説明

エステー株式会社により出願された特許

31 - 40 / 127


【課題】転倒時のこぼれを抑制することができる揮散装置を提供する。
【解決手段】液状薬剤を収容した容器体11の口部24にキャップ31を装着して開口部25を閉鎖する。キャップ31の天部33に複数の小穴42を設ける。各小穴42の内径寸法を、吸上芯12の外形寸法とほぼ同寸法に設定し、各小穴42に単一の吸上芯12を挿通可能に構成する。各小穴42に吸上芯12を挿入した状態で、上面41より上方へ延出した各吸上芯12の延出部分71が放射状に広がるように各小穴42の開口方向を設定する。 (もっと読む)


【課題】部品点数、螺子数を減らし安価な加熱蒸散器を提供する。
【解決手段】本加熱蒸散器は外郭を兼ねかつ天井部に蒸散口、底部に開口が設けられた筒状の外ピースと、この外ピースに開口から挿入されて収納され、かつ発熱体を取り付ける発熱体取付け部が設けられ、液体容器を保持する容器保持部が設けられた内ピースとを備える。 (もっと読む)


【課題】部分的な凸部を不具合無く形成することができる真空成型装置及び凸部成型方法並びに凸部を有した成型品を提供する。
【解決手段】金型172の各小孔252に負圧を供給し金型172を軟化された基材162へ向けて下降すると、生じた負圧によって基材162が金型172に吸引され密着する。これにより、基材162を金型172の凹凸形状に応じて変形し所定時間待機した後、各小孔252からエアを噴出して基材162を離反させる。このとき、金型172の第一及び第二凸状形成部242,262の小孔252から噴出されるエアによって基材162の係合部73及び被係合部92天面76,95を付勢することができる。これにより、係合部73及び被係合部92を、その延在方向に移動して型抜きすることができる。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】透過フィルムからの不透過性フィルムの剥離を確実に行うことができる容器体を提供する。
【解決手段】容器体1の下面をプラスチックシート41で形成し、容器本体31の容器部42に芳香液43を収容する。プラスチックシート41に透過フィルム81を積層し、透過フィルム81に不透過性フィルム91を積層する。不透過性フィルム91が積層された透過フィルム81を熱圧着でプラスチックシート41に接合し、容器本体31のフランジ52と延出部22に接合する。フランジ52の切り込み溝71側に、透過フィルム81がフランジ52に接合されない非接合部111を形成し、接合部112と非接合部111の境界線113をく字状に形成する。この折曲部121の頂点部131から透過フィルム81とフランジ52が線状に接合されてなる中央線状接合部141を延出部22へ向けて延出し、その両脇からも側部線状接合部151を延出部22へ向けて延出する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

31 - 40 / 127