説明

ミネベア株式会社により出願された特許

111 - 120 / 846


【課題】回転する電機子におけるウェッジによる巻線の飛散を防止する構造に係り、ウェッジが低コストで得られ、またスロットへのウェッジの装着が簡単であり、更にウェッジが巻線に接触することで発生する巻線の損傷が防止される構造を提供する。
【解決手段】スロット126の内壁面に絶縁紙127,128を2重に配置し、その内側に巻線125を納め、その上部は絶縁紙127を左右から折り曲げた折り曲げ部127aにより押さえられる。折り曲げ127aは上下に重ねられて2重とされ、その部分を間に挟んで円筒形状または円柱形状のウェッジ129を配置し、ウェッジ129によって巻線125の遠心力による飛散が防止される構造とする。 (もっと読む)


【課題】目覚ましモード中において多様な照度調節を行うことができる、利便性が高い照明装置を提供する。
【解決手段】照明装置の制御部は、光源の光出力を制御し、光源による照度を所定の照度に到達するまでの期間において変化させる目覚ましモードを複数有している。制御部は、複数の目覚ましモードのうち、光源による照度が第1の照度からそれより高い第2の照度に到達するように制御を行う標準目覚ましモードで動作中に、予め定められた制御信号群に含まれる制御信号が入力されたかどうかを検知する(S15)。制御部は、予め定められた制御信号群に含まれる制御信号が入力されたとき(S15:YES)、複数の目覚ましモードのうちの入力された制御信号に対応する目覚ましモードで動作するように、動作モードの移行を行う(S18,S19)。 (もっと読む)


【課題】スイッチ入力等で検出する物理量を極力省電力で検出する物理量の検出装置及び方法を提供する。
【解決手段】非入力状態に相当する第1の物理量と入力状態に相当する第2の物理量とが、少なくとも1個以上の所定の座標に配置される入力要素に入力され、入力要素ごとに入力される第1及び第2の物理量を検出する物理量の検出装置であって、入力要素ごとに入力される第1及び第2の物理量を検出し、第1の物理量検出状態から第2の物理量検出状態へと変化したタイミングから、これに続いて第2の物理量検出状態へと変化したタイミングまでの期間を測定し、測定された期間が予め設定される所定の期間以内である場合に第2の物理量を記憶せず、予め設定される所定期間を越えた場合に第2の物理量を記憶すると共に、記憶した第2の物理量が入力された座標に応じた出力情報を出力する。 (もっと読む)


【課題】コスト増を招かない構造でありながら固定磁極の積厚を有効に利用することで高トルクが得られ、更により細かいステップでの制御を行うことができるハイブリッド型ステッピングモータを提供する。
【解決手段】突極211を備えた第1のステータコア201と、突極221を備えた第2のステータコア202とを備え、軸方向から見て、ロータコア201の極歯とロータコア202の極歯とは、周方向において(1/2)ピッチずれており、また突極211のロータコア301に対向する突極面に設けられた小歯と突極221のロータコア302に対向する突極面に設けられた小歯も周方向において(1/2)ピッチずれている。 (もっと読む)


【課題】簡単且つ低コストで実現できる自動車用フラップドライブを提供する。
【解決手段】フラップを駆動する電気モータ2と、動作電圧VBと、電気モータ2を駆動するエネルギー蓄積器6と、電気モータ2を起動する起動回路5と、動作電圧VBの電圧を変換してエネルギー蓄積器6を充電する充電電源8と、エネルギー蓄積器6に充電された電圧を昇圧するステップアップ変換器9とを備え、動作電圧VBの電圧が通常の電圧であるときに、エネルギー蓄積器6が充電電源8によって充電され、動作電圧VBに電圧エラーが生じたときには、ステップアップ変換器9が、エネルギー蓄積器6の電圧を昇圧し起動回路5に供給して、電気モータ2を駆動する構成とした。 (もっと読む)


【課題】簡素な構造であって小型化及び薄型化が可能なクローポール型ブラシレスモーターを提供する。
【解決手段】クローポール型ブラシレスモーター1は、周状に並び互いに対面交差する極歯30a〜30c,40a〜40cをそれぞれ有する一対のステータヨーク30,40と、極歯30a〜30c,40a〜40cの外周に配置されたコイル50と、コイル50に対して回転可能に配置されたローター10と、駆動用IC72などが設けられておりヨーク40に沿うように配置された配線用基板70とを備えている。ヨーク40には、切欠部45が設けられており、コイル50の外周の一部及び内周の一部は、共に、配線用基板70から見て露出している。コイル50の巻回端部は、切欠部45を介して配線用基板70上のコイル接続パターン75a,75bに接続されている。 (もっと読む)


【課題】コアとコイルボビンとが接着されることを防ぐコイル部品を提供する。
【解決手段】コイル部品1は、外周部に巻線8が巻回される巻芯部を有し、中心部に貫通孔7Hが形成されたコイルボビン7と、それぞれが複数の磁脚4a,5a,6a、または、4b,5b,6bを有し、コイルボビン7の貫通孔7Hに複数の磁脚のうちの一部の磁脚6a,6b同士が所定の隙間をもって向き合うように挿入され、一部の磁脚6a,6b同士の向き合う面6ap,6bpが接着剤9によって固定される第1および第2のコア2a,2bと、コイルボビン7と一部の磁脚6a,6bとの間に位置し、接着剤9がコイルボビン7へ付着することを防ぐ保護カバー10とを備える。 (もっと読む)


【課題】輝度及びその均一性の向上を図りつつ、クロストークを低減可能な面状照明装置を提供する。
【課題を解決するための手段】面状照明装置10は、導光板12の出射面19側の中央部に有効出射領域28が設けられており、導光板12の反射面20の中央部に形成され、入射した光の光路を主として有効出射領域28に向けて変更するための第1の光路変更手段と、導光板12の反射主面20の入光面13、15側の領域に形成され、入射した光の光路を主として有効出射領域28よりも入光面13、15側に向けて変更するための第2の光路変更手段35とを有している。 (もっと読む)


【課題】ハンチング現象と逆転状態とを正しく区別でき、かつハンチング現象が生じたことを正確かつ迅速に検出できる。
【解決手段】駆動制御装置1は、インバータ回路2と、プリドライブ回路3と、制御回路部4と、回転位置検出器5とを備え、制御回路部4は、ハンチング検出部6を有する。ハンチング検出部6は、回転位置検出器5から出力されて単位時間ごとにパルス列が変化する複数のパルス信号に基づいて、ブラシレスモータ10にハンチング現象が生じたか否かを検出する。ハンチング検出部6は、最新のパルス列とそれ以前のパルス列とに基づいて、ロータの回転方向の変化とロータの回転方向が変化した回数とを単位時間ごとに検出し、これらの検出結果に基づいてハンチング現象が生じたか否かを判断する。 (もっと読む)


【課題】湾曲状態においても、導光板の裏面の側に配置される反射シートを安定保持して、フレキシブル面状照明装置の輝度の低下を防ぐ。
【解決手段】ハウジングフレーム26の床板部34が、枠部26aに囲まれる領域を、導光板12の裏面の側から塞ぎ、導光板12と共に、反射シート16を導光板12の裏面の側に保持する。床板部34が枠部26aよりも高い柔軟性を有することから、フレキシブル面状照明装32を湾曲させた際に、床板部34は容易に変形して導光板12の湾曲に追従し、反射シート16を導光板12の裏面の側に安定保持する。導光板12の側端面に配置されている光源ユニットから、導光板12に入射した光が、導光板12の内部を伝搬する過程で、導光板12の裏面側に漏れ出たとしても、反射シート16により導光板12に戻され、輝度の低下が抑制される。 (もっと読む)


111 - 120 / 846