説明

三菱化学株式会社により出願された特許

1,001 - 1,010 / 4,356


【課題】気相成長装置の成長室内の基板以外の部分へのGa含有窒化物の随伴的な付着、特に厚膜形成を行いたい場合の当該Ga含有窒化物の随伴的な付着を防止することにより当該付着による様々な問題を解消し、且つ基板上へのGa含有窒化物半導体の成長が阻害されることなく、生産性が高いGa含有窒化物半導体の製造方法を提供する。
【解決手段】ガリウム化合物を含む第一ガスと、窒素化合物を含む第二ガスを、気相成長装置の成長室内へ供給して、成長室内に設置した基板上にGa含有窒化物半導体を成長させるGa含有窒化物半導体の製造方法であって、第一ガス及び第二ガスを成長室内へ供給している期間において、平均の成長速度が66μm/h以上となるように、特定の供給量となるHClガスを含む第三ガスを前記第一ガスの供給口とは別の供給口から前記成長室内へ供給することを特徴とするGa含有窒化物半導体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】イオン交換樹脂や合成吸着剤に用いる粒状重合体を製造する方法であって、不純物の残存や分解物の発生を抑制する。
【解決手段】シード重合法によらず重合を行なうとともに、重合反応の少なくとも一部を100℃以上の温度で行なう第1工程、及び該第1工程の後に重合反応を115℃以上の温度で行なう第2工程を有し、100℃に昇温する前における原料モノマー転換率が70%以上であり、該各工程における重合反応系内の酸素量が、モノマーに対する比率の値で5ppm以下であることを特徴とする、粒状重合体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】有機電界発光素子などの有機デバイスにおいて、駆動安定性の高いデバイスを得るために有用な有機デバイス用組成物と、この組成物を用いた駆動安定性の高い有機電界発光素子を提供する。
【解決手段】2種以上の架橋性化合物を含有する有機デバイス用組成物であって、該架橋性化合物のうち、少なくとも2種は、架橋基の数が異なることを特徴とする有機デバイス用組成物。この有機デバイス用組成物を成膜後、該架橋性化合物を重合させて得られる高分子膜。基板上に、陽極および陰極と、該陽極および陰極の間に配置された有機層とを有する有機電界発光素子において、該有機層の少なくとも1層が、この有機デバイス用組成物を成膜後、架橋性化合物を重合させて得られる層である有機電界発光素子。 (もっと読む)


【課題】剥離性に優れており、弾性繊維やフィルム及び衣料等の用途に極めて有用なポリウレタン成形体を提供する。
【解決手段】オルガノポリシロキサン(a)、ポリエーテルポリオール(b)、ポリイソシアネート化合物(c)および鎖延長剤(d)から得られるポリウレタン成形体であって、ポリウレタン成形体表面に存在する炭素原子に対するケイ素原子の相対存在比であるSi/Cが0.03〜0.5であるポリウレタン成形体。 (もっと読む)


【課題】複数の白色光源からの白色光の色温度の変化に関係なく、複数の白色光源からの白色光が合成された合成白色光の輝度を調整可能とする。
【解決手段】第1の白色光を発するための発光ダイオード及び蛍光体を含む第1の白色光源と、第1の白色光とスペクトルの異なる第2の白色光を発するための発光ダイオード及び蛍光体を含む第2の白色光源とを含む半導体発光装置であって、前記第1の白色光源からの白色光と前記第2の白色光源からの白色光とが合成された構成白色光が特定の輝度となるように決定された駆動電圧比で、第1の白色光源に含まれる発光ダイオードと第2の白色光源に含まれる発光ダイオードとの夫々が駆動される。 (もっと読む)


【課題】 芳香族ポリイミドの製造で使用される有機溶媒に対する未溶解物が少なく、均一な溶解性を有し、且つ、溶解と共に進行する重合反応に遅延等を引き起こさないビフェニルテトラカルボン酸二無水物結晶を提供すること。
【解決手段】 下記測定法で測定される100μm以上の頻度が34%以下であり、17μm以下の頻度が46%以下であるビフェニルテトラカルボン酸二無水物結晶。
頻度測定法:レーザー回折・散乱式粒度分布測定装置により測定する。 (もっと読む)


【課題】過充電時の安全性、高温連続充電特性に優れる非水系電解液電池に用いる非水系電解液を提供する。
【解決手段】一般式(I)で表される化合物を含有する非水系電解液。


(一般式(I)中、Rはフッ素原子で置換されていてもよい炭素数1〜12の炭化水素基を表し、R〜Rはそれぞれ独立して、水素原子、フッ素原子、フッ素原子で置換されていてもよい炭素数1〜12のアルキル基を表し、nは0または1の整数を表す。但し、nが0の場合、R〜Rの少なくとも一つはフッ素原子で置換されていてもよい炭素数2以上のアルキル基を表し、nが1の場合、R〜Rの少なくとも一つはフッ素原子で置換されていてもよい炭素数5以上のアルキル基を表す。) (もっと読む)


【課題】光水分解反応用の触媒であって、同一粒子上に酸化反応用および還元反応用双方の助触媒を併せ持ち、光照射下における光水分解反応速度を飛躍的に増大させることができる、効率的で工業的に有利な水分解反応用光触媒を提供する。
【解決手段】光半導体(10)、酸化反応助触媒(20)および還元反応助触媒(30)を備え、光半導体(10)に酸化反応助触媒(20)および還元反応助触媒(30)が担持されてなる光水分解反応用光触媒であって、光半導体(10)が、可視光領域の光を利用するものである光水分解反応用光触媒(100)。 (もっと読む)


【課題】剛性と機械的強度のバランス、耐侯性、及び耐加水分解性に優れた脂肪族或いは脂環式ポリエステル系樹脂組成物を提供する。
【解決手段】脂肪族或いは脂環式ポリエステル系樹脂(A)100重量部に対して、ヒンダードアミン構造を2個以上有するヒンダードアミン系光安定剤(B)を0.001〜2重量部、カルボジイミド系化合物(D)を0.01〜10重量部、充填材(E)を1〜50重量部、及び好ましくは紫外線吸収剤(C)を0.001〜2重量部の割合で含有してなる脂肪族或いは脂環式ポリエステル系樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】剥離性が高く均質性に優れ、弾性繊維やフィルム及び衣料等の用途に極めて有用なポリエステルポリオール、ポリウレタン及びその製造方法を提供する。
【解決手段】ポリエステルポリオール(a−1)、ポリエーテルポリオール(b)、イソシアネート化合物(c)、及び鎖延長剤(d)を原料としてポリウレタンを製造することを特徴とするポリウレタンの製造方法であって、該ポリエステルポリオール(a−1)が、ポリシロキサン骨格を有し、複数のカルボキシル基を有するポリカルボン酸(i−1)のカルボキシル基またはポリシロキサン骨格を有し、複数のエステル基を有するポリカルボン酸エステル(i−2)のエステル基と、ポリエーテルポリオール(ii)のヒドロキシル基とでエステル結合を形成させることにより得られるポリエステルポリオール(a−1)であることを特徴とするポリウレタンの製造方法。 (もっと読む)


1,001 - 1,010 / 4,356