説明

ヤンマー株式会社により出願された特許

51 - 60 / 3,810


【課題】操縦座席に搭乗したオペレータの乗り心地を良好な状態に維持できるようにした作業車両を提供しようとするものである。
【解決手段】本願発明の作業車両10は、エンジン8を搭載した走行機体11と、走行機体11の下部に配置されたトラックフレーム17と、駆動輪体16、前後の従動輪体21,22及び複数の転動輪26を介してトラックフレーム17に装着された走行クローラ25とを備える。トラックフレーム17は走行機体11に前後一対のリンク部材19,20を介して前後揺動可能に取り付ける。走行機体11、前後一対のリンク部材19,20及びトラックフレーム17を四節リンク構造に構成する。前後のリンク部材19,20のうち少なくとも一方において、上下の揺動支点軸27,28,30,31の一方を位置変更可能に構成する。 (もっと読む)


【課題】操縦座席に搭乗したオペレータの乗り心地を良好な状態に維持できるようにした作業車両を提供しようとするものである。
【解決手段】本願発明の作業車両は、エンジン8を搭載する走行機体11と、前記走行機体11の下部に設けられ且つ走行クローラ25を巻回支持するトラックフレーム17とを備えており、前記走行機体11にリンク機構を介して前記トラックフレーム17を前後揺動可能に取り付けている。そして、前記リンク機構を前後一対のリンク部材19,20にて構成し、前記走行機体11、前記前後一対のリンク部材19,20及び前記トラックフレーム17が四節リンク構造をなしている。 (もっと読む)


【課題】グレンタンクを回動させた場合でも、穀粒が零れ落ちないように構成したコンバインを提供する。
【解決手段】グレンタンク8と、グレンタンク8に一端が接続され、グレンタンク8に貯溜された穀粒を他端から排出する排出用縦オーガ30と、を備え、排出用縦オーガ30を、機体外側に向けて傾動可能となるようにグレンタンク8に相対回動可能に接続するとともに、グレンタンク8及び排出用縦オーガ30の両方を支持しながら機体フレーム2に対して垂直軸周りに相対回動可能な支持部材51を設けた。 (もっと読む)


【課題】エンジン停止後にエンジンの気化器を急速に冷却させることで、円滑なエンジン再始動を可能とした移動車両を提供する。
【解決手段】車体にエンジンルーム2を配設し、エンジンルーム2内には、エンジンEを構成する部品であって、燃料および空気を混合させて混合気にする気化器65を備え、エンジンEの停止時に、気化器65を冷却する冷却装置71を設けた。 (もっと読む)


【課題】製造コストの増大を伴わずに除雪部を電動で昇降するための部材群の発熱を抑えることが可能な除雪機を提供する。
【解決手段】除雪機1に、クローラ5L・5Rを備える機体2、機体2に昇降可能に支持される除雪部12、各部を駆動するエンジン17、除雪部12を昇降させる昇降シリンダ24、除雪部12の上昇、下降および昇降停止を指示する昇降レバー34、昇降レバー34の操作を検知する昇降操作センサ、および昇降操作センサに検知された昇降レバー34の操作に基づいて昇降シリンダ24の動作を制御する制御部50を具備し、制御部50は昇降シリンダ24を動作させた場合には正の値、昇降シリンダ24を停止させた場合には負の値を積算し、積算値が所定の値に到達した場合には一定期間が経過するまで昇降シリンダ24を停止させる。 (もっと読む)


【課題】各センサの最大値、最小値、平均値、スイッチのオン回数などを利用者に把握させることができる走行作業機械又は船舶の遠隔監視端末装置を提供する。
【解決手段】接続端子T,…と、接続端子T,…を介して取得してデータ記憶部260に格納した稼動状態に関するデータに基づいて起動時から最新データ取得時までのデータの最小値、最大値、平均値並びに所定のイベントの発生回数及び発生時間を演算するデータ要約制御部242と、通信部210とを備え、データ要約制御部242は、走行作業機械110又は船舶の起動スイッチSWのオフ操作を受け付けたときに、データ記憶部260が格納している最小値、最大値、平均値並びに所定のイベントの発生回数及び発生時間を通信部210から遠隔監視装置130へ送信する遠隔監視端末装置200。 (もっと読む)


【課題】走行作業機械又は船舶の全稼動期間を通じた稼動状態に関するデータを自機でより多く格納でき、それだけ該稼動状態を利用者に把握させやすくすることができる走行作業機械又は船舶の遠隔監視端末装置を提供する。
【解決手段】接続端子T,…と、接続端子T,…入力されたデータを所定周期毎に最新分から直近の所定回数分だけ第1データ記憶部261に格納するデータ記憶制御部244と、第1データ記憶部261が格納しているデータからサンプリング周期TC毎のサンプリングデータを第2データ記憶部262に格納するサンプリングデータ記憶制御部245と、通信部210とを備え、サンプリングデータ記憶制御部245は、遠隔監視装置130からの要求受付時又は作業終了時に第2データ記憶部262が格納しているサンプリングデータを通信部210から遠隔監視装置130へ送信する遠隔監視端末装置200。 (もっと読む)


【課題】走行作業機械又は船舶の起動スイッチをオフした時点の位置から走行作業機械又は船舶が移動させられたか否かを利用者に把握させることができる走行作業機械又は船舶の遠隔監視端末装置を提供する。
【解決手段】走行作業機械110の位置情報を検知する位置センサ231と、遠隔監視装置130と通信する通信部210と、走行作業機械110の起動スイッチSWのオフ操作を受け付けたときに、位置センサ231で位置情報を検出して位置記憶部233に格納し、起動スイッチSWのオフの期間には、所定周期TD毎に位置センサ231で位置情報を検出し、位置記憶部233における位置情報と所定周期TD毎に検出した位置情報とが異なる場合に、位置センサ231で検出した位置情報及び日時を通信部210から遠隔監視装置130へ送信する位置記憶制御部246とを備えている遠隔監視端末装置200。 (もっと読む)


【課題】エンジン部品としての鋳鉄製シリンダブロックのライナ表面部の硬化処理方法を提供する。
【解決手段】内燃機関用鋳鉄製シリンダブロックのライナ表面部の硬化方法において、乾燥させたシリンダブロック25の内壁のライナ表面部26の塗膜の上に、黒鉛粉末をシンナー等の溶剤で希釈した吸収剤10を塗布被覆し、レーザあるいは電子ビームの照射時に、MC系炭化物を焼結し、金属粉末の鋳鉄母材への拡散を促進させることにより、前記シリンダブロック25の内壁のライナ表面部26に合金層22を形成する。 (もっと読む)


【課題】走行作業機械又は船舶においてイベントが発生した場合にイベントが発生した走行作業機械又は船舶の稼動状態を利用者に精度良く把握させることができる走行作業機械又は船舶の遠隔監視端末装置を提供する。
【解決手段】接続端子T,…と、接続端子T,…を介して入力されたデータを所定周期TA毎に最新分から直近の所定回数分だけデータ記憶部260に格納するデータ記憶制御部243と、通信部210とを備え、データ記憶制御部243は、走行作業機械110又は船舶における所定のイベントの発生時を条件として、所定のイベントが発生した時点のデータを含む所定回数分のデータをデータ記憶部260に格納し、所定のイベントを示す情報と、データ記憶部260が格納している所定回数分のデータとを通信部210から遠隔監視装置130へ送信する遠隔監視端末装置200。 (もっと読む)


51 - 60 / 3,810