説明

ピアス株式会社により出願された特許

31 - 40 / 49


【課題】化粧料などに用いた場合に、良好な使用感を発現させうる水性ゲルを提供する。
【解決手段】一般式(1):


で示され、GPCにより測定される重量平均分子量が4000〜2000000である化合物であり、該化合物中におけるアシル基の含有率が、0.1〜50.0%である両イオン性両親媒性高分子化合物と、アニオン性高分子化合物との複合体を含有する水性ゲル。 (もっと読む)


【課題】伸展刺激介在メラニン生成に関する被験物質による効果を評価することができる手段を提供すること。
【解決手段】被験物質の存在下かつ伸展刺激負荷下におけるメラノサイトの培養を行なうステップ、生成したメラニンの量を測定するステップ、および測定されたメラニンの量と、被験物質の非存在下かつ伸展刺激負荷下に培養されたメラノサイトにより生成されたメラニンの量とを比較するステップ、を含む、伸展刺激介在メラニン生成の制御物質の評価方法;ならびに被験物質を、該評価方法に供し、該被験物質をシミ形成阻害物質として選別する、シミ形成阻害物質のスクリーニング方法。 (もっと読む)


【課題】表皮におけるヒアルロン酸量を増大させるという効果、ひいては角層においてもヒアルロン酸の産生促進の効果を示し、また肌荒れやしわの発生を防ぐ効果の実効性を有し、安全性及び使用感に優れた皮膚外用剤、化粧料、医薬部外品、肌荒れ改善剤、しわ改善剤として使用されるヒアルロン酸産生促進剤を提供することを課題とする。
【解決手段】ヒアルロン酸産生促進剤に、アスパラガス抽出物、又はブッチャーブルーム抽出物の少なくとも1種を含有させたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】白髪予防及び改善効果に優れた皮膚外用剤及び化粧料を提供することを課題とする。
【解決手段】白髪予防・改善剤に、アルテミア抽出物を含有させたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】炎症後色素沈着の優れた予防・改善作用を有する炎症後色素沈着の予防・改善剤、及びそのような予防・改善剤を配合した化粧料、医薬部外品、医薬品を提供することを課題とする。
【解決手段】アルテロモナス属微生物の抽出物若しくは発酵生成物、又はアファニゾメノン属微生物抽出物の少なくともいずれかを含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】炎症後色素沈着の優れた予防・改善作用を有する炎症後色素沈着の予防・改善剤、及びそのような予防・改善剤を配合した化粧料、医薬部外品、医薬品を提供することを課題とする。
【解決手段】アルギン酸オリゴ糖、アルギン酸オリゴ糖の塩、アルギン酸オリゴ糖と金属イオンとの錯体、又はアルギン酸オリゴ糖の塩と金属イオンとの錯体、ローズマリー抽出物、ダイズ抽出物、ダイズ発酵物、緑藻類抽出物、又は柑橘類抽出物の少なくともいずれかを含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 エステティックサロン用製剤と、その製剤をエステティックサロンにおいて施術すべく使用するための方法に関し、加齢による肌の小じわやたるみ等を改善することができ、またシミ、クスミ、色むらを改善できる等の美白効果を有し、しかも使用、施術をより簡易に行うことのできるエステティックサロン用製剤及びその使用方法を提供することを課題とする。
【解決手段】 ビタミンC若しくはその誘導体5.0〜50.0質量%、及びビタミンE若しくはその誘導体0.01〜5.0質量%を含有するオイル塗布剤と、アミノ酸0.01〜10.0質量%を含有するパック剤とからなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 優れた脱毛防止効果や発毛効果等の養毛効果を有する毛成長サイトカインの産生調整剤、及びそのサイトカインの産生調整剤を配合した養毛剤に関し、脱毛防止効果や発毛効果に優れた養毛剤を提供することを課題とする。
【解決手段】 藍藻類、又はその加水分解物を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 皮膚細胞に作用することにより、コラーゲン、ラミニン等の細胞外マトリクスを構成しているタンパク質の合成能を向上させ、或いはメラニン合成能を抑制する等、皮膚老化に関連のあるタンパク質や色素等の成分の産生を調整する産生調整剤と、
そのような産生調整剤を配合して優れたシワ抑制効果や色素沈着等の抑制効果を有する皮膚老化防止用外用剤に関し、低分子化された成分を直接皮膚細胞に作用させることにより、コラーゲンやラミニン等の細胞外マトリクスを構成するタンパク質の合成を促進させ、或いはメラニンの生成を抑制し、それによって老化による皮膚のシワやシミ・ソバカスの発生を予防し、或いは発生したシワ、シミ・ソバカスを軽減させて、滑らかでみずみずしく若々しい肌を実現させる皮膚老化防止用外用剤を提供することを課題とする。
【解決手段】 藍藻類の加水分解物を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 着用者の頭髪のうち利用できるものは残存させ、薄くなっている部分のみを補填する、いわゆる部分ウィッグと称されるものであって、人毛を素材とするウィッグと、そのようなウィッグを製造する方法、並びにそのような人毛を素材とするウィッグを染毛する方法に関し、染毛後の毛髪の色が暗くなることがなく、自髪に染毛する場合と同様の明るさの色に染毛することができ、たとえば美容室等でウィッグを顧客に施術するような場合でも、顧客である着用者の頭髪の色に適合するような染毛剤を選択して染毛することができ、着用者の要望に合致した毛髪の色のウィッグを提供することを課題とする。
【解決手段】 使用者の頭髪に着脱自在に取り付けられるウィッグにおいて、毛髪2が人毛で構成され、且つ前記毛髪2は、L*a*b*表色系(JIS Z 8729)のL*値が20.0〜45.0となるように脱色されていることを特徴とする。 (もっと読む)


31 - 40 / 49