説明

ファミリー株式会社により出願された特許

71 - 80 / 175


【課題】使用者の着座姿勢を判別して適切なマッサージを行う椅子型マッサージ機を提供することを目的とする。
【解決手段】使用者が着座可能な座部2と、該座部2の後方に設けられる背凭れ部4と、使用者の身体部位を施療する施療部6と、該施療部の動作を制御する制御部7が設けられた椅子型マッサージ機1であって、前記施療部6は、使用者の身長方向に所定範囲内で上下動可能に設けられ、使用者の身体部位の前記背凭れ部4への当接度合の変化を検出する当接検出センサ70を備え、前記施療部6の可動範囲内における所定位置での当接検出に基づいて、使用者の着座姿勢を判別する着座姿勢判別手段を有している。 (もっと読む)


【課題】 被施療者の体格や好みの姿勢に応じて適切に腕部を支持可能なアームレストを備える椅子型マッサージ機を提供する。
【解決手段】 椅子型マッサージ機1が備えるアームレスト4は、肘置き部10とベース部9とを有し、上下方向へ延びる回動軸部15aを中心として、肘置き部10がベース部9に対して幅方向へ回動可能に構成されている。 (もっと読む)


【課題】枕部に配設した施療具で高い施療効果を得ることができるマッサージ機を提供する。
【解決手段】
枕部5に、肩外エアセル21、肩内エアセル22、肩下エアセル23、及び首エアセル20を配設し、これらエアセルを互いに独立して制御することで被施療者の複数箇所に施療を施す。 (もっと読む)


【課題】背凭れ部に設けられて被施療者の背部を施療する昇降可能な施療具と、座部に着座した被施療者の所定部位を施療すべく設けられた施療具とを配設した場合に、枕部の位置が変更されてもこれら両施療具による施療動作を被施療者へ対応させることができるマッサージ機を提供する。
【解決手段】背凭れ部3に設けられて被施療者の背部を施療する昇降可能な揉み玉7と、座部1に着座した被施療者の所定部位を施療すべく設けられた各エアセルとを制御する制御部9を、両施療具の施療動作を枕部5の位置に応じて制御するように構成する。 (もっと読む)


【課題】 被施療者の腕部に対する施療位置を自動的に変更可能な椅子型マッサージ機を提供する。
【解決手段】 椅子型マッサージ機1が備えるアームレスト4は、肘置き部10と、肘置き部10を支持すべく前後方向へ延びるクランクシャフト43と、クランクシャフト43を駆動するエアセル30fとを有し、肘置き部10は、駆動部30fによってクランクシャフト43が軸芯43d回りに回動するのに伴って回動するよう構成されている。 (もっと読む)


【課題】使用者に新たな体感を与えることができる椅子型マッサージ機を提供する。
【解決手段】上面に座面7aを有する座部1と、使用者の上半身を支持する背凭れ部とを備えている。座部1は、座部フレーム8にアーム部材17によって左右動可能に取り付けられており、駆動部12によって左右動する。アーム部材17は、座面7aの右端部41が左端部40よりも高くなるようにして座部1を右側へ移動させ、座面7aの左端部40が右端部41よりも高くなるようにして座部1を左側へ移動させるように、座部フレーム8に座部1を左右動可能に取り付けている。 (もっと読む)


【課題】 座部に着座した被施療者の大腿部を適切に保持しつつ、この大腿部を押圧施療することができる椅子型マッサージ機を提供する。
【解決手段】 椅子型マッサージ機1は、座部2に着座した被施療者の大腿部の外側面に対向して設けられた大腿施療部20を備え、大腿施療部20は、被施療者の大腿部を保持するための大腿保持具21と、大腿保持具21の前側に配設されて大腿部を押圧施療する前側施療具22と、大腿保持具21の後側に配設されて大腿部を押圧施療する後側施療具23とから構成されている。 (もっと読む)


【課題】 脚載部を簡単に位置調整してロックできると共に、脚載部の脚先側が障害物に当接するとロックを解除してスライド可能にすることができる椅子型マッサージ機を提供すること。
【解決手段】 座部の前側に設けられて、この座部に着座した被施療者の脚部が載せられる脚載部と、この脚載部を被施療者の脚の長さ方向にスライド可能に支持するスライド支持機構21と、前記脚載部を脚の長さ方向にスライドさせた調整位置でロックする位置決め部55と、前記脚載部の脚先側から前記座部側に作用する力でこの位置決め部55のロックを解除するロック解除機構65とを備えさせる。 (もっと読む)


【課題】 被施療者の腕部から肩先にかけて効果的にマッサージできる椅子型マッサージ機を提供すること。
【解決手段】 被施療者が着座する座部と、該座部に着座した被施療者が腕部を載せる肘掛け部とを備え、該肘掛け部は、肘掛け部に載せた被施療者の前腕部と上腕部と肩部とのいずれかを施療する施療部と、該肘掛け部に載せた被施療者の前腕部と肩部との間で腕部を肘掛け部に保持する保持用エアセルとを有する。 (もっと読む)


【課題】 被施療者の腕部から肩先にかけて効果的にマッサージできる椅子型マッサージ機を提供すること。
【解決手段】 被施療者が着座する座部と、この座部に着座した被施療者が腕部を載せる肘掛け部4とを有し、この肘掛け部4は、座部に着座した被施療者の前腕部、上腕部、及び肩部の下方と外方とに相対位置が定まった腕部支持壁21を備え、この腕部支持壁21は、被施療者側に腕部を挿入可能な開口24と、この開口24から腕部支持壁21に沿って位置させた被施療者の腕部を施療する施療部30とを備える。 (もっと読む)


71 - 80 / 175