説明

Meiji Seikaファルマ株式会社により出願された特許

11 - 20 / 180


【課題】本発明の課題は、マダイなどの養殖魚のエドワジエラ症に対する有効な治療剤を提供することにある。
【解決手段】前記の課題を解決するために研究を重ねた結果、ホスホマイシンが魚類のエドワジエラ症に対して優れた治療効果を示すことを見出した。すなわち、本発明はホスホマイシンを有効成分として含有する魚類のエドワジエラ症治療剤を提供するものである。 (もっと読む)


1,11位がアシルオキシ基であって、7位が水酸基であるピリピロペン誘導体の効率的な製造方法が開示される。この方法は、下記式B1で表される化合物の1位および11位の水酸基を、塩基存在下または非存在下にて、アシル化剤を用いて1〜3の工程数で選択的にアシル化する工程を含む。

(もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

緑膿菌に対して優れた抗菌活性を有する新規な抗体を提供する。慢性緑膿菌肺感染の嚢胞性線維症患者由来の形質芽球を出発材料として、緑膿菌の血清型G型LPSに結合し、in vitroおよびin vivoにおいて優れた抗菌活性を有する抗体を取得することに成功した。 (もっと読む)


緑膿菌に対して優れた抗菌活性を有する新規な抗体を提供する。慢性緑膿菌肺感染の嚢胞性線維症患者由来の形質芽球を出発材料として、緑膿菌の血清型E型LPSに結合し、in vitroおよびin vivoにおいて優れた抗菌活性を有する抗体を取得することに成功した。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

緑膿菌に対して優れた抗菌活性を有する新規な抗体を提供する。慢性緑膿菌肺感染の嚢胞性線維症患者由来の形質芽球を出発材料として、緑膿菌の血清型I型LPSに結合し、in vitroおよびin vivoにおいて優れた抗菌活性を有する抗体を取得することに成功した。 (もっと読む)


【課題】恒温動物の内部寄生虫に対して、低薬量で優れた防除効果を示す新規内部寄生虫防除剤を提供する。
【解決手段】次式(I)で示されるアシルヒドラゾン誘導体を有効成分として含む、新規内部寄生虫防除剤。


[式中、Rは、アルキル基、アルケニル基、アルキニル基、フェニル基、または複素環基で示され、Rは、フェニル基、または複素環基で示され、Rは、水素原子、アルキル基、カルボニル基またはNR(R,Rはそれぞれ水素原子またはハロゲンに置換されていてもよいアルキル基を示す)で示される] (もっと読む)


【課題】新規抗菌剤ならびにその製造法を提供すること。
【解決手段】ノノムラエ属に属する放線菌より得られる、新規なチオペプタイド化合物、すなわち下記式(1)またはその製薬学的に許容される塩、および該化合物またはその製薬学的に許容される塩を有効成分として含む医薬組成物、ならびにその製造法を提供する。
【化1】
(もっと読む)


【課題】特定の刺激や呈味、香味がないため、味付けに制限のない、唾液分泌促進作用を有する口腔組成物を提供する。
【解決手段】2−メチル酪酸又は/及び酢酸を含有する口腔用組成物は、2−メチル酪酸又は/及び酢酸の含有量が、呈味を感じない程度の極微量であっても、咀嚼の終了後の唾液の分泌を促進させる。口腔用組成物としては、キャンデー、グミ、チューインガム、トローチ、チュアブルタブレット等が好ましい。 (もっと読む)


11 - 20 / 180