説明

横浜ゴム株式会社により出願された特許

11 - 20 / 4,905


【課題】優れた加工性および低転がり抵抗を有するタイヤトレッド用ゴム組成物およびそれを用いた空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】ジエン系ゴム100質量部に対し、(A)白色充填剤を5〜150質量部、(B)シランカップリング剤を前記白色充填剤に対して1〜25質量部、および(C)両性界面活性剤を前記白色充填剤に対して1.5〜30質量%配合することを特徴とするタイヤトレッド用ゴム組成物と、該ゴム組成物をトレッド(3)に使用した空気入りタイヤ。 (もっと読む)


【課題】タイヤの雪上操縦安定性能を向上できる空気入りタイヤを提供すること。
【解決手段】この空気入りタイヤ1では、1つのブロック3が、タイヤ幅方向にそれぞれ延在すると共にタイヤ周方向に所定間隔で配置される第一サイプ4Aおよび第二サイプ4Bを備える。また、第一サイプ4Aおよび第二サイプ4Bが、ブロック3の平面視にて直線形状を有する第一サイプ部41と、ブロックの平面視にてジグザグ形状を有すると共に第一サイプ部41に接続する第二サイプ部42とをそれぞれ備える。また、第一サイプ部41が、サイプ長さ方向に垂直な断面視にて直線形状を有すると共に相互に対向する一対のサイプ壁面と、一方のサイプ壁面に配置される凸部と、他方のサイプ壁面に配置されて凸部と噛み合う凹部とを備える。また、第一サイプ4Aの第一サイプ部41が、ブロック3を区画する左右の周方向主溝21、21のうちの一方の周方向主溝21に開口すると共に、第二サイプ4Bの第一サイプ部41が他方の周方向主溝21に開口する。 (もっと読む)


【課題】可動型ゴム支承装置として機能するように支承装置を構造物に容易に取り付ける。
【解決手段】上部構造物2側に位置された上沓20と、下部構造物3側に配設された下沓21と、上沓20と下沓21との間に配設された弾性体22とを有する支承装置10と、上部構造物2と上沓20との間に配設され、上部構造物2に対して支承装置10を摺滑し得、相対変位を可能とする摺滑部材11と、上沓20に配設され、上部構造物2と係合し、支承装置10が摺滑する際にガイドするガイド部材12とを備えている。これにより、支承構造1は、ガイド部材12によって、可動型ゴム支承装置として機能するように支承装置10を上部構造物2に容易に取り付けることが出来、摺滑部材11及びガイド部材12によって、支承装置10を可動型ゴム支承装置として用いることが出来る。 (もっと読む)


【課題】乾燥路面や湿潤路面での操縦安定性、および乗り心地性を高次元で両立するとともに、摩耗後の湿潤路面での操縦安定性の著しい低下を防ぐこと。
【解決手段】主溝22のタイヤ幅方向内側の溝壁22aについて、トレッド面21から溝底22cまでの溝壁高さH1の40[%]以上60[%]以下の位置(境界部A1)を境に、トレッド面21側で溝内に突出する内壁凸部9a、および溝底22c側で溝内から窪む内壁凹部10aを設けるとともに、主溝22のタイヤ幅方向外側の溝壁22bについて、トレッド面21から溝底22cまでの溝壁高さH2の40[%]以上60[%]以下の位置(境界部A2)を境に、トレッド面21側で溝内から窪む外壁凹部10b、および溝底22c側で溝内に突出する外壁凸部9bを設ける。 (もっと読む)


【課題】透明性を維持しつつ靭性が高い複合樹脂シートの提供。
【解決手段】脂環式エポキシ基を有する、かご型のシルセスキオキサンを含むエポキシ樹脂100質量部、1分子中に2つ以上のエチレン性不飽和基を有する、少なくとも1種のエチレン性不飽和基含有化合物5〜25質量部およびガラス繊維を含有し、前記エチレン性不飽和基含有化合物の単独重合体のガラス転移温度が200℃以上である、複合樹脂シート用組成物、及び、本発明の複合樹脂シート用組成物を加熱して製造され、前記製造の際に、前記エチレン性不飽和基含有化合物が重合して柔軟性付与剤を形成し、前記エポキシ樹脂100質量部、前記柔軟性付与剤5〜25質量部および前記ガラス繊維を含有する、複合樹脂シート。 (もっと読む)


【課題】組成物のレベリング性を向上させると共に、第2液中のバルーンの耐浮遊性を向上させ、作業性を向上させた二液常温硬化型ウレタン塗膜防水材組成物を提供する。
【解決手段】ウレタンプレポリマーを含有する第1液と、ポリオール化合物とポリアミンと充填剤と平均粒子径が20μm以上100μm以下であり且つ比重が0.05より大きく0.35未満の中空体と1分子中に3以上の親水性基を有する湿潤分散剤とを含有する第2液と、を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】操縦安定性および耐ヒールアンドトウ摩耗性を高次元で両立すること。
【解決手段】接地端Tに掛かるショルダーブロック23aが、蹴り出し端23bを基点としたトレッド面21の法線に対し、蹴り出し端23bからラグ溝24の溝底24aに至る溝壁角度を、タイヤ幅方向内側からタイヤ幅方向外側に向かって前記法線よりもラグ溝24内側で漸次広大し、接地端Tのタイヤ幅方向内側寄りにて最大角度となる突出部24Abを有する蹴り出し端側ラグ溝壁24Aと、タイヤ幅方向内端23dを基点としたトレッド面21の法線に対し、タイヤ幅方向内端23dから主溝22の溝底22aに至る溝壁角度を、蹴り出し側から踏み込み側に向かって前記法線よりも主溝22内側で漸次狭小して設けたタイヤ幅方向内端側主溝壁22Aとを備える。 (もっと読む)


【課題】空気入りタイヤの走行を開始した後、ラップスプライスされて形成されたインナーライナー層のスプライス部分付近においてクラックを発生することがなく、耐久性に優れた空気入りタイヤの製造方法を提供すること。
【解決手段】熱可塑性樹脂または熱可塑性樹脂中にエラストマーをブレンドした熱可塑性樹脂組成物からなるシートと、前記熱可塑性樹脂または前記熱可塑性樹脂組成物と加硫接着するゴムを積層した積層体シートの端部をラップスプライスして環状に形成した後、タイヤの加硫成形工程に供して前記積層体シートからなるインナーライナー層を形成させる空気入りタイヤの製造方法において、前記熱可塑性樹脂または前記熱可塑性樹脂中にエラストマーをブレンドした熱可塑性樹脂組成物からなる前記シートの少なくとも一方の端部を押し潰して端部の厚さを薄くしたものを用いて、前記ラップスプライスを行う。 (もっと読む)


【課題】低発熱性を維持したまま、高硬度および高モジュラスを両立できるタイヤ用ゴム組成物およびそれを用いた空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】ジエン系ゴム100質量部に対し、シリカを5〜100質量部およびシランカップリング剤を0.5〜10質量部配合するとともに、エポキシ当量が1000以上であるエポキシ基を含むスチレン系ポリマーをさらに配合してなることを特徴とするタイヤ用ゴム組成物と、該ゴム組成物をトレッド(3)、とくにキャップトレッドに使用した空気入りタイヤ。 (もっと読む)


【課題】グリップ性能と低転がり抵抗を両立可能なタイヤ用ゴム組成物およびそれを用いた空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】ジエン系ゴム100質量部に対し、テルペンフェノール樹脂を1〜20質量部およびオキサゾリン基を有する化合物を2〜40質量部配合してなることを特徴とするタイヤ用ゴム組成物(ただし、前記オキサゾリン基を有する化合物の配合量は、前記テルペンフェノール樹脂の配合量よりも多いものとする)と、該タイヤ用ゴム組成物をとくにトレッドに使用した空気入りタイヤ。 (もっと読む)


11 - 20 / 4,905