説明

ミネベア株式会社により出願された特許

151 - 160 / 846


【課題】点状光源を用いた発光装置の、発光面の輝度の均一性を高める。
【解決手段】導光板12の周端面のLED14が対向する部分12aの厚みt12aが、発光面12bを構成する部分の厚みよりも小さく、かつ、LED14の発光面14aの厚みt14aよりも小さく形成されている。拡散手段が形成された主面12cと反射部材16との間に形成される空間Aは、LED14の発光面14aからの出射光のうち、導光板12内に入光せず主面12cに照射される光が、LED14から出射されたときの広い角度分布を維持して、一部は主面12cから導光板12内に入光し、更にその一部は主面12cから導光板12の外へと出射されるための、光の通路となる。そして、導光板12の周端面のLED14が対向する部分12aから導光板12内に入光する光と共に、最終的には導光板12の発光面12bから導光板12の外部へと出射される。 (もっと読む)


【課題】玉軸受の小ボールの摩擦抵抗および転動時の音圧を低減させる。
【解決手段】内面が球面状の案内面13に形成された凹所11を有するハウジング10と、凹所11に収容される大ボール40と、凹所11に収容された大ボール40と案内面13との間に配置され、大ボール40を回転自在に支持する複数の小ボール30と、凹所11の開口周縁部を塞ぐ円環状の蓋部材50と、凹所11内に、案内面13に沿って揺動可能に配置され、複数の小ボール30を互いに非接触の状態で回転自在に保持するリテーナ20とを備える。小ボール30どうしが接触しない状態で回転自在にリテーナ20で保持し、なおかつリテーナ20を案内面13に沿って揺動可能とすることにより、大ボール40の自転に伴う小ボール30の転動時の摩擦抵抗を低減させる。 (もっと読む)


【課題】面状照明装置を構成する回路基板を、小型の回路基板の連結によって自在に大型化すると共に、その連結作業の容易化を図る。
【解決手段】導光板12の入光面12cに対向して、LED16が実装された複数の回路基板14が配置される。複数の回路基板14は、コネクタによって隣接する同士が電気的に接続される。コネクタは、着脱自在なソケット20及びプラグ22を含み、ソケット20が、回路基板14の隣接する端部に固定された状態で用いられる。そして、ソケット20及びプラグ22同士が、回路基板14のLED16の実装面と平行な方向へと着脱する着脱構造を有することで、導光板12の入光面12cと回路基板14とに挟まれた領域において、回路基板14の、LED16の実装面と平行な方向に、プラグ22の着脱を行い、複数の回路基板14の連結又は取り外しを行う。 (もっと読む)


【課題】複数のレゾルバを複合化した構造でありながら、構造が簡素であり製造が容易で、また故障時の冗長性を確保することができる角度検出装置を提供する。
【解決手段】軸方向に2つのレゾルバを複合化した構造において、ステータコア100として、軸中心方向に延在した複数の突極101を備えた第1のステータコア103と軸中心方向に延在した複数の突極102を備えた第1のステータコア104とを積層した構造とする。また、軸方向から見た突極101と突極102の位置をずらし、軸方向から見て、隣接する突極101の間に突極102が位置するようにする。 (もっと読む)


【課題】裸眼3D表示システムの液晶表示装置用バックライトとして用いたときに、クロストークを効果的に低減可能な面状照明装置を提供する。
【解決手段】面状照明装置10は、導光板12と、導光板12の入光面13、15に沿って配置される光源17、18とを備えるサイドライト型の面状照明装置において、導光板12の出射面19側に配置される両面プリズムシート14と、導光板12の出射面19と対向する裏面20側に配置される光学部材16とを備えており、この光学部材16は、光学部材16に入射した光の反射を防止するための光吸収部材を含んでいる。 (もっと読む)


【課題】電子機器用の入力装置において、広範な要因により誘発される検出信号の変動の影響を受けることなく、操作者が実行した入力操作を確実に判別可能とする。
【解決手段】入力操作面及び該入力操作面に対する入力操作を検出するタッチセンサ8を備える操作部1と、操作部1からタッチセンサ8の検出信号が入力される制御回路部2とを備え、制御回路部2は、入力操作面に設けられる1以上の座標のそれぞれについて、その座標で指定される位置に対する入力操作の開始を検出信号の第1変動率に基づいて判定するための第1判定情報と、その座標で指定される位置に対する入力操作の終了を検出信号の第2変動率に基づいて判定するための第2判定情報を有しており、入力操作の開始及び終了の判定に基づいて、入力操作面に対する入力操作の有無を判定する。 (もっと読む)


【課題】異方性導電接着剤を使用することなく、低コストで耐久性の高いメンブレンスイッチおよび該メンブレンスイッチを製造するために用いる治工具を提供する。
【解決手段】
キーボード装置用のメンブレンスイッチ1において、第1および第2の回路配線5,6は、これらの回路配線を接続するための第1の配線接合部5aおよび第2の配線接合部6aをそれぞれ有し、前記第1の回路配線5および前記第2の回路配線6を接続するにあたって、前記第1の配線接合部5aに対向する位置に前記第2の配線接合部6aを配置し、前記第1の配線接合部5aおよび該第1の配線接合部5aに対向して配置した前記第2の配線接合部6aの位置にレーザ光を照射し、前記第1のシート2および前記第2のシート3の表面に塗布されている樹脂を溶融させることにより前記第1の回路配線5および前記第2の回路配線6の接続を行うことを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】起動時のトルクを抑えることができ、且つ、スラスト方向に加わる衝撃の耐性が高い流体動圧軸受装置を提供する。
【解決手段】スリーブ103の上面とハブ101の下面との間に構成されている第1のスラスト軸受部110およびカウンタープレート104の上面とシャフト102の下端面との間に構成されている第2のスラスト軸受部111並びにシャフト102の外周面とスリーブ103の内周面との間に構成されているラジアル軸受部113において、スリーブ103の内側でシャフト102およびそれと一体となったハブ101が支えられている。シャフト102の非回転時において、第1のスラスト軸受部110におけるスリーブ103の上面とハブ101の下面とは接触せず、隙間105が確保され、非回転時には、第2のスラスト軸受部111において、シャフト102の下端面は、スリーブ103と一体化されたカウンタープレート104の上面と接触する。 (もっと読む)


【課題】ベアリングボールを適切な状態で予圧することで、外側部材と内側部材との接触が効果的に防止されるとともに、両者の間隔が一定に保たれる球面モータを提供する。
【解決手段】軸受32の設置側部材(外側部材:ステータ10)に設置された保持部材320が磁性部材(第2の永久磁石380)の磁気力によって相手側部材(内側部材:ロータ20)の方向に予圧されることにより、保持部材320に保持されたベアリングボール310がロータ20の表面に当接し、これによってステータ10とロータ20とが相対回転可能に支持される。磁性部材の磁気力がステータ10とロータ20との間のギャップの大きさが小さくなるほど非線形に大きくなる特性を有していることにより、ベアリングボール310が適切な状態で予圧される。 (もっと読む)


【課題】全体を通して、モータ組立て時の半田付け作業をなくすことができ、半田を使用しないモータのステータ構造を提供することである。
【解決手段】モータのステータ構造1において、ステータ6に巻回したワイヤ5と電力供給する端子4を溶接で接合し、前記端子4と電力供給する基板3とを溶接で接合して成ることを特徴とする。 (もっと読む)


151 - 160 / 846