説明

エステー株式会社により出願された特許

71 - 80 / 127



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】低コスト化を図ることができる揮散装置を提供する。
【解決手段】薬剤揮散用の揮散体71の内嵌部72を、容器体11の口部32の内周面55に沿って配設し、その内側の挿通穴81に、薬剤噴霧用のポンプ134を挿入する。これにより、ポンプ134の外周面171と口部32の内周面55との間に前記内嵌部72を配設し、ポンプ134の外周面171と口部32の内周面55間に形成される間隙を、前記内嵌部72で閉塞する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】揮散面積の増大を図ることができる揮散体を提供する。
【解決手段】揮散体本体71を薬剤3を吸い上げる吸液部75と薬剤3を揮散する揮散部72で構成する。揮散部72を吸液部75より幅広に形成し、揮散部72の外面91に上下に延在する複数の切込み92を幅方向に並設する。各切込み92によって揮散部72を複数のブロック93に分割し、各ブロック93を揮散部72の内面94側で連設する。揮散部72を内面94側へ湾曲して丸めた際に、各切込み92がV字状に開くことによって、隣接するブロック93のブロック側面95が露出するように構成する。 (もっと読む)


【課題】揮散能力を低下させることなく、商品性の向上を図ることのできる揮散器を提供する。
【解決手段】揮散器1は、透明ガラス製の容器2を有しており、このこの容器2は、底面部3、周面部4及び開口5aを備えた首部5を一体的に有している。周面部4には、シボ加工が施されている。容器2の内部には、芳香剤、消臭剤、防黴剤、防虫剤等の揮散して所定の薬効を発生する薬液15が収容されており、この薬液15中に吸液芯11が浸漬されている。さらに、容器2内には薬液15とともに複数個のゲル化体16が収容されており、このゲル化体16は、高吸水性合成樹脂である。 (もっと読む)


【課題】
密封状態での保存期間などにおいて、容器への有効成分の吸着が少なく、有効成分の減少を防止することができ、防虫剤の効力を長期間にわたって持続させることができる防虫剤組成物を提供すること。
【解決手段】
常温揮散性ピレスロイドおよびシリコーン化合物を含有することを特徴とする吸着抑制型防虫剤組成物。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】製造工程数を削減することができる手袋を提供する。
【解決手段】手袋本体11に、親指が挿入される親指部12と人差し指が挿入される人差し指部13と中指が挿入される中指部14と薬指が挿入される薬指部15と小指が挿入される小指部16を設ける。各指部12〜16の第一関節部21〜25の部位に、挿入された指の先端部を出し入れ可能な各出入穴41〜45を、各指部12の周面51〜55に設ける。各出入穴41〜45を、挿入した指の側部が位置する各指部12〜16の周面51〜55に設け、各出入穴41〜45を、指部12〜16の長さ方向に延在する縦長のスリット状に形成する。 (もっと読む)


71 - 80 / 127