説明

ソマール株式会社により出願された特許

71 - 80 / 81


【課題】 電圧印加耐湿性、耐ヒートサイクル性に優れ、ギャップ侵入性が高く、基板のフラックス残さによるハジキが発生しない電子部品保護用エポキシ樹脂組成物、及びそれを用いた車載用等の半導体装置を提供する。
【解決手段】 (A)常温で液状のビスフェノールF型エポキシ樹脂、(B)潜在性N含有硬化剤、(C)球状シリカ充填剤、(D)シランカップリング剤、(E)界面活性剤からなるエポキシ樹脂組成物であって、該球状シリカ充填剤が、平均粒径8〜10μmのものが70〜90重量%、平均粒径1〜3μmのものが30〜10重量%の混合物で、その配合量が55〜75重量%であることを特徴とする電子部品保護用エポキシ樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】加熱処理前は被着体との十分な接着性を発揮するとともに、加熱処理後は余分な力を加えることなく被着体から容易に剥離可能であり、かつ、より効率的に被着体を加工することのできる再剥離製粘着シートを提供する。
【解決手段】熱膨張性微小球及び粘着剤を含む粘着剤組成物からなり、少なくとも一方の表面が被着体との接触面である再剥離性粘着シートである。粘着剤組成物が、粘着付与樹脂を更に含み、その厚みが35〜55μmであるとともに、60℃におけるポリイミドフィルムに対する180°剥離力が、1.5〜4.5N/25mmであり、かつ、接触面の面積(S1)に対する、熱膨張性微小球の熱膨張温度+20〜60℃の温度で加熱した場合における接触面の面積(S2)の比の値が、(S2)/(S1)=2.0〜4.0である。 (もっと読む)


【課題】 被着体を加工する際に、加工性、搬送性等を向上させるためにシートを貼り付け、加工等が終了し、不要となった場合には容易に剥離でき、しかも加熱プレス処理加工後でもカールやシワの発生のない被着体の加工方法、及び該加工方法に用いる粘着シートを提供する。
【解決手段】 基材フィルムの片面に粘着剤層を有する粘着シート(a)の該粘着剤層側に被着体(b)を貼り付け後、該被着体を加工する被着体の加工方法において、該粘着シート(a)と該被着体(b)とを各々30℃から170℃まで加熱後、170℃から30℃まで冷却したときの該(a)の冷却工程での熱収縮量Aと該(b)の冷却工程での熱収縮量Bとの関係がA≧Bを満足するものであることを特徴とする被着体の加工方法。
また、粘着シートは前記熱収縮量Aと前記熱収縮量Bとの関係がA≧Bを満足するものである、上記被着体の加工方法において用いる粘着シート。 (もっと読む)


【課題】
脱墨古紙パルプ等の微細パルプ繊維を多量に含む製紙原料スラリーを用い、製造マシンにピッチが付着することなく、しかも白色度に優れ、紙上の欠点発生がない高品質の紙を高い歩留りで得ることができ、特に古紙の再利用に適した紙の製造方法、及び該方法に用いる製紙用助剤を提供する。
【解決手段】
40メッシュ(孔径355μm)通過微細パルプ繊維を全パルプ成分中35質量%以上、および填料を含有するパルプ含有水性スラリーに、粘度平均分子量が100,000〜1,000,000のカチオン性ポリマーからなる製紙用助剤をパルプ成分に対し濃度が50〜1000ppmの範囲内になるように配合した製紙原料スラリーを脱水してシートを形成後、該シートを乾燥することを特徴とする紙の製造方法。
また、粘度平均分子量が100,000〜1,000,000のカチオン性ポリマーからなることを特徴とする、上記紙の製造方法において用いる製紙用助剤。 (もっと読む)


【課題】 B型粘度が低く、ハイシェア粘度が高く、良好な流動性を付与することができ、しかも保水性付与特性にも優れた流動性改質剤、及び該流動性改質剤を含む塗工の高速化が可能な紙塗工液、並びに該紙塗工液を用いた嵩高で平滑性の高い良好な品質を有する塗工紙を提供する。
【解決手段】 下記式(1)で示され重量平均分子量が4.0×10〜5.0×10であるアクリル系共重合体のW/O型エマルジョンからなることを特徴とする流動性改質剤。
【化1】


(式中、m、nはそれぞれ正の整数を表わす。)
少なくとも顔料及びバインダーを含む混合原料に対して、流動性改質剤を添加してなる紙塗工液であって、該流動性改質剤が、上記に記載の流動性改質剤であることを特徴とする紙塗工液。 (もっと読む)


【課題】広範囲の抗菌スペクトルを有し、多くの微生物に対して良好な繁殖抑制効果を示し、抗菌活性を維持するための薬剤添加量を従来と同量以下にしうると共に、持続性及び速効性に優れた有害微生物撲滅剤を提供する。
【解決手段】(A)2‐メチル‐3‐イソチアゾロンと(B)2‐ブロモ‐2‐ニトロプロパン‐1,3‐ジオールとを(A)成分と(B)成分が重量比で1:0.5ないし1:10の割合で含有した有害微生物撲滅剤とする。 (もっと読む)


【課題】フレキシブルプリント基板と基板補強材との十分な接着強度を確保することができ、信頼性の高い実装基板を製造することが可能なフレキシブルプリント基板及び実装基板の製造方法を提供する。
【解決手段】ポリエステル由来成分の移行を防止するための遮断膜であって、アクリル系樹脂由来の樹脂組成物を含有し、その樹脂組成物が、(A成分)官能基として水酸基及び/又はカルボキシル基を有するアクリル系樹脂と、(B成分)A成分の水酸基及び/又はカルボキシル基と反応し得る架橋剤と、の反応生成物からなり、A成分の水酸基価と酸価の総和が10〜100mgKOH/gであり、A成分と、A成分の水酸基価と酸価の総和に対し、0.8〜2.0当量のB成分とを反応せしめたものである遮断膜。 (もっと読む)


【課題】パッキン等として使用されるシート状弾性基体の硬度等の各種物性を変化させず、充分な追従性を発現できる程度に接合できるように転写可能で、かつ所定の表面抵抗値を発現し得る導電層を備える導電性シート状弾性体を提供する。
【解決手段】シート状弾性基体12と、このシート状弾性基体12の少なくとも一方の表面に積層させた導電層14とからなる導電性シート状弾性体において、この導電層14はベース樹脂15と、該ベース樹脂15中に分散させた導電剤16とからなり、導電性シート状弾性体の最大点伸度/破断点伸度が0.95以上に設定されている。 (もっと読む)


少なくとも顔料、バインダー、及び流動性改質剤を含む紙塗工液である。流動性改質剤が、(a)成分(アクリル酸単位及びメタクリル酸単位の中から選択される少なくとも一の構成単位(構成単位A)、並びにアクリル酸エステル単位及びメタクリル酸エステル単位の中から選択される少なくとも一の構成単位(構成単位B)からなる共重合体)、(b)成分(構成単位A、構成単位B、及び所定の構成単位Cからなる共重合体)、及び(c)成分(増粘剤及び/又は保水剤(但し、(a)成分と(b)成分を除く)からなる群より選択される二以上の成分を含む(但し、(a)成分、又は(b)成分を必ず含む)ものであり、保水性が向上されて粘性が増しているにもかかわらず流動性も向上され、高速塗工可能な紙塗工液である。 (もっと読む)


【課題】 カメラ内部の信号伝達手段に用いられるフレキシブルプリント基板に起因する漏光の反射によるフレアやゴーストなどを防止するために、フレキシブルプリント基板の反射を効果的に防止することである。
【解決手段】 フレキシブルプリント基板の一部又は全面に、合成樹脂バインダー100重量部中に(A)平均粒径15〜50μmの合成樹脂微粒子と(B)平均粒径1.0μm以下のカーボンブラック微粒子とを重量比10:1ないし1:5の割合で、かつそれらの合計量が20〜500重量部になるように分散させて成る反射防止層を設けるか、又は前記反射防止層を有する反射防止用フィルムを貼付する。 (もっと読む)


71 - 80 / 81