ポーラ化成工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 717


【課題】高い紫外線防御効果を有し、夏の過酷な環境下にもおいてもその効果が持続する耐汗性と耐水性を有し、使用性が良好である水中油型乳化組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】(a)ポリグリセリン脂肪酸エステル、(b)アニオン系界面活性剤、(c)油溶性皮膜剤、(d)A領域の紫外線を吸収する紫外線吸収剤、(e)B領域の紫外線を吸収する紫外線吸収剤、(f)微粒子金属酸化物を含有することを特徴とする水中油型乳化組成物。 (もっと読む)


【課題】良好な使用性を有し、高いUVA防御効果を有する乳化型化粧料を提供することを課題とする。
【解決手段】乳化剤形の化粧料の油相中に、(a)表面処理されていても良い微粒子金属酸化物、(b)UV-A領域の紫外線を吸収する紫外線吸収剤、水相中に(c)表面処理されていても良い微粒子金属酸化物を含有することを特徴とする乳化型化粧料であり、(a)及び(c)の微粒子金属酸化物が、微粒子二酸化チタン及び/又は微粒子酸化亜鉛であり、(b)UVA領域の紫外線を吸収する紫外線吸収剤がジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル及び/又はt−ブチルメトキシベンゾイルメタンであることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】化粧料(但し、医薬部外品を含む)等に好適な皮膚外用剤、詳しくは、美白作用、取り分け、色素沈着に対する予防又は改善作用を有する皮膚外用剤の提供。
【解決手段】下記一般式に表される化合物及び/又はそれらの薬理学的に許容される塩と、AGEs分解剤とを含有する皮膚外用剤。


[式中、Aは、無置換又は置換基を有する芳香族基及び/又は無置換又は置換基を有する複素芳香族基よりなる群からそれぞれ独立に選ばれるジ又はトリ芳香族メチル基を表し、Bは、Aとの結合部位が複素原子である、水素原子又は炭素原子が複素原子により置換されていてもよい環状又は非環状の脂肪族又は芳香族炭化水素基、水素原子を表す。また、前記環状脂肪族又は芳香族環が、AとBとの結合部位の複素原子を含み形成される環も包含する。] (もっと読む)


【課題】 本発明は、化粧料(但し、医薬部外品を含む)などに好適な皮膚外用剤、詳しくは、美白用、取り分け、紫外線暴露による色素沈着予防又は改善用の皮膚外用剤を提供することを課題とする。
【解決手段】 1)下記一般式(1)に表される化合物及び/又はそれらの薬理学的に許容される塩と、2)抗炎症成分を含有することを特徴とする皮膚外用剤を提供し、上記課題を解決する。
【化1】



(1)
[式中、Aは、無置換又は置換基を有する芳香族基及び/又は無置換又は置換基を有する複素芳香族基よりなる群からそれぞれ独立に選ばれるジ又はトリ芳香族メチル基を表し、Bは、Aとの結合部位が複素原子である、水素原子又は炭素原子が複素原子により置換されていてもよい環状又は非環状の脂肪族又は芳香族炭化水素基、水素原子を表す。また、前記環状脂肪族又は芳香族環が、AとBとの結合部位の複素原子を含み形成される環も包含する。] (もっと読む)


【課題】タイトジャンクション機能の不全による皮膚バリア機能の低下を改善する成分が、傷害されたタイトジャンクションにおいてどの様にその機能の回復をせしめるかを視覚的に鑑別できる鑑別法を提供する。
【解決手段】皮膚乃至は培養皮膚三次元モデルのタイトジャンクションを傷害処理してなる、タイトジャンクション傷害皮膚モデルと、タイトジャンクション機能トレーサーとを用い、トレーサーの分布の変化より、タイトジャンクションにおいてどの様にその機能の回復をせしめるかを視覚的に鑑別する。 (もっと読む)


【課題】優れた抗老化剤、取り分け、シワ形成に対する予防又は改善剤の発見と、かかる抗老化剤を精度よく、効率的に評価し得る方法を確立する。
【解決手段】オ−トファジ−活性化作用、取り分け、オ−トファゴソ−ム形成後の細胞質成分の分解過程の活性化作用を指標とすることにより、優れた抗老化剤(シワ形成に対する予防又は改善剤)を有する成分を精度よく、簡便に選択することが出来る。さらに、かかる成分を含有する組成物は、優れた抗老化効果(シワ形成に対する予防又は改善効果)を発揮する。 (もっと読む)


【課題】タイトジャンクション機能の不全による皮膚バリア機能の低下を改善する成分が、傷害されたタイトジャンクションにおいてどの様にその機能の回復をせしめるかを視覚的に鑑別できる鑑別法を提供する。
【解決手段】皮膚乃至は培養皮膚三次元モデルのタイトジャンクションを傷害処理してなる、タイトジャンクション傷害皮膚モデルと、タイトジャンクション機能トレーサー及び蛍光標識されたセラミドとを用い、トレーサーの分布の変化より、タイトジャンクションにおいてどの様にその機能の回復をせしめるかを視覚的に鑑別する。 (もっと読む)


【課題】タイトジャンクション機能の不全による皮膚バリア機能に関連する成分が、傷害されたタイトジャンクションにおいてどの様に皮膚中に分布あるいは輸送されるかを視覚的に鑑別できる鑑別法を提供する。
【解決手段】皮膚乃至は培養皮膚三次元モデルのタイトジャンクションを傷害処理してなる、タイトジャンクション傷害皮膚モデルと、蛍光標識してなる皮膚生理関連成分とを用い、皮膚生理関連成分の分布の変化より、タイトジャンクションにおいてどの様にその機能の回復をせしめるかを視覚的に鑑別する。 (もっと読む)


【課題】優れた美白作用の発見と、かかる美白作用を精度よく、効率的に評価し得る方法を確立する。
【解決手段】プロアドレノメジュリンN−末端20ペプチド(PAMP:ProadrenomedullinN−terminal20peptide)及び/又はアドレノメジュリン2/インテルメジン(ADM2/IMD:Adrenomedullin2/Intermedin)結合受容体を介するシグナル伝達系への不活性化作用を指標とすることにより、優れた美白成分を精度よく、かつ簡便に選択することが出来る。さらにかかる成分を含有した組成物は、優れた色素沈着予防又は改善作用を発揮する。 (もっと読む)


【課題】皮膚バリア機能向上、消化粘膜機能維持、アレルゲン侵入抑制などに好適なタイトジャンクション(TJ:Tight Junction)形成促進剤、並びに、当該成分を含有する皮膚外用剤の提供。
【解決手段】シソ科ハナハッカ属エンメイソウ(別名:ヒキオコシ)より得られる植物抽出物、更には、ポリメタクリロイルリジン、ポリグルコシルエチルメタクリレ−トなどの生体類似構造を有するポリマ−及びコポリマ−を含有するTJ形成促進剤、並びに、前記成分を含有する皮膚外用剤。 (もっと読む)


1 - 10 / 717