説明

株式会社村田製作所により出願された特許

3,631 - 3,635 / 3,635


【目的】 高温高湿中における特性の経時変化の少ない電圧非直線抵抗体の材料となる粒界酸化型電圧非直線抵抗組成物を得る。
【構成】 (Sr1-x-y Bax Cay )TiO3 を98.0〜99.9モル%と、Nb,W,Ta,Inおよび希土類元素の中から選ばれる少なくとも1種類の酸化物を0.1〜2.0モル%とからなる主成分を準備する。ここで、x≦0.3,y≦0.25である。この主成分に、CuO,PbO,Bi2 3 ,Sb2 3 ,V2 5 ,MoO3 の中から選ばれる少なくとも1種類と、Nap q r とを合わせて0.01〜2.0モル%含有させる。ここで、p=2n,q=2n’,r=n+3n’であり、n,n’は1または2である。 (もっと読む)


【目的】 低酸素分圧下でも組織が半導体化せず焼成可能で、誘電率が3000以上、絶縁抵抗がlogIRで11.0以上で、誘電率の温度特性が25℃の容量値を基準とし、−55℃〜125℃の広い範囲で±15%の範囲内にあることを満足する非還元性誘電体磁器組成物を得る。
【構成】 不純物としてのアルカリ金属酸化物含有量が、0.04重量%以下のBaTiO3 とTb2 3 ,Dy2 3 ,Ho2 3 ,Er2 3の中の1種類以上の希土類酸化物(Re2 3 )とCo2 3 との配合比が、BaTiO3 92.0〜99.4モル%とRe2 3 0.3〜4.0モル%とCo2 3 0.3〜4.0モル%との範囲内の主成分100モル%に、BaO0.2〜4.0モル%とMnO0.2〜3.0モル%とSiO2 0.2〜3.0モル%とMgO0.5〜5.0モル%とからなる副成分を含有する非還元性誘電体磁器組成物である。 (もっと読む)



【目的】 低酸素分圧下でも組織が半導体化せず焼成可能で、誘電率が3000以上、絶縁抵抗がlogIRで11.0以上で、誘電率の温度特性が25℃の容量値を基準とし、−55℃〜125℃の広い範囲で±15%の範囲内にあることを満足する非還元性誘電体磁器組成物を得る。
【構成】 不純物としてのアルカリ金属酸化物含有量が、0.04重量%以下のBaTiO3 とTb2 3 ,Dy2 3 ,Ho2 3 ,Er2 3の中の1種類以上の希土類酸化物(Re2 3 )とCo2 3 との配合比が、BaTiO3 92.0〜99.4モル%とRe2 3 0.3〜4.0モル%とCo2 3 0.3〜4.0モル%との範囲内の主成分100モル%に、BaO0.2〜4.0モル%とMnO0.2〜3.0モル%とMgO0.5〜5.0モル%とからなる副成分を含有する非還元性誘電体磁器組成物である。 (もっと読む)



3,631 - 3,635 / 3,635