説明

株式会社吉野工業所により出願された特許

71 - 80 / 2,913


【課題】容易且つ安価にデザインの変更を行うことができる、新規の吊下げ式揮散剤容器を提供する。
【解決手段】本発明は、フランジ部2a2を形成して揮散剤を配置した揮散剤パック2と、揮散剤パック2をフランジ部2a2に沿って取り囲む枠体3aを有して枠体3aにパック2が配置されるホルダ3と、ホルダ3を保持する外装カバー4を備え、ホルダ3は、枠体3aの内側に、パック2の左右両側に配置されたフランジ部2a2-1,2a2-2を押える2つの張り出し部3bと、張り出し部3bととともにパック2の下側に配置されたフランジ部2a2-1を挿し込み可能な隙間C1を形成する爪部3cを有するとともに、枠体3aの外側に、上側に向かって起立するフック部3eと、上下方向に延在して左右方向に変形及び復元が可能な2つの板ばね部3fを有し、外装カバー4は、ホルダ3に設けた板ばね部3fの変形及び復元を利用して、ホルダ3を上方に向かってスライドさせることにより、当該ホルダ3を保持する側壁4cを有する。 (もっと読む)


【課題】操作性と計量正確性に優れた定量吐出容器を提供する。
【解決手段】本発明の定量吐出容器は、容器本体2の口部に装着され吐出口32を有する吐出部材3と、吐出口32と対向する位置に配設された計量カップ部41、及び計量カップ部41を取り囲む嵌合筒部42を有する中栓部材4と、嵌合筒部42の下端開口部を閉塞する底壁部51、及び底壁部51を容器軸方向に貫いて計量カップ部41内と容器本体2内とを連通する内容物供給路53aを有する底壁部材5と、を備え、底壁部材5は、底壁部51を容器軸方向に貫いて計量カップ部41内と容器本体2内とを連通する空気供給路54aを有しており、空気供給路54a及び内容物供給路53aのそれぞれの計量カップ部41側の開口部は、計量カップ部41内で、かつ容器軸方向に沿う同等の位置に配置され、吐出口32の内径D1は、計量カップ部41の外径D2よりも小さい。 (もっと読む)


【課題】操作性及び吐出正確性を向上させた定量吐出容器を提供する。
【解決手段】本発明の定量吐出容器1は、計量室45と、計量室45を含む空間と容器本体2内を連通させる開閉機構50とを備えており、開閉機構50は、吐出部材3の吐出口32と対向する頂壁部44と、頂壁部44の開口部44aから下方に延びる支持筒部46と、支持筒部46の壁面を貫通して形成された内容物連通孔及び空気連通孔48と、支持筒部46の外周面から径方向の外側に向かって広がる平面視扇形の断面形状を有し空気連通孔を介して計量室45と連通する空気供給路51aと、支持筒部46内を上下方向に移動可能に設けられ内容物連通孔及び空気連通孔48を押下部材66の操作により開閉する開閉部材52と、開閉部材52を上方に付勢する弾性部材53とを有しており、吐出口32の内径D1は、頂壁部44の外径よりも小さい。 (もっと読む)


【課題】収容液を泡状に、しかも泡の塗布パターンを広い範囲になるべく丸く散布することが可能であり、しかも、構造も簡単で、製造も容易である液体噴出器を提案する。
【解決手段】シリンダ内を加圧及び減圧させて容器体内の液を噴出孔66より噴出するポンプ機構を備え、スピン機構70を介して噴出孔66より霧状に液を噴出する液体噴出器であって、噴出孔66先方に起泡拡散機構を備え、起泡拡散機構は、噴出孔66の先方に延設した柱状空間形態の噴出口67を備え、噴出口67の基端部を円周面72とするとともに、先端部に外方へ広がるテーパ周面73を備え、円周面72に外部と連通して外気を導入する外気導入路74の一端を開口してなり、外気導入路74からの外気と混合した噴出孔66からの噴霧液を円周面72に衝突させて起泡し、噴出口67の先端開口より噴出可能とした。 (もっと読む)


【課題】少量の内容液であっても空気を混合させた状態で取り出すことのできる、新規なエア混合式噴出器を提供する。
【解決手段】本発明は、中空の胴部1aの一端に当該胴部1aよりも小径の筒体部1cが設けられた第1シリンジ1と、第1シリンジ1内の空気を圧送する第1ピストン2を有して当該空気を筒体部1cの内側に形成された貫通孔rに押し出すピストンシャフト3と、に第1ピストン2に固定されるとともに当該貫通孔rとの間に第1ピストン2で押し出された空気の通路r1を形成するロッド部材4と、ロッド部材4からの押圧力を付勢力として内容液を押し出す第2ピストン6を有し当該第2ピストン6が押し出した内容液に第2ピストン6に付勢力を与える空気を混合させる内部通路r2が形成された第2シリンジ5を備える。 (もっと読む)


【課題】詰替え作業時に内容物が手指に付着するなどの不具合を起すことなしに容易かつスムーズに内容物を移し替えることができる詰替え容器を提案する。
【解決手段】詰替え容器1は、容器本体3とその口部9に設けられた注出栓13とを備え、注出栓13は、口部9に保持され充填空間Mにつながる開口部19aが形成されたベース19と、該ベース19に回動自在に保持され内側に内容物の注出通路Pを形成する筒体26であって、傾倒姿勢にて開口部19aを閉塞する一方、その引き起こしによる起立姿勢にて開口部19aと注出通路Pとが整列して内容物の注出を可能にする筒体26と、を有し、ベース19に、筒体26の周りを取り囲み、筒体26の、傾倒姿勢から起立姿勢への移行時に、該筒体26に引っ掛けられて破断されベース19に空気置換用の貫通孔35を出現させるバージンバンド37を設け、充填空間M内に貫通孔35と協働して該充填空間Mと外部とを連通する空気置換用のパイプ43を設けてなる。 (もっと読む)


【課題】少量の内容液であっても空気を混合させた状態で取り出すことができるとともに、第1ピストンを引き戻して再使用が容易な、新規のエア混合式噴出器を提供する。
【解決手段】本発明は、第1シリンジ1の空気をピストンシャフト3に設けた第1ピストン2で圧送し、この空気が弾性部材5の付勢力に抗して逆止弁6を開くことで、第1シリンジ1に対して着脱可能な第2シリンジ7内に圧送された空気により、当該第2シリンジ7に収納された第2ピストン8を駆動させるとともに内容液に空気を混合させるエア混合式噴出器であって、第1ピストン2は、ピストンシャフト3を押し込んだときに当該ピストンシャフト3に着座して第1シリンジ1内を密封する一方、ピストンシャフト3を引き戻したときに当該ピストンシャフト3から離間して第1シリンジ1内に空気を導入する弁体2bを有し、ピストンシャフト3とともに外気導入弁を構成する。 (もっと読む)


【課題】少量の内容液であっても空気を混合させた状態で取り出すことのできる、新規なエア混合式噴出器を提供する。
【解決手段】第1シリンジ1内の空気を圧送する第1ピストン2を有して当該空気を押し出すピストンシャフト3と、第1シリンジ1の内側で筒体部1cに向かって支持される弾性部材5と、弾性部材5の付勢力によって内部通路r1を閉じる弁体6aを有し当該弁体6aとともに第1シリンジ1との間に第1ピストン2で押し出された空気の充填空間S1を形成するとともに充填空間S1の内圧上昇を受けて弾性部材5の付勢力に抗して弁体6aを開かせる受圧面が設けられた逆止弁6と、弁体6aが開かれることで押し出された空気を付勢力として移動可能な第2ピストン8を有し第2ピストン8との間に形成された充填空間S2の内容液に第2ピストン8に付勢力を与える空気を混合させるエア流路r2が内側に形成された第2シリンジ7を備える。 (もっと読む)


【課題】加熱した内容物が充填された容器を冷却する際に、蓋体と注出キャップ本体との間に水が浸入する不具合を有効に防止することができる注出キャップを提案する。
【解決手段】本発明の注出キャップ1は、注出筒16を有し、容器の口部Kに固定保持されるキャップ本体10と、キャップ本体10に合わさって注出筒16をその内側に収める蓋体20とを備え、キャップ本体10は、注出筒16を隙間を隔てて取り囲みこの注出筒16との相互間に環状空間Cを形成するとともに、蓋体20を着脱自在かつ密着して保持する外筒17を有し、注出筒16と外筒17とを連結する連結壁18に、環状空間Cと外界とを連通させる貫通開口18aを設けることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】少量の内容液であっても 空気を混合させた状態で取り出すことのできる、新規なエア混合式噴出器を提供する。
【解決手段】本発明は、中空の胴部1aの一端に当該胴部1aよりも小径の筒体部1cが設けられた第1シリンジ1と、第1シリンジ1内の空気を圧送する第1ピストン2を有して当該空気を筒体部1cの内側に形成された内部通路rに押し出すピストンシャフト3と、内部通路rに配置されるとともに当該通路rとの間に第1ピストン2で押し出された空気の通路r1を形成するシャフト部4aを有し当該シャフト部4aとともに第1ピストン2を受けて内部通路rからシャフト部4aを突出させる押圧部4bが設けられたロッド部材4と、ロッド部材4からの押圧力を付勢力として移動可能な第2ピストン6を有し当該第2ピストン6との間に形成された充填空間Sの内容液に第1ピストン2で押し出された空気を混合させるエア流路r2が内側に形成された第2シリンジ5を備える。 (もっと読む)


71 - 80 / 2,913