説明

ハリソン東芝ライティング株式会社により出願された特許

921 - 930 / 995


【課題】 冷陰極蛍光ランプ等の蛍光ランプから発生した熱を、良好に放熱して発光効率の低下を防止したバックライト装置を提供すること。
【解決手段】 蛍光ランプ7を保持し、導光板9とリフレクタ8またはケース4とに外表面が弾性的に接しているランプホルダ14の外表面に、複数の凹凸部(放熱フィン)16、16a、16bを形成する。 (もっと読む)


【課題】 光軸方向に大型化させることなく、少ないエネルギーロスで、被照射部に高照度な光を照射することのできる光照射装置を提供する。
【解決手段】 LED20の出射平面20aに片凸レンズ7の入射平面7aを密着して固着させることにより、LED20から広角に出射する光を、片凸レンズ7に漏れなく入射させる。そして、LED20から入射した光を片凸レンズ7によって所定の狭角に絞り込むことにより、光照射装置1を光軸方向に大型化させることなく、少ないエネルギーロスで、被照射部に高照度の光を照射する。 (もっと読む)


【課題】環境負荷の大きい水銀を用いないで水銀を封入したのとほぼ同等の電気特性および発光特性を有するとともに直流点灯により色むらが少ないメタルハライド放電ランプ、これを用いたメタルハライド放電ランプ直流点灯装置および照明装置を提供する。
【解決手段】メタルハライド放電ランプは、第1のハロゲン化物がNa、Scおよび希土類金属の1種または複数種のハロゲン化物であり、第2のハロゲン化物がMg、Fe、Co、Cr、Zn、Ni、Mn、Al、Sb、Be、Re、Ga、Ti、ZrおよびHfの1種または複数種の金属のハロゲン化物であり、希ガスを含む放電媒体を具備し、直流で点灯するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】 音響的共鳴現象を利用して放電アークを重力誘導対流に反してほぼ直線状に矯正するように点灯する場合に、水銀を含まない放電媒体が気密容器の内面に付着することによって発光効率の向上が得られるとともに色特性の低下を生じにくくしたメタルハライド放電ランプおよびこれを点灯するメタルハライド放電ランプシステムを提供する。
【解決手段】 メタルハライド放電ランプMHLは、耐火性で透光性の気密容器1と、一対の電極1bと、ハロゲン化物および希ガスを含んで気密容器内に封入された放電媒体とを具備し、本質的に水銀が封入されていないで、かつ、放電媒体の放電アークが音響的共鳴現象を利用して電極間を結ぶ直線方向に矯正されるように点灯されるとともに、気密容器1内に封入したハロゲン化物が気密容器1の上部に付着した面積をA(mm)とし、同じく気密容器1の下部に付着した面積をB(mm)としたとき、A/B≦0.3を満足する。 (もっと読む)


【課題】 ランプ装置の接続固定強度の向上、点灯時温度の低下、コストダウンがはかれるとともに、近時、用途が多様化されているランプ装置をプリント配線基板に限らず、種々の箇所において容易に取着することが可能なランプ装置およびランプ点灯装置を提供することを目的とする。
【解決手段】 ガラスバルブ2の内部にリード線3,3に接続したフィラメント4を配設し、端部に封止部21を形成したランプ1と、上方側5aの中央部にランプ1のバルブ装着孔52が設けられ、この上方側5aに連設された薄肉の直方体をなす下方側5bを有し、上方側5aまたは下方側5bの対向する外側面の対称位置に係合用凹部56が形成されていて、装着孔52に装着されたランプ1の導出した一対のリード線3,3,を底部57から延出して相反する外側面に添設したソケット5とを備えたランプ装置5およびこのランプ装置5を装着したランプ点灯装置である。 (もっと読む)


【課題】電子ボリュームを用いて、外部からの調光データによる調光を可能にする。
【解決手段】電子ボリューム4は、外部からの調光データを取込んで、可変抵抗値を調光データに基づいて変化させる。電力制御及び信号処理部1の制御端には、抵抗R1及び可変抵抗値に基づくレベルが供給されており、電力制御及び信号処理部1は制御端のレベルに応じた直流電圧を発生する。電力制御及び信号処理部1の出力直流電圧に基づくランプ電圧が発生して、ランプ3が点灯する。即ち、ランプ3は外部からの調光データに基づくものとなり、ユーザによる煩雑な調光操作を必要とすることなく、外部信号による調光が可能である。 (もっと読む)


【課題】
閃光放電ランプやショートアーク型放電ランプなどの放電ランプに好適な含浸型電極およびこれを備えた放電ランプを提供する。
【解決手段】
含浸型電極Eは、その電極主部1が高融点金属、例えばタングステン(W)、モリブデン(Mo)およびタンタル(Ta)などの粉末を焼結してなり、相対密度M(%)が数式50≦M≦75を満足する焼結体1aと、焼結体1a中に含浸されたエミッタ1bとを具備している。焼結体1aは、高融点金属の粒子(結晶)1a1の間に空孔1a2が形成され、空孔1a2内にエミッタ1bが含浸されている。
また、焼結体1aは、焼結後の平均粒径が40μm以上に形成されている。 (もっと読む)


【課題】発光素子の外囲器について製造コストの上昇を抑制し、且つ発光素子の光の広角化を実現する。
【解決手段】発光素子の外囲器10は、開口部21の周囲に開口部21の外へ向い、且つ側部が開口部21の中心方向に傾斜した状態で固定された複数の間隙25を備えたガイド24を有し、ガイド24を、開口部21の周囲に一端が固定された複数の支持部22と支持部の他端を固定する留め部23とで構成し、ガイド24に備えた間隙25を、透明樹脂30の硬化前の液相において、表面張力により透明樹脂30が外部に滲出しない範囲を支持部22間の間隔で規定したことで、透明樹脂30を加工するための製造工程を加えることなく、一回の注入で透明樹脂30を筐体20の外部に突出させることができ、開口部21の底に配置された発光素子1からの光を、透明樹脂を媒体として、開口部の上方向及び、ガイドの側面から放射させることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】 照射対象に対し輪郭部が鮮明な均一照度の光を照射することのできる照明装置を提供する。
【解決手段】 フライアイレンズ23の入射面側に遮光マスク24を対向配置する。この遮光マスク24によって、フライアイレンズ23が入射光を設定距離C離れた照射面50に照射する場合に、中心部に位置する基準レンズ部23bが照射面50に照射する光と重畳しない領域に他のレンズ部23bが光を照射することを禁止するよう各レンズ部23bに入射する光を個別に制限する。これにより、照明装置1は、設定距離C以上の照射距離において、照射対象に対し、輪郭部が鮮明な均一照度の光の照射を実現する。 (もっと読む)


【課題】 分割された全放電空間で均一に発光できる平面形放電ランプを提供する。
【解決手段】 透光性の前面基板1と背面基板2とが対向配置され、内部が気密に封止された面状放電容器に放電媒体を封入し、前面基板と背面基板との少なくとも一方の内側に蛍光体層4を形成し、面状放電容器の端部に沿って互いに平行に第1電極6a、第2電極6bを設置し、前面基板と背面基板との間で第1電極と第2電極とに対して垂直方向へ所定の間隔を有するようにスペーサー5を配置して第1電極と第2電極との間の内部空間を複数の放電空間7に分割した平面形放電ランプ10にあって、複数のスペーサーによって分離された放電空間の少なくとも一端部を隣りの放電空間と放電が繋がらないように閉塞した。 (もっと読む)


921 - 930 / 995