説明

TOTO株式会社により出願された特許

81 - 90 / 3,889


【課題】連通管自体を電波センサの電波の伝播通路として構成し、連通管に対する通水ホースの振動を抑制し、連通管内での電波の伝播における電波の減衰を抑制する自動水栓装置を提供する。
【解決手段】スパウト10と、通水ホース20と、開閉弁30と、電波センサ40と、スパウト10の基端部と電波センサ40とを繋ぐ導波管43と、電波センサ40を用いて開閉弁30を制御する制御部1Bとを備えた自動水栓装置1において、スパウト10の内周面と通水ホース20の外周面との間の空間が、電波の伝播通路として用いられ、支持部材60は、弾性を有する絶縁体からなり、支持部材60がスパウト10の内周面に当接し且つ挿通部に通水ホース20が挿通された状態で、スパウト10に対して通水ホース20を支持するように構成され、挿通部は、通水ホース20をスパウト10の内周面の中心位置から偏心した位置に支持する。 (もっと読む)


【課題】 従って、光電流を用いた被検物質の特異的検出方法において、作用電極上に形成された複数の検出スポットと、検出装置に設けられた光照射機構より照射される光とが正確に位置合わせされているかを容易に確認でき、その結果各検出スポットにて発生する電流値を精度良く検出することのできる検出方法の提供。
【解決手段】 作用電極上に、プローブ物質を担持したスポットに加えて、増感色素を担持した色素標識スポットを備え、色素標識スポットに光を照射した場合の電流値が所定範囲外の場合装置の不具合を報知することを特徴とする方法。特に、複数の色素標識スポットを、前記作用電極上に設けられたスポットのうち相対的に最も離れた位置の二点とすることで、作用電極11の取り付けが適切になされているか否かを容易に知ることが出来る。 (もっと読む)


【課題】オフディレイ時間を手乾燥装置の使用状況に応じて設定することで、使用感を良好なものとし、無駄な電力の消費を低減することができる手乾燥装置を提供すること。
【解決手段】この手乾燥装置1は、受光部3bが使用者の手を検知している検知状態から、受光部3bが使用者の手を検知していない不検知状態に移行すると、それまで検知状態が継続していた時間である検知時間に基づいてオフディレイ時間を設定し、ブラシモータ8aを、不検知状態に移行してからオフディレイ時間が経過する時点までの間は継続して駆動させ、その後停止させるものであって、検知時間が長いほど、オフディレイ時間を徐々に短くなるように設定する。 (もっと読む)


【課題】おしり洗浄に求められる量感を与えることができ、広い範囲を一度にさっと、且つ優しく洗浄できる衛生洗浄装置を提供する。
【解決手段】吐水孔411から洗浄水を中空円錐状に吐水させる吐水手段401と、吐水孔411から中空円錐状に吐水された洗浄水510が人体局部に着水する前に、中空円錐状に吐水された洗浄水の液膜を破砕することにより粒化された水流を生成し、中空円錐状に吐水された洗浄水の中空部分に粒化された水流520を流し込む破砕手段と、吐水手段401よりも下流側であって吐水孔よりも上流側に設けられ、吐水手段401から中空円錐状に吐水された洗浄水の液膜の厚さよりも吐水孔から中空円錐状に吐水された洗浄水510の液膜の厚さを厚くする液膜厚さ拡大手段402と、吐水孔から中空円錐状に吐水された洗浄水510の液膜を破砕する位置を周期的に変動させる破砕位置変動手段を備えた。 (もっと読む)


【課題】熱膨張によってタンクから溢れる水を排出するための配管を設ける必要がなく、開閉弁が閉状態にも関わらず水栓から水が溢れ出てしまう現象を確実に防止することができる元止め式電気温水器を提供すること。
【解決手段】この元止め式電気温水器1は、タンク7に貯えられた水の水位を調整する水位調整手段6を有しており、水位調整手段6は、電磁弁4が閉状態となりタンク7への水の供給が停止されると、タンク7と連通したタンク側空間62の容積を拡大させることにより、タンク7に蓄えられていた水の一部をタンク側空間62に引き込む。 (もっと読む)


【課題】低コストで透光カバーの落下を防止することができる天井取付用照明器具を提供する。
【解決手段】天井に取り付けられて、光源を有する照明器具本体と、照明器具本体に下方から装着される透光カバーと、両端部に鉤部が形成された一対のアーム部を有し、中央部に透光カバーへの取付け部が形成された略V字状の線ばねと、を備え、照明器具本体に、線ばねのアーム部が挿通される一対の貫通孔を形成するとともに、貫通孔の裏側に鉤部を係合するばね受け部を形成し、線ばねのアーム部を貫通孔に挿通させた状態で透光カバーを照明器具本体に向けて押し込むことにより、線ばねの弾性で線ばねを貫通孔に保持させて透光カバーを照明器具本体に取り付けるようにした天井取付用照明器具において、ばね受け部15に、上向きの凸壁17を設け、線ばね30のアーム部の鉤部側端部に、凸壁17に係止される係止凹部34を形成した。 (もっと読む)


【課題】熱可塑性樹脂により形成された発泡体を用いた場合でも熱膨張による反りを抑制し、排水勾配を維持することができる洗い場床パンを提供することを目的とする。
【解決手段】熱可塑性発泡プラスチックよりも高い強度を有し、上下方向にみたときに矩形状を呈する床基材と、排水口と、外周部に設けられ壁パネルが載置される壁パネル載置部と、を有し、前記床基材により下方から支えられ、熱可塑性発泡プラスチックにより形成されて前記排水口に向けて下方へ傾斜した排水勾配が表面に形成され、上下方向にみたときに矩形状を呈する床面材と、を備え、前記床基材は、上下方向にみたときに前記壁パネル載置部とは重ならない位置において前記床基材を上下方向に貫通する開口部を有し、前記床面材は、下側に設けられ前記開口部の縁部と係合する係合部を有することを特徴とする洗い場床パンが提供される。 (もっと読む)


【課題】高さをより低く抑えることができる衛生洗浄装置を提供することを目的とする。
【解決手段】洋式腰掛便器の上に設けられる本体と、人体洗浄吐水口を有し、前記本体から進出可能に設けられて前記人体洗浄吐水口から水を噴射して前記洋式腰掛便器に着座した使用者の人体を洗浄する人体洗浄ノズルと、前記人体洗浄ノズルを洗浄するノズル洗浄手段と、を備え、前記ノズル洗浄手段は、前記人体洗浄ノズルが前記本体に収納されているときには前記人体洗浄ノズルの先端面の頂上よりも下側に配置され、前記人体洗浄ノズルを洗浄するときには前記本体の外部に移動し前記本体の外部に進出した前記人体洗浄ノズルを洗浄することを特徴とする衛生洗浄装置が提供される。 (もっと読む)


【課題】ノズルの先端部をより確実に洗浄することができる衛生洗浄装置を提供することを目的とする。
【解決手段】洋式腰掛便器の上に設けられる本体と、吐水孔を有し、前記吐水孔から水を噴射して前記洋式腰掛便器に着座した使用者の人体を洗浄する洗浄ノズルと、前記吐水孔の上を覆うことができるカバー部と、を備え、前記洗浄ノズルは、前記吐水孔の上を前記カバー部により覆われた状態で前記吐水孔から水を吐水し、前記吐水孔から吐水された水により前記洗浄ノズルと前記カバー部との間において水流を形成して前記洗浄ノズル自身を洗浄することを特徴とする衛生洗浄装置が提供される。 (もっと読む)


【課題】インバータへの過剰な電流の引き出しを回避しながら、エネルギー効率を向上させることができる固体酸化物型燃料電池を提供する。
【解決手段】固体酸化物型燃料電池1であって、燃料電池モジュール2と、燃料を改質する改質器と、燃料供給手段38と、水供給手段28と、発電用酸化剤ガス供給手段45と、燃料、水、及び酸化剤ガス供給手段を制御する制御手段110と、を有し、制御手段は、取出可能電流をインバータ54に指令する取出可能電流指示手段110aと、取出可能電流及び実際に取り出された実発電電流を監視する電流監視手段110bと、監視結果に基づいて、インバータの特性に起因した燃料電池モジュールの発電能力に対する実発電電流の不足が減少するように、燃料供給量又は取出可能電流を補正するインバータ特性補正手段110cと、を備える。 (もっと読む)


81 - 90 / 3,889