説明

ソマール株式会社により出願された特許

61 - 70 / 81


【課題】環境負荷が少なく、使用測定開始直後の絶縁電気抵抗値が高く、高温高湿下の絶縁電気抵抗性を長時間持続可能とする防湿絶縁コート被膜を形成することができる水性防湿絶縁コート剤を提供する。
【解決手段】水と、水中に分散するコート成分とを含有する水性防湿絶縁コート剤であって、コート成分が、アクリル樹脂と石油系ワックス及び/又はポリエチレン系ワックスを含有するものである水性防湿絶縁コート剤。 (もっと読む)


【課題】被着体に糊残り等による汚染や被着面全体における部分的な付着を生ずることなく均一に剥離可能な粘着剤組成物及び粘着シートを提供する。
【解決手段】フィルム状又はシート状の基材の一方に熱膨張性微小球及び粘着剤を含有する粘着剤組成物から形成される粘着剤層を設け、粘着シートの物性が、熱膨張性微小球を膨張させたときの粘着剤層の最高点H1から最低点H3までの高低差が100μm以下であり、かつ、特定面積S0と、特定面積S0上に形成された粘着剤表層凹凸の最高点H1からH2(H1−20μmの特定高さ)における表面積の比の値がSH1-H2/S0=0.4〜10である。 (もっと読む)


【課題】流動する抄紙原料水等の被処理水中にスライムコントロール剤を、失活することなく添加するスライムコントロール剤添加方法及び装置を提供する。
【解決手段】スライムコントロール剤添加装置10は、抄紙機52の白水タンク66中を流れる白水にスライムコントロール剤を添加するものであって、主管12からNaOCl水溶液を、又無機系臭素化合物及び/又はDMH供給管18からはNH4Br水溶液をそれぞれ供給して混合部20で混合し、この混合後の10秒以内、好ましくは5秒以内に、スライムコントロール剤添加管56を介して白水タンク66の白水中にスライムコントロール剤を添加するものである。 (もっと読む)


【課題】強度と耐熱性に優れ、ガス透過性を抑制したガスタンク、及びその製造方法を提供する。
【解決手段】ガスバリア性を有する内殻と、該内殻を覆うように設けた耐圧性のFRP製外殻とを有するガスガスタンクであって、前記外殻は、(A)補強繊維束、(B)熱硬化性樹脂、並びに(C)エラストマー粒子及び/又は熱可塑性樹脂粒子からなり、かつ、(B)熱硬化性樹脂中に分散した(C)エラストマー粒子及び/又は熱可塑性樹脂粒子が(A)補強繊維束内に存在することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 再生パルプやピッチ、填料等の微細成分を多量に含む製紙原料スラリーを用いた場合でも、製造マシンにピッチが付着することなく、しかも地合いの低下が抑制された高品質の紙を高い歩留りで得ることができ、特に古紙の再利用に適した紙の製造方法、及び該方法に用いる製紙用助剤を提供する。
【解決手段】 パルプ含有水性スラリーに、粘度平均分子量が1500万以上のカチオン性ポリマー又はアニオン性ポリマーの中から選択される少なくとも1種のポリマーを含有する製紙用助剤を配合し、得られた製紙原料スラリーを脱水してシート形成後、該シートを乾燥することを特徴とする紙の製造方法。
また、粘度平均分子量が1500万以上のカチオン性ポリマー及びアニオン性ポリマーの中から選択される少なくとも1種のポリマーを含有することを特徴とする、上記紙の製造方法において用いる1剤型の製紙用助剤。 (もっと読む)


【課題】基材と粘着剤層との密着性、及び被着体との密着性に優れ、被着体の貼り直しが容易であるとともに、被着体について高精度の加工を行うことができ、かつ、加工完了後は、被着体に糊残り等による汚染を生ずることなく容易に剥離可能な粘着シートを提供する。
【解決手段】フィルム状又はシート状の基材と、基材の少なくとも一方の面上に配設される、熱膨張性微小球を含有する粘着剤層と、を備えた粘着シートである。粘着剤層の20℃における弾性率が、1.0×104Pa以上、1.0×106Pa未満である。 (もっと読む)


【課題】 保水性に優れ、かつ塗工液の粘度を上昇させない紙塗工液用保水剤を提供する。
【解決手段】
塗工紙を得るために用いられる紙塗工液用の保水剤であって、
(メタ)アクリル酸15〜70質量部と、(メタ)アクリル酸アルキルエステル30〜85質量部と、これらと共重合可能なその他のエチレン性不飽和単量体0〜50質量部から合成される共重合体(A)と、ノニオン性界面活性剤(B)と、アニオン性界面活性剤(C)とを含み、
前記共重合体(A)100質量部に対し、ノニオン性界面活性剤(B)とアニオン性界面活性剤(C)との合計量が10〜50質量部であり、
かつ、ノニオン性界面活性剤(B)とアニオン性界面活性剤(C)との質量比(B)/(C)が3以上である。 (もっと読む)


【課題】樹脂の破損による接合部の破損がなく、また成形性にも優れた多層接着シートを提供する。
【解決手段】金属シートの少なくとも片面に、機能の異なる熱硬化性樹脂のA層と熱硬化性樹脂のB層とを有する多層接着シートであって、該A層上に該B層を有し、かつ該B層がフェノール性水酸基含有芳香族ポリアミド−ポリブタジエン−アクリロニトリル共重合体を含有する多層接着シート。 (もっと読む)


【課題】被着体であるフィルムの加工時には、被着体と確実に密着することができ、加工前後においては容易に剥離できる程度の適度な密着力を示すことができる冷却剥離型粘着剤組成物を提供する。
【解決手段】下記粘着力試験における粘着力が40〜100℃の温度領域において最大値を示し、前記最大値が0.4N/cm以上である冷却剥離型粘着剤組成物を提供する。粘着力試験: PETフィルムの表面に、膜厚7μmの冷却剥離型粘着剤が配設された冷却剥離型粘着シートを幅10mm、長さ250mmに切断し、粘着層に、厚さ4.2μmのアラミドフィルムを貼り付け、押圧力2kg、速度300mm/分の条件でゴムローラーを一往復させ圧着して試験片とする。この試験片を所定温度、湿度65%RH下、引張速度300mm/分で、180°方向に試験片からアラミドフィルムを引き剥がした際の剥離力を前記所定温度での粘着力とする。 (もっと読む)


【課題】フレキシブルプリント基板と補強シートとの十分な接着強度を確保することができ、信頼性の高い回路基板を製造することが可能な再剥離性粘着シート等及びこれらを用いたフレキシブルプリント基板等の製造方法を提供する。
【解決手段】下記接着強度試験による接着強度が0.3N/25mm以上である再剥離性粘着剤及び再剥離性粘着シート。
接着強度試験:
(1)幅25mm、長さ250mm、厚さ50μmのPETフィルムの表面に膜厚7μmの粘着層を備えた再剥離性粘着シートの粘着層に、厚さ25μmのブチルアクリレート系接着シート及び厚さ175μmのポリイミドフィルムを積層し、180℃、200kg/cm2で30分間加熱・加圧して試験片とする。
(2)試験片を温度23℃、湿度65%RHで20分間放置した後、引張速度300mm/分で180°方向に、前記試験片から再剥離性粘着シートを引き剥がす際の接着強度を測定する。 (もっと読む)


61 - 70 / 81