説明

アステラス製薬株式会社により出願された特許

161 - 170 / 274


本発明は、2型糖尿病改善薬のスクリーニング方法を提供する。c−Cb1に結合する蛋白質CbAP40を見出した。マウスCbAP40遺伝子は糖尿病モデルマウスの筋肉において正常個体より発現量が顕著に増加していること、ヒトCbAP40遺伝子を筋肉由来細胞に高発現させると糖の取り込みが阻害されることを明らかにし、同蛋白質が糖尿病態の原因因子であることを見出した。さらにヒトCbAP40遺伝子のプロモーター領域を同定し、該プロモーター由来の転写誘導活性がインスリン抵抗性を改善するチアゾリジン誘導体により抑制されることを明らかにした。これをもとに該プロモーター活性及びc−Cb1とCbAP40との相互作用の変化を指標としたインスリン抵抗性改善効果を有する物質のスクリーニング系を構築した。 (もっと読む)


【課題】マクロライド系化合物を含有するエアゾール組成物が封入容器に封入されたエアゾール製剤においては、バルブ部の「ガスケット」を構成する材料の種類によっては主薬であるマクロライド系化合物が該バルブ部を構成する樹脂に一部吸着され、エアゾール製剤を保管する場合に、エアゾール組成物の組成が経時変化し、エアゾール組成物に占める主薬の割合が小さくなるとの問題があった。
【解決手段】マクロライド系化合物を含有するエアゾール組成物が封入容器に封入されたエアゾール製剤において、該封入容器のバルブ部の「ガスケット」を構成する材料として、ブチルゴム、エチレンプロピレンゴム、クロロプレンゴム、ポリエチレン、ポリブチレンテレフタレート、ポリアセタール、ポリアミド、ポリテトラフルオロエチレン、ポリプロピレン、もしくは、熱可塑性エラストマーから一種類または複数種類の樹脂材料を選択する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

本発明は、血管透過性亢進疾患(黄斑浮腫を除く)を処置する方法を提供する。この方法は、処置の必要な被検体に、該疾患について該被検体を処置するのに十分な量の血管接着タンパク質−1(VAP−1)インヒビターを投与する工程を含む。この薬剤は、2−アシルアミノチアゾール化合物である。 (もっと読む)


新規のポリペプチド、前記ポリペプチドをコードするポリヌクレオチド、前記ポリヌクレオチドを含む発現ベクター、前記発現ベクターでトランスフェクションされた細胞、前記ポリペプチドの製造方法、及び虚血後の再灌流による細胞傷害治療又は炎症性疾患治療に有用な物質を得るための簡便なスクリーニング系を開示する。
前記ポリペプチドは、末梢白血球において発現している、カリウム依存的ナトリウム−カルシウム交換体である。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】医薬、殊にヘルペスウイルス科のウイルス感染に伴う各種疾患、具体的には、水痘帯状疱疹ウイルス感染に伴う水痘(水疱瘡)、潜伏した水痘帯状疱疹ウイルスの回帰感染に伴う帯状疱疹、HSV-1感染に伴う口唇ヘルペスやヘルペス脳炎、HSV-2感染に伴う性器ヘルペス等の、各種ヘルペスウイルス感染症の予防もしくは治療に有用な新規化合物の製造方法の提供。
【解決手段】フェニル基の4位が1,2,4−オキサジアゾール−3−イル基または4−オキサゾリル黄で置換されたN−{2−[(4−置換フェニル)アミノ]−2−オキソエチル}テトラヒドロ−2H−チオピラン−4−カルボキサミド誘導体を対応するアニリン誘導体とカルボン酸化合物から製造する方法。 (もっと読む)


【課題】STAT6が関与する呼吸器疾患、殊に喘息や慢性閉塞性肺疾患等の予防・治療に用いることができる化合物の提供。
【解決手段】一般式(I)で示されるピロロピリミジン誘導体またはその塩。
【化】


[式中の記号は以下の意味を示す。
A:=CH-、=N-等。
R1:低級アルキル、ヘテロ環等。
R2:-H、-O-低級アルキル等。
或いは、R1、R2が一体となって*-低級アルキレン-、*-O-低級アルキレン-等。
R3:-H、低級アルキル等。
R4:-H、-C(O)OR0等。
R5:低級アルキル、低級アルキレン-アリール等。] (もっと読む)


【課題】 飲水量及び排尿量を同時に連続自動測定し、飲水量と排尿量とを一元的に示す経時的データを取得する。
【解決手段】 コンピュータ(32)と、給水重量、零水重量、排尿重量の変化を測定し、それぞれ電気信号として出力する給水重量測定部(2)、零水重量測定部(3)、排尿重量測定部(4)と、電気信号をデジタルデータに変換し、コンピュータに送信する手段(5)と、動物を格納するケージ(31)と、動物に給水する手段(35)と、動物が零す水を採取する手段(37)と、動物が排出する尿を採取する手段(40)とを備え、コンピュータ(32)に送信されるデジタルデータによって、零水量を補正した飲水量と排尿量とについて、所与の時間間隔ごとの詳細データ、及び該所与の時間間隔よりも長い一定の時間間隔ごとの定時データを出力するように構成した。 (もっと読む)


161 - 170 / 274