説明

株式会社日立プラントテクノロジーにより出願された特許

11 - 20 / 1,767






【課題】部分負荷運転であっても冷却対象を好適に冷却できる冷却システムとその制御方法を提供することを課題とする。
【解決手段】冷媒CLが気化して高温排気AHを冷却する蒸発器21a、21bと、蒸発器21a、21bに供給される冷媒CLの流量を調節する冷媒流量制御バルブ26a、26bと、冷媒CLを冷水で冷却して凝縮する凝縮器10と、凝縮器10に供給される冷水の流量を調節する三方弁14を備え、凝縮した冷媒CLを加圧して蒸発器21a、21bに供給する冷却システム1とする。そして、三方弁14は、凝縮した冷媒CLの温度が冷媒液目標温度となるように凝縮器10に供給される冷水の流量を調節し、冷媒流量制御バルブ26a、26bは、高温排気AHが蒸発器21a、21bで冷却された低温空気ALの温度が冷却目標温度となるように蒸発器21a、21bに供給される冷媒CLの流量を調節することを特徴とする。 (もっと読む)







11 - 20 / 1,767