説明

Meiji Seikaファルマ株式会社により出願された特許

171 - 180 / 180


スタフィロトリクム・ココスポラム(Staphylotrichum coccosporum)由来の新規エンドグルカナーゼ、前記エンドグルカナーゼをコードするポリヌクレオチド、及び前記エンドグルカナーゼを含むセルラーゼ調製物を開示する。
前記エンドグルカナーゼ又はセルラーゼ調製物は、セルロース含有繊維の色の澄明化、毛羽立ちの低減、肌触り及び外観の改善、色の局所的変化、ごわつきの低減などを目的とした洗剤用、並びに繊維加工用途に有用である。 (もっと読む)


ポリグルタミン酸又はその塩からなることを特徴とする唾液分泌促進剤。この唾液分泌促進剤は口腔用組成物や食品組成物に配合される。本発明の唾液分泌促進剤によれば、重度な口腔乾燥症に対しても口腔粘膜に潤いを与えることができる。 (もっと読む)


安全性に優れたチロシナーゼ活性阻害剤、顔面血流改善剤ならびにこれらを有効成分として含有する医薬品組成物、食品組成物又は化粧料。
植物原料などから濃縮あるいは抽出して得たアントシアンを含有してなるチロシナーゼ活性阻害剤、顔面血流改善剤ならびにチロシナーゼ活性阻害作用と顔面血流改善作用を併せ持つ医薬品組成物、食品組成物又は化粧料を提供する。 (もっと読む)


本発明は、環境負荷が少なく、かつ、優れた防除作用を有する植物原料由来の両親媒性物質を有効成分として含んでなる、植物病害抵抗性誘導組成物およびその製造方法を提供する。 (もっと読む)


糖尿病の合併症などAGE生成に関連する各種疾患と同時にアルドース還元酵素阻害に関連する各種疾患を同時に治療及び予防をする後期糖化最終生成物(AGE)形成阻害剤兼アルドース還元酵素阻害剤、並びにこれら有効成分を含有する医薬品、組成物、飲食品の提供。
植物原料などから濃縮あるいは抽出して得られるアントシアニンは、AGE形成阻害剤兼アルドース還元酵素阻害剤として有用であるため、これらを含む組成物を配合してなる医薬品、食品を提供する。 (もっと読む)


本発明によれば、非晶質セフジトレン ピボキシルを懸濁液中で長時間維持することができる固体分散体組成物が提供される。本発明は、セフジトレン ピボキシル100mg力価相当量に対し、ショ糖脂肪酸エステルを少なくとも0.1mg含んでなる、固体分散体組成物である。 (もっと読む)


本発明によれば、実質的に乳化剤無添加でありながら乳化安定性が良好であり、作業適性に優れた含水油脂組成物、およびその製造方法が提供される。本発明による製造方法にあっては、炭素数18以上の脂肪酸を構成脂肪酸とする飽和脂肪酸トリグリセリド類を1.5〜4.5重量%含んでなる油脂を用意し、この油脂を融解し、その後飽和脂肪酸トリグリセリド類が安定型以外の結晶型の結晶となるように、急速に冷却する。次いでこの油脂を、飽和脂肪酸トリグリセリド類の少なくとも一部が安定型結晶となるように、再加熱し、再加熱後の油脂に水性媒体を加えて乳化する。これにより乳化剤を実質的に含まない、安定した含水油脂組成物が得られる。 (もっと読む)


【課題】 各種細菌に対して抗菌活性を有し、特に医療上問題となっている多剤耐性菌を含むグラム陽性菌に対して強い抗菌活性を示し、多剤耐性菌を含むグラム陽性菌などを起因菌とする細菌感染症の治療に有用な抗菌剤を提供すること。
【解決手段】 式(1)で表わされる新規抗生物質SF2811物質、または薬理学的に許容される塩、およびそれらの製造法、ならびにそれらの医薬組成物を提供する。
【化1】
(もっと読む)


【課題】密封性がよく、開封が確実かつ容易にできる包装体を提供する。
【解決手段】被包装物3がフィルム1によって包装された包装体7において、被包装物の巻き付け方向の周囲の長さと、フィルムの一方端部101および他方端部102の長さの和に相当する長さの引き裂きテープ2がフィルムの巻き付け方向に連続して、フィルムに固着され、フィルムの一方端部が他方端部より長くなるように合掌状に貼り合わされ、フィルムへの切れ目が、貼り合わされていないフィルムの一方端部の先端から貼り合わされた部分に届く長さまで、かつ引き裂きテープに沿って、テープの両側にあり、フィルムの一方端部を他方端部側に折り、被包装物の表面を覆うフィルムに接着する際に、他方端部と接着していないフィルムの一方端部において、引き裂き用テープの一部及びテープ両側の切れ目の一部さらにその外側にあるフィルムの一部を含む領域を有する非接着部5が備えてある。 (もっと読む)


【目的】 本発明は、簡単かつ迅速に薬剤とこの薬剤の溶解液を混合できると共に容器内の薬剤が混合操作上及び外部から異物あるいは微生物によって汚染されることのない輸液容器を提供することにある。
【構成】 第1の薬剤が収容される瓶(12)と、前記第1の薬剤と混合される第2の薬剤が収容されるバッグ(14)と、前記瓶(12)とバッグ(14)を連通する液通過装置(20)と、この液通過装置(20)の構成部材であって前記瓶(12)に取り付けられるホルダー(32)と、このホルダー(32)に一端部が挿入されて押圧すると前記瓶(12)の開口部(28)を閉塞しているゴム栓(30)の閉塞を解除すると共に他端部が前記バッグ(14)に挿入されるコネクター(40)とから構成されている。 (もっと読む)


171 - 180 / 180