説明

TOTO株式会社により出願された特許

1,031 - 1,040 / 3,889


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するようにある程度厚膜で塗膜する場合でも、光触媒分解活性と光触媒親水機能の双方を得ることの可能な光触媒塗装体を提供すること。
【解決手段】基材表面に光触媒層を備え、前記光触媒層は光触媒コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記光触媒コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子とシリカ粒子と硬化性シリコーンエマルジョンとを備え、前記シリカ粒子は疎水性基を有するシラン及び/又は疎水性基を有するシリコーンにより部分的に被覆或いは変性処理され、前記光触媒コーティング液を前記基材表面に塗布後乾燥した後に、前記光触媒性金属酸化物粒子の光励起反応により、前記疎水基の少なくとも一部が水酸基に置換されて前記光触媒層表面が親水性を呈するようになることを特徴とする光触媒塗装体。 (もっと読む)


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するようにある程度厚膜で塗膜する場合でも、光触媒分解活性と光触媒親水機能の双方を得ることの可能な外壁建材を提供すること。
【解決手段】基材表面に光触媒層を備え、前記光触媒層は外壁用コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記外壁用コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子とシリカ粒子と硬化性シリコーンエマルジョンとを備え、前記シリカ粒子は疎水性基を有するシラン及び/又は疎水性基を有するシリコーンにより部分的に被覆或いは変性処理され、前記外壁用コーティング液を前記基材表面に塗布後乾燥した後に、前記光触媒性金属酸化物粒子の光励起反応により、前記疎水基の少なくとも一部が水酸基に置換されて前記光触媒層表面が親水性を呈するようになることを特徴とする外壁建材。 (もっと読む)


【課題】改質器から燃料電池セルへ向けて燃料ガスを供給する際の燃料電池セルへ与える熱影響を低減させることが可能な燃料電池システムを提供すること。
【解決手段】このような燃料電池システムを構成する燃料電池モジュールは、列状配置された燃料電池セル4と配管6Bとの間に、配管6Bと列状配置された燃料電池セル4との間の熱の授受を分散するための温度勾配緩和手段としての温度緩和部材71が設けられ、温度緩和部材71は、燃料電池セル4の一端側(上端側)から他端側(下端側)に至るように且つ列状配置方向(奥行方向)に沿うように配置されている。 (もっと読む)


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するように2μmをこえる厚膜で塗膜する場合でも高度な光触媒分解活性を得ることの可能な門扉および門扉用コーティング液を提供すること。
【解決手段】基材表面に光触媒層を備えた門扉であって、前記光触媒層は、光触媒コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記光触媒コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子と、硬化性シリコーンエマルジョンと、界面活性剤と、水と、を備え、前記光触媒性金属酸化物粒子は疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されており、前記界面活性剤はノニオン性界面活性剤であることを特徴とする門扉。 (もっと読む)


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するように2μmをこえる厚膜で塗膜する場合でも高度な光触媒分解活性を得ることの可能な屋根材および屋根用コーティング液を提供すること。
【解決手段】基材表面に光触媒層を備えた屋根材であって、前記光触媒層は、光触媒コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記光触媒コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子と、硬化性シリコーンエマルジョンと、界面活性剤と、水と、を備え、前記光触媒性金属酸化物粒子は疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されており、前記界面活性剤はノニオン性界面活性剤であることを特徴とする屋根材。 (もっと読む)


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するようにある程度厚膜で塗膜する場合でも、光触媒分解活性と光触媒親水機能の双方を得ることの可能な窓サッシを提供すること。
【解決手段】基材表面に光触媒層を備え、前記光触媒層は窓サッシ用コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記窓サッシ用コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子とシリカ粒子と硬化性シリコーンエマルジョンとを備え、前記シリカ粒子は疎水性基を有するシラン及び/又は疎水性基を有するシリコーンにより部分的に被覆或いは変性処理され、前記窓サッシ用コーティング液を前記基材表面に塗布後乾燥した後に、前記光触媒性金属酸化物粒子の光励起反応により、前記疎水基の少なくとも一部が水酸基に置換されて前記光触媒層表面が親水性を呈するようになることを特徴とする窓サッシ。 (もっと読む)


【課題】 まっすぐな噴流噴出と往復自励振動する噴流噴出の両方を切り替えて実現可能であり、気泡を巻き込みながら、静穏化が図れる噴流浴装置を提供することである。
【解決手段】 本発明では、ノズル11の噴流時に、流路断面収縮部23から噴出される噴流がチャンバー25内で発生する負圧によって引き込まれる空気の引きちぎれ音を低減する為に、チャンバー空気導入口37をチャンバー25の下流側にの範囲に形成する。 (もっと読む)


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するように2μmをこえる厚膜で塗膜する場合でも高度な光触媒分解活性を得ることの可能な外壁建材および外壁用コーティング液を提供すること。
【解決手段】基材表面に光触媒層を備えた外壁建材であって、前記光触媒層は、光触媒コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記光触媒コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子と、硬化性シリコーンエマルジョンと、界面活性剤と、水と、を備え、前記光触媒性金属酸化物粒子は疎水性基を有する物質により部分的に被覆或いは変性処理されており、前記界面活性剤はノニオン性界面活性剤であることを特徴とする外壁建材。 (もっと読む)


【課題】エナメル塗装面やクリア塗装面の劣化を抑制するようにある程度厚膜で塗膜する場合でも、光触媒分解活性と光触媒親水機能の双方を得ることの可能な門扉を提供すること。
【解決手段】基材表面に光触媒層を備え、前記光触媒層は門扉用コーティング液を塗布後乾燥させることにより得られ、前記門扉用コーティング液は、光触媒性金属酸化物粒子とシリカ粒子と硬化性シリコーンエマルジョンとを備え、前記シリカ粒子は疎水性基を有するシラン及び/又は疎水性基を有するシリコーンにより部分的に被覆或いは変性処理され、前記門扉用コーティング液を前記基材表面に塗布後乾燥した後に、前記光触媒性金属酸化物粒子の光励起反応により、前記疎水基の少なくとも一部が水酸基に置換されて前記光触媒層表面が親水性を呈するようになることを特徴とする門扉。 (もっと読む)


【課題】 薄型の手洗器の取付において、施工者の技量に左右されずに、簡易な作業で確実に固定することが可能な手洗器の固定構造を提供する
【解決手段】 本発明では、手洗器と、前記手洗器が取付けられるカウンタと、前記カウンタ下方から前記手洗器に取り付けられる固定ねじと、前記固定ねじを介して、前記手洗器を前記カウンタへ固定する固定ナットを備えた手洗い器のカウンタへの取付け構造において、前記手洗い器は、固定ねじ挿入穴を形成する固定ねじ挿入部を備え、前記固定ねじは、前記固定ねじ挿入部に挿入される第一のねじ部と、前記固定ナットと螺合する第二のねじ部を備え、前記第一のねじ部の全長は前記固定ねじ挿入部の全長より短く、前記第一のねじ部を超えて前記固定ねじ挿入部に挿入されることを防止するねじ込み防止機構が設けられていることを特徴とする手洗器の固定構造が提供される。 (もっと読む)


1,031 - 1,040 / 3,889