説明

TOTO株式会社により出願された特許

1,021 - 1,030 / 3,889


【課題】基材の劣化を抑制しつつ有害ガス分解性および防カビ・防藻性にも優れる窓サッシおよび窓サッシ用コーティング液を提供すること。
【解決手段】基材と、前記基材上に設けられた光触媒層とを備えた窓サッシであって、前記光触媒層は、窓サッシ用コーティング液を塗布後乾燥することにより得られ、前記窓サッシ用コーティング液は、疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されている金属酸化物よりなる光触媒粒子と、シリコーンエマルジョンと、水溶性の銀化合物とを備え、かつ、前記光触媒粒子は、還元力よりも酸化力が強い光触媒粒子であることを特徴とする窓サッシ。 (もっと読む)


【課題】基材の劣化を抑制しつつ有害ガス分解性および防カビ・防藻性にも優れるフェンスおよびフェンス用コーティング液を提供すること。
【解決手段】基材と、前記基材上に設けられた光触媒層とを備えたフェンスであって、前記光触媒層は、フェンス用コーティング液を塗布後乾燥することにより得られ、前記フェンス用コーティング液は、疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されている金属酸化物よりなる光触媒粒子と、シリコーンエマルジョン水分散体と、水溶性の銅化合物とを備え、かつ、前記光触媒粒子は、還元力よりも酸化力が強い光触媒粒子であることを特徴とするフェンス。 (もっと読む)


【課題】 ペーパー切断時にペーパーが切断歯近傍の当接面に貼り付いてしまうことがなく、次回のペーパー引出しの際にペーパー端部を摘み易いロールペーパーホルダーを提供する。
【解決手段】 ロールペーパーの軸心を横にした状態で載置してペーパーを繰り出し可能としたロールペーパーホルダーであって、載置部は、壁面に沿って固定される固定部から前方に下り傾斜となる下降部と、この下降部の前方から上り傾斜となる上昇部と、前記下降部と前記上昇部との両側に形成された側壁部とを備え、前記下降部と前記上昇部との変曲位置にペーパーを引出すために幅広に開口した引出口を備え、前記ペーパー切断歯の近傍であって前記引出口側に、前記載置部よりもペーパーとの摺動抵抗が高い材料から成る複数の凸部が形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】基材の劣化を抑制しつつ有害ガス分解性および防カビ・防藻性にも優れる屋根材および屋根用コーティング液を提供すること。
【解決手段】基材と、前記基材上に設けられた光触媒層とを備えた屋根材であって、前記光触媒層は、屋根用コーティング液を塗布後乾燥することにより得られ、前記屋根用コーティング液は、疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されている金属酸化物よりなる光触媒粒子と、シリコーンエマルジョンと、水溶性の銀化合物とを備え、かつ、前記光触媒粒子は、還元力よりも酸化力が強い光触媒粒子であることを特徴とする屋根材。 (もっと読む)


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するように2μmをこえる厚膜で塗膜する場合でも高度な光触媒分解活性を得ることの可能な窓サッシおよび窓サッシ用コーティング液を提供すること。
【解決手段】屋外に晒される塗装面を有する窓サッシ基材表面に光触媒層を備えた窓サッシであって、前記光触媒層は、窓サッシ用コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記窓サッシ用コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子と、親水性シリカ粒子と、硬化性シリコーンエマルジョンと、を備え、前記親水性シリカ粒子は疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されていることを特徴とする窓サッシ。 (もっと読む)


【課題】 まっすぐな噴流噴出と往復自励振動する噴流噴出の両方を切り替えて実現可能であり、噴流の勢いを維持しつつ入浴中の事故を防止できる噴流浴装置を提供することである。
【解決手段】 本発明では、浴槽壁に設置され、噴出方向を変化させながら前記浴槽の内部に噴出する噴流ノズル11において、略長方形状の噴出口26の長方形状のうち、長辺壁と略平行に配置された柵27を設けることにより、指入れ防止効果の高い噴流浴装置が提供される。 (もっと読む)


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するように2μmをこえる厚膜で塗膜する場合でも高度な光触媒分解活性を得ることの可能な窓サッシおよび窓サッシ用コーティング液を提供すること。
【解決手段】基材表面に光触媒層を備えた窓サッシであって、前記光触媒層は、窓サッシ用コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記窓サッシ用コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子と、シリカ粒子と、硬化性シリコーンエマルジョンと、を備え、前記親水性シリカ粒子は疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されていることを特徴とする窓サッシ。 (もっと読む)


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するようにある程度厚膜で塗膜する場合でも、光触媒分解活性と光触媒親水機能の双方を得ることの可能な屋根材を提供すること。
【解決手段】基材表面に光触媒層を備え、前記光触媒層は屋根用コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記屋根用コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子とシリカ粒子と硬化性シリコーンエマルジョンとを備え、前記シリカ粒子は疎水性基を有するシラン及び/又は疎水性基を有するシリコーンにより部分的に被覆或いは変性処理され、前記屋根用コーティング液を前記基材表面に塗布後乾燥した後に、前記光触媒性金属酸化物粒子の光励起反応により、前記疎水基の少なくとも一部が水酸基に置換されて前記光触媒層表面が親水性を呈するようになることを特徴とする屋根材。 (もっと読む)


【課題】手洗器を載置するキャビネットにおいて、床下給水排水への接続部分のメンテナンスが容易なトイレ手洗器用キャビネットを提供する。
【解決手段】ボウル7を支持し、配水管9と床下配管との接続部を隠蔽するキャビネット1であって、前記キャビネット1はキャビネット本体2と、前記キャビネット本体2の下部に位置する台座とからなり、前記台座はその前方を開口した開口部と、前記開口部を覆う蹴込み部4とを備え、前記蹴込み部4は前記台座に対して着脱自在であるトイレ手洗器用キャビネット (もっと読む)


【課題】燃料電池セル集合体を構成する全ての燃料電池セルに対して、反応ガスを均等に効率よく供給することが可能な燃料電池を提供する。
【解決手段】反応ガスにより作動すると共に立設された複数の燃料電池セル4と、複数の燃料電池セル4からなる燃料電池セル集合体30の外側に配設された第1の側壁71及び72を備え、第1の側壁71及び72には、燃料電池セル集合体30に反応ガスを供給する反応ガス供給穴713aが形成され、燃料電池セル4は、反応ガス供給穴713aから噴出される反応ガスの噴出方向に沿って列状に配設されており、反応ガス供給穴713aは、ここから噴出される反応ガスの一部が、少なくとも第1の側壁71及び72に最も近い位置に配設されている燃料電池セル4に掠り、反応ガスの残りの部分が、当該最も近い位置に配設されている燃料電池セル4を掠らないよう形成されている。 (もっと読む)


1,021 - 1,030 / 3,889