三菱製紙株式会社により出願された特許

1 - 10 / 1,550



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】本発明の課題は、耐熱性の高いリチウムイオン電池セパレータを製造するにあたり、安定性の高い塗工液を提供すること、かつ、充放電の繰り返しによる充放電特性の悪化が少ないリチウムイオン電池セパレータ用塗工液およびリチウムイオン電池用セパレータを提供する。
【解決手段】アルミナ水和物と、バインダーポリマーの水性分散液と、水溶液性分散剤を含有してなり、該水溶液性分散剤が、その1質量%水溶液の25℃における粘度が100mPa・sec以上500mPa・sec以下であるカルボキシメチルセルロースであり、該増粘剤が、その1質量%水溶液の25℃における粘度が3000mPa・sec以上10000mPa・sec以下であるCMC塩であるリチウムイオン電池セパレータ用塗工液、及び、該塗工液を不織布に塗工、乾燥してなるリチウムイオン電池セパレータ。 (もっと読む)


【課題】高いトナー定着強度が得られ、トナーの転写性及び白紙黄変に優れた電子写真記録材料を提供する。
【解決手段】トナー受理層が少なくともカチオン性のシリカゾルを含有し、トナー受理層中のカチオン性のシリカゾルの添加比率がトナー受理層の総質量に対して50〜90%であり、トナー受理層がバインダーとしてカチオン性あるいはノニオン性のアクリル系樹脂を含有する電子写真記録材料。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、ブレードコーター、ロッドコーター、ロッドメタリングフィルムトランスファーでの着色筋の発生が少ない印刷用紙の製造方法とそれによって製造された印刷用紙を提供するものである。
【解決手段】原紙の少なくとも片面に白色顔料とバインダーを主体とし、更に着色用顔料を含有する塗工液を、ブレードコーター、ロッドコーター、ロッドメタリングフィルムトランスファーのいずれかの方法によって塗布して一層以上の塗工層を設ける印刷用紙の製造方法において、少なくとも該着色用顔料がアニオン性高分子によって分散されたものであり、該アニオン性高分子の重量平均分子量が8,000〜30,000であり、該着色用顔料の沈降式粒度測定方法による体積平均径が0.1〜0.5μmであることを特徴とする印刷用紙の製造方法。 (もっと読む)


【課題】フレキシブルベース版折り曲げ方法を提供するものである。さらに詳しくは、版セット時巻き込み固定方式の印刷機において印刷中のフレキシブルベース版の緩み、外れを防止するフレキシブルベース版折り曲げ方法を提供するものである。
【解決手段】フレキシブルベース版の少なくともくわえ側折り曲げ部を二重折りにすると共に、フレキシブルベース版のくわえ側折り曲げ部または印刷機の版胴へのセット完了時にフレキシブルベース版のくわえ側折り曲げ部と接触するフレキシブルベース版のくわえ尻側折り曲げ部の少なくとも何れか一方の少なくとも一部にエンボス加工を施すことを特徴とするフレキシブルベース版折り曲げ方法。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ドライフィルムレジストを、均一に薄膜化することが可能なドライレジストの薄膜化処理方法を提供するものである。
【解決手段】ドライフィルムレジストが貼り付けられた基板の該ドライフィルムレジストを処理液で処理する工程、その後に、表面の不要なドライフィルムレジスト分を除去する工程からなるドライフィルムレジストの薄膜化処理方法において、表面の不要なドライフィルムレジスト分を除去する工程の前に、処理液よりも高濃度のカリウム塩水溶液で処理することを特徴とするドライフィルムレジストの薄膜化処理方法。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,550