説明

ハリソン東芝ライティング株式会社により出願された特許

881 - 890 / 995


【課題】蛍光ランプを温度ムラやたわみが生じないように固定した照明装置を提供する。
【解決手段】並列に配置される複数の蛍光ランプ1と、反射板2の表面に各蛍光ランプ1に対応して設けられ、蛍光ランプ1の軸方向に沿った接触面を備えた固定用リブ3とを備え、各蛍光ランプ1をそれぞれの固定用リブ3の接触面に固定する。 (もっと読む)


【課題】 ガラス管の内壁に形成される蛍光体層の膜厚が管の軸方向で不均一になるのを防止できる冷陰極蛍光ランプの製造方法を提供する。
【解決手段】 蛍光体溶液2の塗布工程後においては、ガラス管1を傾けた状態で乾燥機3により蛍光体溶液を乾燥させる。このように、ガラス管1を傾けた状態で蛍光体溶液を乾燥させる工程を設けたことで、ガラス管1内の蛍光体溶液の流動性を低くできるので、ガラス管1の内壁に形成される蛍光体層の膜厚が管の軸方向で不均一になるのを防止できる。 (もっと読む)


【課題】放電装置の電子放出効率を向上させることを課題とする。
【解決手段】放電装置1は、透光性を有する中空体2と、この中空体2の内部に設けられた蛍光層3と、この中空体2の内部に封止された放電ガス4と、この放電ガス4に電圧を印加するため、中空体2の内部又は外部に配置された、少なくとも一対の電極5と、中空体2の内部に設けられたナノダイヤモンド7とを備える。また、電極5を、中空体2の外部に配置し、ナノダイヤモンド7を、中空体2の内面における、中空体2を介して電極5と対向する位置に配置する。 (もっと読む)


【課題】 筒状の冷陰極の底部及びその近傍の早期消耗等を防止できる冷陰極蛍光ランプを提供する。
【解決手段】 冷陰極蛍光ランプ1では、絶縁材であるガラスビーズで底部5を形成したので、底部には電流が流れなくなり、それにより、電流による底部やその近傍の早期消耗、穴あきや亀裂等の損壊、導電線の断線を防止できる。 (もっと読む)


【課題】蛍光管の品種に応じた調節を行う必要のない蛍光管投入ホッパーを提供する。
【解決手段】複数の蛍光管1を積み重ねた状態で支持する支持部材21の底部に傾斜を設けるとともに、傾斜の最下部に蛍光管が1本ずつ入る幅の縦溝25を設ける。この構成により、品種が異なる蛍光管が混入しても縦溝25の最下部に位置する取出口27から蛍光管を1本ずつ取り出せるようにする。縦溝25は、その幅を蛍光管の最大外径よりも大きく、その幅の1/2を蛍光管の最小外径よりも小さく設定する。縦溝25の取出口27には、引張ばね23a,23bによりストッパー24a,24bを回動可能に固定し、縦溝25の最下部に位置する蛍光管に下方への引張力がかかったときにその引張力によってストッパー24a,24bが回動して取出口27が開くようにする。 (もっと読む)


【課題】発光素子の外囲器における放熱効率を改善する。
【解決手段】リードフレーム11に発光素子1aの下面の電極を接続し、別のリードフレーム12に発光素子1a’の下面の電極を接続する。この構成により、発光素子1aの発する熱はリードフレーム11を通じて放熱され、発光素子1a’が発する熱はリードフレーム12を通じて放熱されるようになり、放熱効率が向上する。 (もっと読む)


【課題】 屈曲蛍光ランプを複数本並設したバックライトユニットにあって、拡散板や拡散シートに輝度均一化の対策を施さなくとも各ランプの管屈曲部の保持構造にて当該館屈曲部での輝度分布の均一化が図れるようにする。
【解決手段】 U字型あるいはコ字型の管屈曲部1Aをもつ蛍光ランプ1を反射ケース104内に複数本並列に配置したバックライトユニットにおいて、蛍光ランプ各々の管屈曲部を反射ケースから延出している屈曲部保持部材122にて保持させ、蛍光ランプ各々の点灯時に当該管屈曲部からの光を遮光するようにした。 (もっと読む)


【課題】点灯開始時の異常状態を正確に測定可能な高圧放電灯の点灯装置を提供すること。
【解決手段】 本発明の点灯装置は、高圧放電灯に印加される電圧を計測する電圧計測手段により前記高圧放電灯の点灯開始から所定時間おいて測定された電圧から前記高圧放電灯の点灯開始時に測定された電圧を差し引いた電圧が、所定電圧より低い場合に前記高圧放電灯の点灯を停止する。 (もっと読む)


【課題】 処理すべき流体の汚染度あるいは流量に応じた駆動電力の供給により、流路全体に対して殺菌効果を発揮し得る無電極放電ランプ装置を提供すること。
【解決手段】 水銀又は希ガスを封入した放電管2と、この放電管2の外周部に巻回され、それぞれ異なる点灯領域を構成する複数の独立した励磁コイル3、4と、これらの励磁コイルに高周波電流を供給する高周波電源11、13と、この高周波電源の出力電流を前記複数の独立した励磁コイル3、4に選択的に供給する切替回路12とを備えたことを特徴とする無電極放電ランプ装置。 (もっと読む)


【課題】複数の発光素子を配置したときの放熱性が良好かつ光量取出し率が高い発光素子の外囲器を提供する。
【解決手段】 発光素子5Bは発光の際に発熱するが、拡散反射面221の途中に棚23を形成したことで、発光素子同士が離れるので、放熱性が良好であり、発光素子の温度上昇を低く抑えることができる。また、棚23を形成したことで、棚23より上側(外側)の拡散反射面221だけでなく、棚23より下側(内側)の拡散反射面221においても光が反射するので光量取出し率を高くできる。 (もっと読む)


881 - 890 / 995