説明

ソマール株式会社により出願された特許

41 - 50 / 81


【課題】基材と粘着剤層との密着性、及び被着体との密着性に優れ、被着体の貼り直しが容易であるとともに、被着体について高精度の加工を行うことができ、かつ、加工完了後は、被着体に糊残り等による汚染を生ずることなく容易に剥離可能な粘着シートを提供する。
【解決手段】フィルム状又はシート状の基材と、基材の少なくとも一方の面上に配設される、熱膨張性微小球を含有する粘着剤層と、を備えた粘着シートである。粘着剤層の25℃における弾性率が、1.0×10Pa以上、1.0×10Pa以下である。 (もっと読む)


【課題】遮光性に優れるとともに薄型化に適し、更に、一方の面側の光反射率が高く、他方の面側の光沢度が低い遮光フィルムを提供する。
【解決手段】基材フィルム(基材)と、基材の一方の面に配設された遮光層とを備えた遮光フィルムであって、基材が、白色顔料を含有するか、又は表面および内部に微細な独立気泡を有する、光反射率80%以上の合成樹脂フィルムであり、遮光層が、バインダー樹脂、黒色顔料及びフィラーを含有し、且つその厚さが15μm以下であり、遮光層が、その厚さ方向において、基材に接する面に近い領域の黒色顔料の濃度が基材に接しない面(表面)に近い領域の黒色顔料の濃度より高く、全体の厚さが60μm以下の遮光フィルム。 (もっと読む)


【課題】低炭水化物且つ高食物繊維を含有し、摂取後も血中グルコース値が急激に上昇しない食品、飲料等を提供する。
【解決手段】大麦から得られる穀物粒であって、15〜25重量%のタンパク質、25〜35重量%の炭水化物及び25〜35重量%の食物繊維、を含み、且つ、該食物繊維の40〜60重量%が水溶性食物繊維であることを特徴とする穀物粒。 (もっと読む)


【課題】薄い金属箔、特には12μm以下の銅箔を用いても、金属箔にシワやスジの発生がなく、また、形成される樹脂層の厚さが均一である樹脂被覆金属箔及びその製造方法、並びにこの製造方法で得られた樹脂被覆金属箔を用いた金属張積層板及びその製造方法を提供する。
【解決手段】金属箔の片面に樹脂層が形成され、樹脂層が形成された面と反対側の面に、再剥離性粘着剤が基材に積層されてなる裏打ち材が形成されてなる樹脂被覆金属箔及び絶縁層を、樹脂被覆金属箔の樹脂層が絶縁層と接するように積層して金属張積層板を得る。金属箔は銅箔であり、樹脂層はブロック共重合ポリイミド樹脂を含有し、裏打ち材の厚さは12〜350μmの範囲内となるようにする。 (もっと読む)


【課題】一旦粘着力を低下させて被着体を剥離した後においても再利用することが可能であることに加え、加工温度が180℃であっても被着体の加工時には被着体と確実に密着することができ、加工前後においてはある程度の保持力を有しつつ、保持が不要となったときには容易に剥離できる程度の適度な密着力を示すことができる冷却剥離型粘着剤組成物及び冷却剥離型粘着シートを提供する。
【解決手段】粘着性高分子を有効成分として含み、100℃でラミネート後の23℃における粘着力(初期粘着力)が0.01N/25mm以上であり、180℃における粘着力(高温時粘着力)が0.03N/25mm以上であり、180℃で1時間加熱後、加熱状態から23℃に冷却した後23℃における粘着力(加熱後粘着力)が3N/25mm以下の冷却剥離型粘着剤組成物、及びその組成物を用いた冷却剥離型粘着シートである。 (もっと読む)


【課題】遮光性に優れるとともに薄型化に適し、更に光沢度の低い遮光フィルムを提供する。
【解決手段】基材フィルム(基材)と、前記基材の少なくとも一方の面に配設された遮光層とを備えた遮光フィルムであって、前記遮光層が、バインダー樹脂、黒色顔料及びフィラーを含有し、且つその全体の厚さが15μm以下であり、前記遮光層が、その厚さ方向において、前記基材に接する面に近い領域の黒色顔料の濃度が前記基材に接しない面(表面)に近い領域の黒色顔料の濃度より高く、全体の厚さが40μm以下の遮光フィルム。 (もっと読む)


【課題】サーバを常時駆動可能であるとともに、サーバのために専用の設置場所を設ける必要がない負荷分散システムと、サーバを収容する冷蔵庫及び現金支払機を提供する。
【解決手段】常時駆動される冷蔵庫等の機器の筐体内部にサーバ10を収容するため、サーバ専用の設置スペースをわざわざ設ける必要がなくなり、設置場所の確保に係わるコストを削減できる。また、収容先の機器にとって温度や振動等の影響が考慮された適切な設置場所が選ばれていれば、その設置場所がサーバにとっても概ね適切な設置場所となりうるため、サーバの設置場所の選定が容易になる。 (もっと読む)


【課題】 粉体塗料を材料面から改良し、特に塗膜にピンホールや内在する気泡量を減少させつつ、塗装工程の効率化や塗装面の薄肉化にも適した粉体塗料の関連技術を提供する。
【解決手段】 粉体塗料において、該粉体塗料の粒度分布が第一のピークを有する第一粉体(20a,20b,20c)および第二のピークを有する第二粉体(30)の、少なくとも二つのピークを有するとともに、第一のピークおよび第二のピークにおける粒径差が4倍以上異なるように形成した粉体塗料とする。粒径差が9倍以下であり、第一のピークが5〜80μmの範囲、第二のピークが0.5μm〜20μmの範囲であると、より好ましい。 (もっと読む)


【課題】塗膜の薄膜化及び平滑化することによる高外観の塗膜を形成し得る粉体塗料、該粉体塗料を用いて絶縁層を形成する金属製被塗物の絶縁方法、及び該方法により得られる絶縁層付金属製被塗物を提供する。
【解決手段】エポキシ樹脂、硬化剤及び充填剤を含有する粉体塗料において、該粉体塗料は、その平均粒子径が10〜30μmであり、5μm以下の粒子を3.0〜6.0体積%含むことを特徴とする粉体塗料。 電子部品の表面に絶縁層を形成する絶縁方法であって、該絶縁層は上記粉体塗料を金属製被塗物に静電塗装した後に熱硬化することにより塗膜を形成することを特徴とする絶縁方法。 (もっと読む)


【課題】耐湿性と揺変性とを高いレベルで両立する一液型のエポキシ樹脂組成物を提供する。
【解決手段】(A)エポキシ樹脂、(B)硬化剤、(C)エポキシ樹脂アミンアダクト及び(D)微粉末シリカを含有するエポキシ樹脂組成物であって、前記(A)成分と(B)成分とは共に常温で液状であり、前記(B)成分は酸無水物系化合物であり、前記(D)成分は、表面をシリコーンオイルで処理した微粉末シリカである。 (もっと読む)


41 - 50 / 81