説明

ハリソン東芝ライティング株式会社により出願された特許

31 - 40 / 995


【課題】それぞれの光照射源に略均一に冷却風を送風可能な光照射装置を提供する。
【解決手段】光照射装置は、内部に細長い空間21を備える長尺の給気側ボックス2と、出風口41を備え、出風口41から空間21に冷却媒体を供給可能なように、給気側ボックス2に接続された給気ダクト4と、空間21の長手方向に沿うように配置されたUV照射モジュール51〜57(光照射源)を具備している。さらに、給気側ボックス21は、空間21の長手方向に沿うように設けられた分岐ダクト61〜67と、分岐ダクト61における空間21の高さH1を、分岐ダクト62における空間21の高さH2よりも低くするように設けられた傾斜面23をさらに備えているとともに、給気ダクト4の出風口41は、傾斜面23に向かって冷却媒体を送風するように、空間21の長手方向の端部に配置されている。 (もっと読む)


【課題】紫外線の照射エネルギーを維持する紫外線照射装置を提供する。
【解決手段】実施形態によれば、保持部、光源ヘッド、駆動部、測定部及び制御部を備えた紫外線照射装置が提供される。保持部は、紫外線反応性の樹脂を含む被処理体を保持する。光源ヘッドは、樹脂に紫外線を照射する複数の光源を有する。駆動部は、保持部及び光源ヘッドの少なくともいずれかを、光源ヘッドから保持部に向かう第1軸と、第1軸に対して垂直な複数の軸と、に沿って相対的に移動させる。測定部は、光源から放射される紫外線の強度を測定する。制御部は、複数の光源が紫外線を樹脂に照射する際に、駆動部に、測定部により測定された紫外線の強度が第1値のときは、光源と樹脂と間の第1軸に沿う距離を第1距離に設定させ、強度が第1値よりも低いときは、上記の距離を第1距離よりも短く設定させる。 (もっと読む)


【課題】青色発光層には蛍光発光材料を使用し、赤および緑色発光層には燐光発光材料を使用した有機電界発光素子において、高い発光効率で白色発光を得る。
【解決手段】実施形態によれば、陽極12および陰極17と、前記陽極12と前記陰極17の間に配置された、前記陽極12側の赤および緑色発光層14aならびに前記陰極17側の青色発光層14cと、前記赤および緑色発光層14aと前記青色発光層14cの間に配置されたスペーサー層14bとを具備する有機電界発光素子10が提供される。前記赤および緑色発光層14aに含まれる赤色燐光発光材料および緑色燐光発光材料のHOMOと前記スペーサー層14bを構成する正孔輸送性材料のHOMOがほぼ同じエネルギー準位にある。前記スペーサー層14bにおける前記正孔輸送性材料のHOMO−LUMOギャップは、前記青色発光層14cに含まれる青色蛍光発光材料のHOMO−LUMOギャップより大きい。前記スペーサー層14bの厚さは、3〜5nmである。 (もっと読む)


【課題】被処理パネルに光を照射する実用的な液晶パネル製造装置及び液晶パネルの製造方法を提供する。
【解決手段】実施形態によれば、処理槽と、光照射部と、液体除去部と、を備えた液晶パネル製造装置が提供される。前記処理槽は、内部に液体を溜め、光重合性材料と液晶組成物とを含む液晶層を含む被処理パネルを前記液体中に収容する。前記光照射部は、前記処理槽の前記内部に収容された前記被処理パネルに、前記光重合性材料が重合する光を照射する。前記液体除去部は、前記被処理パネルのうちで少なくとも前記液体から取り出された部分に付着した前記液体を除去する。 (もっと読む)


【課題】均一な条件で光を照射できる液晶パネル製造装置及び液晶パネルの製造方法を提供する。
【解決手段】実施形態によれば、処理槽と、窓部と、液体流動部と、光照射部と、を備えた液晶パネル製造装置が提供される。前記処理槽は、内部に液体を溜め、光重合性材料と液晶組成物とを含む液晶層を含む被処理パネルを前記液体中に収容する。前記窓部は、前記処理槽に付設され、前記液体に接し、透光性である。前記液体流動部は、前記被処理パネルと前記窓部との間の前記液体を前記被処理パネルの主面に沿って流動させる。前記光照射部は、前記処理槽の前記内部に収容された前記被処理パネルに、前記窓部を介して、前記光重合性材料が重合する光を照射する。 (もっと読む)


【課題】導光方向に沿って均一かつ効率よく発光可能な発光装置を提供する。
【解決手段】実施形態の発光装置は、第1の光源と、導光体と、発光層と、第1の反射層と、を有する。前記導光体は、前記第1の光源からの出力光が入射する第1の端面と、入射した前記出力光の導光方向に設けられた第2の端面と、を有する。前記発光層では、前記出力光を吸収し波長変換光を放出可能な蛍光体粒子あるいは前記出力光を拡散させる光拡散剤が前記導光方向に沿って配置される。前記第1の反射層は、前記第2の端面に設けられ、前記導光体内を導かれた前記出力光の一部を反射可能である。また、前記発光層からの拡散光を、前記導光体の外部に放出することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】複数のLEDが実装された短冊状セラミック基板とフレームあるいは放熱板を接合した場合にも、セラミック基板の歪や応力の発生を抑えた光源ユニットを実現する。
【解決手段】複数のLED13が実装された短冊状セラミック基板11とそれにセラミック基板11とは熱膨張係数の異なるコバールまたは鉄系の金属基板12を、フィラー入りの熱硬化性の樹脂接着剤14で接合するようにした。 (もっと読む)


【課題】LED光源からの放出光を原稿に対して異なる方向から効率的に照射する。
【解決手段】扁平な導光部材32の入射面321からLED12の放出光120を入射させ、入射面321の反対面を傾斜させて第1出射面322を形成する。第1出射面322は、導光部材32に入射された放出光120を、原稿の読取り対象領域101を照射する直接照射光Aとして放出させる。第1出射面322は、導光部材32に入射された放出光120の一部を、反射させて裏側面32bに設けた第2出射面領域323から反射間接照射光Bとして放出し、反射板13でさらに角度を変え直接照射光Aと異なる方向から原稿の読取り対象領域を照射する。直接照射光Aと反射間接照射光Bは導光部材32より異なる方向に分離された状態で放出され、放射照射光Aと反射間接照射光Bの境界と外側の原稿の読取り対象領域の照射に寄与しない光量を抑え、原稿10に対して異なる方向の放射光Aと反射光Bとの効率的な照明光を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】紫外線透過率の悪い被処理水に対しても、紫外線による水処理を確実かつ効率よく行うことが可能な紫外線照射装置を提供する。
【解決手段】紫外線照射装置100は、紫外線透過性の窓部材19および被処理水を満たす内部空間16を備えるとともに、内部空間16の高さ方向に可動可能な底部21を備える処理容器12と、窓部材19に対向配置され、窓部材19を介して内部空間16に紫外線を照射する紫外線ランプ14と、処理容器12内に配置され、被処理水を介して紫外線ランプ14からの紫外線を受光する紫外線センサー26と、紫外線センサー26が受光した紫外線量に基づき、底部12を移動させ、内部空間の高さを調整する制御部31と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】紫外線照射モジュールを複数配置しても、実用に供する均斉度を実現する。
【解決手段】ランプハウス11内に、マイクロ波を発生するマグネトロン132および導波管152、それにマイクロ波による励起に基づき紫外線を発光することが可能な放電媒体が封入された無電極ランプ12を配置する。無電極ランプ12から照射される紫外線は、直接それに平板状の反射板211,212で反射させて被照射体に照射させる。無電極ランプ12に対する反射板211.212は、垂直方向に36±2°の角度αで左右の位置にそれぞれ取り付ける。このように構成された紫外線照射モジュールを複数並べて配置した場合に、均斉度の向上を図ることのできる大面積照射が可能となる。 (もっと読む)


31 - 40 / 995