オイレス工業株式会社により出願された特許

61 - 70 / 384


【課題】ドアの開閉動作に連動して回転することにより抵抗を発生する回転体を有する抵抗発生装置を備える構造において、ドアを開閉させたときに確実に動作する車両用ドアチェック装置を得る。
【解決手段】車両ボディ10と該車両ボディに回転取付軸を介して回転可能に支持されたドア11の一方に固定した、該回転取付軸に対して直交する回転軸49回りに回転することにより抵抗を発生する回転体45を有する抵抗発生装置30と、回転体と一緒に回転する従動リンク84と、車両ボディとドアの他方と第1ボールジョイント21、27を介して接続し、従動リンクと第2ボールジョイント28、87を介して接続した主動リンク22と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ラジアル滑り軸受を使用することなくラジアル滑り軸受部を上部及び下部ケース内に形成することにより径方向の寸法を小さくして取付スペースの問題を解決すると共に経済的な問題をも解決することができるスラスト滑り軸受を提供すること。
【解決手段】スラスト滑り軸受1は、合成樹脂製の下部ケース2と、下部ケース2に重ね合わされた合成樹脂製の上部ケース3と、上部ケース3及び下部ケース2間に配された合成樹脂製のスラスト滑り軸受片4とを具備している。 (もっと読む)


【課題】被加工部材や各構成部材に対する負荷の意図しない急激な増大によって各構成部材が破損することを防止することができる突き上げカム装置を提供すること。
【解決手段】突き上げカム装置1は、Z方向に移動自在なカムドライバ2と、X方向に移動自在であると共にカムドライバ2に摺動自在に接触しており、当該カムドライバ2のZ1方向の移動においてX方向に移動するカムスライド3と、Z方向に移動自在であると共にカムスライド3に摺動自在に接触しており、当該カムスライド3のX方向の移動においてZ2方向に移動するカムスライド4と、カムドライバ2並びにカムスライド3及び4の夫々を移動自在に支持する支持手段5と、カムスライド3を初期位置に復帰させる復帰機構6と、カムドライバ2並びにカムスライド3及び4間において伝達される移動力が所定の移動力を超える際に弾性的に縮められて所定の移動力を超える分の力の伝達を遮断する可圧縮ばね7とを具備している。 (もっと読む)


【課題】フラップ及びフラップを収納するケースの回転方向寸法を大きくすることなく、バルブを大きく移動させ、かつフラップの回転範囲を大きくすることが可能な減衰装置を得る。
【解決手段】ケース31と、該ケース内に構成した、粘性流体を充填する流体充填空間37と、該流体充填空間に設けた、回転軸49回りに回転するフラップ45と、を備える減衰装置30において、フラップに形成した、上記回転軸と平行方向に延び、その一方の開口端部が入口57、58を構成し、他方の開口端部が出口53、54を構成する内部流路52と、内部流路内に設けた、上記回転軸と平行方向に移動することにより上記入口を開閉するバルブ63と、上記内部流路内に設けた、該バルブを上記入口を閉じる閉位置に向けて移動付勢する付勢手段69と、を備える。 (もっと読む)


【課題】重ね板ばねの組立作業効率を高める上で有利なサイレンサーを提供する。
【解決手段】一方の分割体42の平板部44の裏面4404を第1リーフスプリング12に臨ませ、平板部44の表面4402を第2リーフスプリング14に臨ませ、柱部46と係止部48とをサイレンサー装着用孔1402に挿入する。他方の分割体42の平板部44の裏面4404を、第3リーフスプリング16に臨ませ、平板部44の表面4402を第2リーフスプリング14に臨ませ、他方の分割体42の柱部46と係止部48とをサイレンサー装着用孔1402に挿入する。これにより、柱部46により第2リーフスプリング14の面方向に沿ったサイレンサー40の移動が阻止され、各分割体42の係止突起52の係止面5202が互いに係合することで、各分割体42の平板部44が互いに離間する方向への移動が不能となり、サイレンサー40が装着される。 (もっと読む)


【課題】密封性に寄与する柔軟性と、締付けバンドによる締付け力を受け止める剛性とを合わせもった差し込み型排気管継手に使用されて好適な円筒状ガスケット及びその製造方法並びに該円筒状ガスケットを使用した差し込み型排気管継手を提供すること。
【解決手段】円筒状ガスケット23において、膨張黒鉛からなる耐熱材と金網からなる補強材とは、圧縮されて、互いに絡み合って構造的一体性を有しており、円筒状ガスケット23の露出した円筒状の内周面19及び円筒状の外周面20並びに軸方向の環状の端面21及び22の夫々は、耐熱材1からなる面と補強材2からなる面とが混在した面からなっており、円筒状ガスケット23において、耐熱材1の密度は、1.21〜1.58Mg/mを呈し、補強材2の質量は、円筒状ガスケット23全体の質量の50〜80%を占めている。 (もっと読む)


【課題】高価となる特殊撚り糸を用いないでも、優れた摺動性能を得ることができる上に、摺動表面に補強基材が露出しても、相手材の表面を損傷させることがなく、相手材の表面の耐久性を確保できる上に、低摩擦の摺動を期待でき、補強基材と樹脂層との高い密着性に起因して耐久性を確保できる摺動面部材及びこれを用いた複層摺動部材を提供すること。
【解決手段】摺動面部材1は、エキスパンド樹脂シート2からなる補強基材3と、補強基材3のエキスパンド樹脂シート2の刻み目に充填されている充填層4並びにエキスパンド樹脂シート2及び充填層4の面6を被覆していると共に充填層4に一体的に形成された被覆層7を一体に有した熱硬化性樹脂からなる樹脂層8と、樹脂層8の被覆層7の露出した面9を有した摺動面10とを具備している。 (もっと読む)


【課題】被加工部材や各構成部材に対する負荷の意図しない増大によって各構成部材が破損することを防止することができ、また、破損箇所の特定及び補修を容易ならしめる突き上げカム装置を提供すること。
【解決手段】突き上げカム装置1は、Z方向に移動自在なカムドライバ2と、X方向に移動自在であると共にカムドライバ2に摺動自在に接触しており、当該カムドライバ2のZ1方向の移動においてX1方向に移動するカムスライド3と、Z方向に移動自在であると共にカムスライド3に摺動自在に接触しており、カムスライド3のX1方向の移動においてZ2方向に移動するカムスライド4と、カムドライバ2、カムスライド3及び4の夫々を移動自在に支持する支持手段5と、カムスライド3を初期位置に復帰させる復帰機構6とを具備している。 (もっと読む)


【課題】マニホールドに接続された排気管に捩じり方向及びせん断方向の力が入力された場合においても、スティックスリップ現象に起因する摩擦異常音を発生させることがなく、運転者等に不快感を与えることのない球帯状シール体及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】円筒内面39、部分凸球面状面40並びに部分凸球面状面40の大径側及び小径側の環状端面41及び42により規定された球帯状基体43と、球帯状基体43の部分凸球面状面40に一体的に形成された外層44とを備えた、排気管継手に用いられる球帯状シール体45であって、球帯状基体43は、金網からなる球帯状基体用の補強材と、補強材の金網の網目を充填し、かつこの補強材と混在一体化されていると共に圧縮された膨張黒鉛を含む球帯状基体用の耐熱材とを具備している。 (もっと読む)


【課題】装置の低廉化、エア消費量の削減を図り得ると共に、部品点数を削減し得、組み立て工数を減少し得、しかも、ラジアル方向の磁気による吸着力が不均一となってラジアル方向の負荷容量が低下する虞をなくし得るロール装置を提供すること。
【解決手段】ロール装置1は、中空のロール体2と、ロール体2の中空部に隙間3をもって挿通されている軸体4と、ラジアル方向に関してロール体2を静圧気体によって支持すべくロール体2と軸体4との間に介在されている静圧気体軸受手段7及び8と、スラスト方向に関してロール体2を磁力によって支持する磁性軸受手段9及び10とを具備している。 (もっと読む)


61 - 70 / 384