供することを課題としている
【解決手段】本発明のゴム組成物は、エチレン−α−オレフィン共重合体を含むゴム成分100重量部に対して、フェノール樹脂系有機補強剤が0重量部を超え25重量部未満含有されており、さらに、分子内に極性基を有するエチレン系コポリマーを含有し、前記ゴム成分を架橋させて用いられることを特徴とするゴム組成物。 (もっと読む)


【課題】Vリブドベルトの耐熱性を損なうことなく、プーリ接触部分を低摩擦係数の状態で維持することによって、ベルト走行時に優れた異音発生抑制効果を得る。
【解決手段】VリブドベルトBは、ベルト内周側にベルト長さ方向に伸びるように設けられた複数のVリブ13を有するベルト本体10と、ベルト本体10のVリブ13表面を被覆するように設けられたリブ側ニット補強布14と、を備えている。リブ側ニット補強布14は、3cm幅の短冊状テストピースに50Nの荷重を負荷したときの伸び率がベルト長さ方向について100〜500%で且つベルト幅方向の伸び率が150〜500%である。 (もっと読む)


81 - 90 / 429