TOTO株式会社により出願された特許

3,831 - 3,840 / 3,889


銀電解による銀イオンの生成効率を向上させ、銀電解に伴う消費電力を低減させる銀電解水吐水装置を提供する。本発明の銀電解水吐水装置1は、洗浄水が流入する電解槽2と、この電解槽内に形成され洗浄水が流れる主流路2aと、電解槽内に形成され洗浄水が主流路から分流されこの分流後に主流路に戻るように流れる分流路2bと、少なくとも陽極の電極が
銀イオンを生成する銀電極である一組の電極12a,12bであって、これらの電極の間に洗浄水が流れて分流路を形成するように配置された電極と、電極に電力を供給する電流供給部28と、を有することを特徴としている。 (もっと読む)


本発明の下肢吐水装置は、使用者の足の表側を指向して吐水する足表吐水部と、該足表吐水部の吐水の指向先を足の長軸方向に沿って往復移動させる吐水部指向先移動機構とを備え、より好適には、前記足表吐水部は、使用時における足甲幅方向に並列された複数の吐水口を左右の足夫々に対して有し、又は、前記着水点が受ける吐水の圧力を、移動する前記着水点の移動する位置に応じて変動させ、若しくは、吐水量を、移動する前記着水点の移動する位置に応じて変動させるこ
とを特徴とする。上記構成によれば、皮膚に存在する感覚受容器を効果的に刺激して、より大きな快感を得られる下肢吐水装置を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、防振ゴムを備えた床パンの防振脚に関し、床パンのアジャスタ脚本来の機能を損なうことなく施工性を向上させることを目的とする。
【解決手段】床パンの脚部を防振ゴム部で形成しつつ、この脚部を中空に形成し下方から床パン本体に施工用の工具を用いて容易に組付けることができる溝をアジャスタボルト下側の設けたので、集合住宅やマンション等のように1日に複数室のユニットバス等の施工を行う際に、作業者の施工負荷が軽減できる。 (もっと読む)


【課題】外観が大きくならず使用時に邪魔にならず、カビの発生や汚れの付着の低減ができ、さらには、安価で簡単に取付けることのできる壁付き水栓の断熱カバーを提供することを目的とする。
【解決手段】給湯管が接続される水栓本体の略裏面部を断熱カバーで被われた壁付き水栓であって、前記壁付き水栓は裏面側に給湯継ぎ手及び給水継ぎ手である外周がねじを切った突起部を有し、かつ前記断熱カバーは水栓本体の略裏面部に倣った形状を有する裏面部と開口部を有したものであり、前記開口部に前記突起部を貫通して水栓本体と脚部ナットにて前記断熱カバーを挟み込むように固定したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】燃焼停止時に臭いを低減した燃焼装置を提供することにある。
【解決手段】予混合室を備えたロータリー式気化バーナーと、吐出する燃料の量を調整する燃料調整手段と、吐出された燃料が燃焼するための空気を送風する送風調整手段とを備えた燃焼装置において、燃焼を停止させる際には前記燃料調整手段は直ちに燃料の供給を停止することなく、直ちに所定の燃焼量に移行させ、この所定の燃焼量で、燃焼を所定時間継続させてから、その後直ちに燃料の供給を停止する。 (もっと読む)


【課題】従来の水栓においてキッチンキャビネット内に水受けトレイを設置する場合は、コスト高になるばかりか、水を定期的に捨てる作業が発生することになりメンテ性に劣るという欠点があった。そこで本発明は、シャワーヘッドに接続されたホースを伝ったり、ホースの溝部に溜まった水を確実に防止することができる水栓を提供する。
【解決手段】吐水部の基端を抜き差し自在な筒状の保持部を有する水栓本体と、前記吐水部の基端に接続したホースを給水源側に接続する水栓であって、前記水栓本体内に水切部材を具備し、前記水切部材の下部に位置する水栓本体に水流出用の開口部を有する構造とした。 (もっと読む)


【課題】水平方向に折れるように構成した折り戸を持つキャビネットにおいて、様々なスペースでも設置が出来き、十分な収納量を持ち、かつ開閉が簡単に行え、意匠性が良く、扉が閉じた状態でも圧迫感がなく、水仕舞いのよい厨房用ウォールキャビネットを提供すること。
【解決手段】全開となった時に上下2枚の扉がキャビネットの天板より上部に上がらないようにし、かつ上部の扉の高さを下部の扉より長くした。また、少なくとも下部の扉を透過性のある材質をフレームで組んだ扉とし、下部扉の中程に更に横方向にフレームを通し、そのフレームに把手を取付けた。また、棚板や水切り棚を扉のフレームや把手を取付けた横フレームの高さ位置に設置した。また、キャビネットの上部の奥行きに対して下部の奥行きを狭くした。 (もっと読む)


【課題】 洗浄水を貯留する容器と、前記容器を密閉する蓋とからなり、前記密閉容器内に貯留された洗浄水にガスを発生する発泡薬剤を投入し、発生するガスによって容器内部に圧力を与え洗浄水を吐出するものであって、使用中および使用後において蓋が容器内の圧力によって勢いよく外れて使用者がけがをすることがない、使用上の安全性に配慮の払われた加圧吐水装置を提供する。
【解決手段】 洗浄水を貯留する容器と、前記容器を密閉する蓋とからなり、前記密閉容器内に貯留された洗浄水にガスを発生する発泡薬剤を投入し、発生するガスによって容器内部に圧力を与え洗浄水を吐出するものであって、容器から蓋の脱落を防止する機構を設けた。 (もっと読む)


【課題】 自動水栓と洗浄ボールとの両方を同時に設計することで、施工性に優れかつ自動水栓の感知性能が良く、さらに斬新的な外観性を有して、常に使用者が快適に手洗い行為をすることができる給水装置を提供することを目的とする。
【解決手段】 排水口を有した洗浄ボールと、給水管に接続しこの洗浄ボール内に給水するための給水口を備え、この給水口に隣接してセンサーを設けた自動水栓とから構成されており、センサーからの投光が洗浄ボール面で反射し、その反射光が洗浄ボール面外に向かうように、自動水栓は、前記洗浄ボール内面上方に取付けられてなることを特徴とする給水装置とした。さらに、前記洗浄ボール内面は、洗浄ボールの形状は、上側を片側縦断面視凸形状に湾曲形成して、かつ下側を片側縦断面視凹形状に湾曲形成して、部分的な隆起部を有さない連続した滑らかな流線形状をしていることを特徴とする給水装置とした。 (もっと読む)


【課題】 融点の異なる異種金属を強固に接合する方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 黄銅1とステンレス、炭素鋼2といった融点の異なる金属の接合面近傍にYAGレーザーなどのビームを照射して異種金属を溶接する異種金属の接合方法において、前記接合面3を挟んで両金属間にビームをウィービングし、両金属を低融点金属の融点より低い温度までに加熱した後、前記ビームを高融点金属側が溶融するまで加熱することで、両者の金属をタイミング良く溶融させることを特徴とする異種金属の接合方法とする。 (もっと読む)


3,831 - 3,840 / 3,889