説明

TOTO株式会社により出願された特許

1,011 - 1,020 / 3,889



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】基材の劣化を抑制しつつ有害ガス分解性および防カビ・防藻性にも優れる雨樋および雨樋用コーティング液を提供すること。
【解決手段】基材と、前記基材上に設けられた光触媒層とを備えた雨樋であって、前記光触媒層は、雨樋用コーティング液を塗布後乾燥することにより得られ、前記雨樋用コーティング液は、疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されている金属酸化物よりなる光触媒粒子と、シリコーンエマルジョンと、水溶性の銅化合物とを備え、かつ、前記光触媒粒子は、還元力よりも酸化力が強い光触媒粒子であることを特徴とする雨樋。 (もっと読む)


【課題】信頼性を向上させた燃料電池セルスタックユニットを提供する。
【解決手段】本発明の燃料電池セルスタックユニット(62)は、燃料電池セルスタック(30,40)が複数個電気的に接続され、燃料ガスが燃料電池セルスタックの基体(2)の孔(8)の一端(1a)から他端(1b)に流れ且つ空気が燃料電池セルスタックの外側に流れ、基体は、その厚み方向の互いに反対側に位置する第一周面部分及び第二周面部分、並びに、その幅方向の互いに反対側に位置する一接続面部分及び第二接続面部分からなる周面を有し、燃料電池セルスタックの各々は電気的に直列に接続され、燃料電池セルスタックの各々の第一周面部分側及び第二周面部分側の中央部には非発電部が形成され、燃料電池セルスタックユニットの一端側に配置された燃料電池セルスタックの外側に向いた第二周面部分側の周面に、発電電力取出し用の燃料極端子(26u)及び空気極端子(27u)が配置されている。 (もっと読む)


【課題】基材の劣化を抑制しつつ有害ガス分解性および防カビ・防藻性にも優れる外壁建材および外壁用コーティング液を提供すること。
【解決手段】基材と、前記基材上に設けられた光触媒層とを備えた外壁建材であって、前記光触媒層は、外壁用コーティング液を塗布後乾燥することにより得られ、前記外壁用コーティング液は、疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されている金属酸化物よりなる光触媒粒子と、シリコーンエマルジョンと、水溶性の銀化合物とを備え、かつ、前記光触媒粒子は、還元力よりも酸化力が強い光触媒粒子であることを特徴とする外壁建材。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】信頼性を向上させた燃料電池セルスタックユニットを提供する。
【解決手段】本発明の燃料電池セルスタックユニット(62)は、燃料電池セルスタック(30,40)が複数個電気的に接続され、燃料ガスが燃料電池セルスタックの基体(2)の孔(8)の一端(1a)から他端(1b)に流れ、且つ、空気が燃料電池セルスタックの外側に流れ、燃料電池セルスタックの各々は、電気的に直列に接続され、燃料電池セルスタックユニットは、一端側から他端側に向けて配置された複数の第1の燃料電池セルスタック(30)と、他端側に配置された第2の燃料電池セルスタック(40)とを有し、第1の燃料電池セルスタックの各々には、複数の電流経路が形成され、これらの複数の電流経路は、基体の幅方向の中央を挟んで、互いに反対方向に電流が流れる第一の電流経路及び第二の電流経路を有する。 (もっと読む)


【課題】給湯温度について所定の条件下で吐水温度についてのフィードバック制御が行われる構成において、狙いの温度に対する吐水温度のずれを低減することができるとともに、給湯温度を正確に検出することができ、確実なフィードバック制御を行うことができる湯水混合装置を提供する。
【解決手段】コントローラ50は、給湯用サーミスタ21により検出される湯の温度の時間あたりの変化量が一定値以下であり、かつ、給湯用サーミスタ21により検出される湯の温度が設定温度以上であると判断した場合に、フィードバック制御を開始するものであり、湯の供給経路である給湯管11は、混合弁装置30に対する湯の流れにおける下流側から上流側への湯の流れ規制する逆止弁17を有するものであり、給湯用サーミスタ21が、給湯管11における逆止弁17の上流側に設けられている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、煩雑な作業の多いキッチンにおいても、より精度良く止水や吐水継続を行うことを実現するためのキッチン用水栓を提供すること。
【解決手段】
シンク底面に対して斜め下方に向けて吐水する吐水部と、被検知体の情報を検知信号として収集するセンサ部と、前記センサ部からの検知信号に基づきバルブを開閉し、前記吐水部からの吐止水の制御を行う制御部と、を有するキッチン用水栓であって、前記シンクには、作業台が隣接して設けられており、前記センサ部は、前記作業台と隣接するシンク側面に設けられ、前記吐水部から吐水される吐水流の流れ方向に沿って電波があたるように、斜め下方に向けて電波を放射し、前記制御部は、前記センサ部にて検知される吐水流の情報に基づく検知信号に応じてバルブを閉動作させる構成。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

1,011 - 1,020 / 3,889