説明

株式会社吉野工業所により出願された特許

21 - 30 / 2,913


【課題】ストローとキャップ本体との相対的な位置合わせを行う必要がなく、簡単に組み立てることができるストロー付きキャップを提案する。
【解決手段】本発明のストロー付きキャップは、天面壁11から立ち上がる筒体14の頂部に空気置換孔15を備えるキャップ本体10と、キャップ本体10に直立姿勢で設けられる屈曲性のストロー20と、キャップ本体10に揺動可能に取り付けられる蓋体30とを備え、蓋体30に、閉鎖方向への揺動変位にてストロー20を筒体14上で屈曲させて空気置換孔15を閉塞する押さえ壁34を設け、ストロー20に、天面壁11の裏面側にて一体連結するフランジ23を設け、フランジ23に、少なくともそれらのうちの1個が筒体14に適合して内部空間Mと空気置換孔15とを連通させる複数個の貫通孔25を備える。 (もっと読む)


【課題】内容物の品質を確保し部品点数を増加させず、吐出口からの液漏れを防止できる容器の提供。
【解決手段】内容器2及び内容器2が内装された外容器3を有する容器本体4と、容器本体4の口部に装着され吐出口5が形成された吐出キャップ6とを備え、外容器4に、内容器2との間に外気を吸入する吸気孔8cが形成され、吐出キャップ6は、外部と吸気孔8cとを連通する外気導入孔11dと、吸気孔8cと外気導入孔11dとの連通及び遮断を切替える空気弁15cと、吐出口5と内容器2の内部とを連通する連通孔10gと、吐出口5と連通孔10gとの連通及び遮断を切替える弁部材12bと、吐出口5を閉塞する吐出膜20を備え、吐出膜20にスリットが形成され、内容器2の内圧の上昇に伴いスリットが拡開して吐出口5が開放され、連通孔10gが容器本体4の口部から容器軸方向に沿う容器本体外側に向けて突出する有頂筒状体100の頂部に形成される。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、ボトルの底部に形成した減圧吸収底壁部における減圧吸収程度および減圧吸収変形のし易さを十分に高めることにより、十分な減圧吸収能力を円滑に発揮することを目的とするものである。
【解決手段】 ボトル1の底部4に減圧吸収底壁部7を形成し、この減圧吸収底壁部7をスペース形成機能部分8と減圧吸収機能部分13とで構成し、スペース形成機能部分8は、ボトル1内に減圧吸収機能部分13が位置するスペースを形成し、減圧吸収機能部分13は反転変形によりボトル1内の減圧をし、これによりボトル1の好ましい外観体裁を維持したまま、大きな減圧吸収力を得る。 (もっと読む)


【課題】簡単な動作で中蓋を着脱することができるジャータイプの化粧料容器を提案する。
【解決手段】周壁1a及びこの周壁1aの下端に一体連結する底壁1bによってその内側に化粧料の充填空間Mを区画形成し、該周壁1aの上部開放端1cを化粧料の取り出し口とする容器本体1と、前記上部開放端1cにて前記周壁1aの内面に着脱自在に嵌合して前記充填空間Mを密封する中蓋3と、この中蓋3を内側に納め、前記周壁1aの外面に着脱自在に傾合可能な外蓋5とを備えた化粧料容器において、前記周壁1aの外面の少なくとも一箇所に、該周壁1aに沿って延伸する傾斜ガイドを形成した凹所6を設け、前記中蓋3に、前記周壁1aの内面への嵌合姿勢でもって前記凹所6に入り込み、該中蓋3の回動に伴う前記傾斜ガイドの誘導下に該中蓋3そのものを迫り上げて嵌合姿勢を解除する一方、該傾斜ガイドに沿う押し込みによって該中蓋3を嵌合姿勢に保持する吊り下げ脚部7を設ける。 (もっと読む)


【課題】ボトルの全高に対する接地部の接地径の比を低く抑えても、転倒を抑制すること。
【解決手段】ボトル10では、底部14が、ボトル軸O上に位置する中央壁部15と、該中央壁部15の外周縁と胴部とを連結する連結周壁部16と、を備え、連結周壁部16には、周方向に間隔をあけて3つ以上の縦凹条部17が形成され、連結周壁部16において周方向に隣り合う縦凹条部17同士の間に位置する各部分には、中央壁部15よりもボトル軸O方向の外側に向けて突出する脚部18が形成され、該脚部18には、周方向に延在する接地部22が形成され、複数の接地部22は、底面視において、周方向の全長にわたって間欠的に配置され、当該ボトル10の全高に対する接地部22の接地径Dの比が0.230以下とされ、底面視において、それぞれの接地部22がなすボトル軸Oを中心とした中心角αの合計角度は、60°以上180°以下である。 (もっと読む)


【課題】充填装置の簡素化、及び充填作業の効率化を図ることができる詰め替え容器を提供する。
【解決手段】流通筒14は、胴部11の上端側に連設されるとともに、破断可能な第1弱化部25を介して連設された第1蓋体24により閉塞され、外気導入孔15は、底部12に形成されるとともに、底部12に破断可能な第2弱化部42を介して連設された第2蓋体41により閉塞され、第2蓋体41は、接地部13よりも胴部11の内方に位置していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】横断面視多角形状の外容器内に内容器を強固に保持できるとともに、内容器の取り外し時においては、内容器を容易に取り外すことができる操作性に優れた二重容器を提供する。
【解決手段】底蓋4は、下端開口24内に挿入された横断面視多角形状の枠体61と、枠体61の内側に容器軸O回りに回転可能に配設された回転部材62と、を備え、外容器3の下端部22には、容器軸O回りの周方向に沿って間隔をあけて複数の係合部23が形成され、回転部材62には、係合部23に容器軸O方向に沿う外容器3の内側から各別に係合する複数の被係合部82が形成され、回転部材62は、被係合部82が係合部23に係合し、底蓋4の下方への移動を規制する規制位置と、係合部23及び被係合部82が周方向に互いに離間し、底蓋4の下方への移動の規制を解除する解除位置と、の間を容器軸O回りに回転可能に配設されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 打栓時にキャップ内を負圧状態にして、加温によるキャップ内の空気の圧力上昇を抑制し、開蓋を防止するとともに、シャワー時に、水がキャップ内に侵入することを確実に防止することができるヒンジキャップを提供すること。
【解決手段】 キャップ本体には、環状に突出した外方膨出部と、その内周側に中心に向けて高くなる傾斜頂面を形成した頂部とを有する蓋係合部が立設され、上蓋の外筒壁の下部には、蓋係合部の外方膨出部が嵌合する係止嵌合部が設けられ、係止嵌合部は、外方膨出部とシールを形成するシール面と、その内周側に蓋係合部の傾斜頂面に当接する傾斜上面とを具えており、傾斜上面には、半径方向にエアー溝が設けられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】内容液のカートリッジ化を図りつつ、少量の内容液であっても操作性を損なうことなく、泡状又は霧状に注出できる、新規なシリンジ型噴出器を提供する。
【解決手段】シリンジ2内に摺動可能に配置したピストン3aに、シリンジ2の先端筒部2cに形成した貫通孔に配置されるロッド3cを延在させるとともに、ロッド3cと先端筒部2cとの間にピストン3aで圧送した空気の通路r1を形成する操作器具1Bと、内容液Cを充填するとともに当該内容液Cをロッド3cからの押圧力を付勢力として押し出すプランジャ7を有する筒状部材6と、筒状部材6を内側に収納して先端筒部2cに装着されるノズル8と、ノズル8の内側に収納されて筒状部材6から押し出された内容液Cとピストン3aで圧送された空気を通して泡状の内容液とするメッシュリング9とを備える。 (もっと読む)


【課題】流通時等における内容物の不用意な漏れ出しを確実に防止でき、簡単な操作で吐出可能にすることができる泡噴出容器を提案する。
【解決手段】本発明の泡噴出容器は、上部開口31bを有する内筒31、及び内筒31との相互間に環状空間Kを形成する外筒32を備えるベースキャップ30と、ノズル42を一体連結するとともに外筒32の軸線に沿って摺動するヘッド40とを備え、ヘッド40は、上部開口31bと繋がり容器本体10の胴部12の圧搾によって発泡した内容物をノズル42の排出経路Hに送るとともに胴部12の復元によって排出経路H内の残留内容物を環状空間Kに引き戻す中継空間Tを有し、中継空間Tに、ヘッド40の下降姿勢にて上部開口31bを閉鎖する一方、ヘッド40の上昇姿勢にて上部開口31bを開放する栓体44を配設することを特徴とする。 (もっと読む)


21 - 30 / 2,913