説明

ミネベア株式会社により出願された特許

11 - 20 / 846


【課題】作業工程管理が容易で、安価な装置を使用したパターン形成方法を提供する。
【解決手段】紫外線硬化樹脂を含んだインクのみを用いて、紫外線照射炉にて硬化工程を一度に行うので、作業工程管理が容易で、加熱装置を必要とすることなく、安価な装置を使用したパターン形成方法が得られる。また、基板の表面に着弾した第1の液滴と大気との間に、表面自由エネルギーの低い液体材料の薄い層が移動し、隣接する第1の液滴同士の間に液体材料の層が介在するため、隣接する第1の液滴同士の結合が防止される。したがって、瘤状のバルジ等の発生が抑えられ、樹脂膜パターンの幅や膜厚が略均一になり、高密度で描画線幅の微細化が可能なパターン形成方法が得られる。 (もっと読む)


【課題】簡易な回路構成でありながら、高効率化が実現できる電源装置を提供する。
【解決手段】電源装置1は、交流電源Vacの一方の出力端子に接続された昇圧型電力変換回路P1およびアノード端子が接続されたダイオードD1と、交流電源Vacの他方の出力端子に接続された昇圧型電力変換回路P2およびアノード端子が接続されたダイオードD2と、ダイオードD1,D2のカソード端子が接続された昇圧型電力変換回路Pcと、グランドと交流電源Vacの一方の出力端子間に逆方向接続されたダイオードD3と、グランドと交流電源Vacの他方の出力端子間に逆方向接続されたダイオードD4と、昇圧型電力変換回路P1,P2,Pcの出力端子が一端に接続され、かつ、負荷2に並列に接続されている平滑コンデンサC1と、昇圧型電力変換回路P1,Pcと、P2,Pcとに交互にインターリーブ動作を行わせるスイッチング制御部3とを備えている。 (もっと読む)


【課題】装置外形を拡大することなく広い照明領域を確保することが可能な面状照明装置を提供する。
【解決手段】
面状照明装置10は、第1の光源15と、第1の光源15が配置される側端面13aを有する板状の導光板13と、第1の光源15及び導光板13を収納するハウジングフレーム14とを備えており、ハウジングフレーム14は、導光板13が搭載される第1の床部31を有する第1のフレーム11と、第1のフレーム11が搭載される第2の床部41、及び、導光板13の第1の光源15が配置される側端面13aに沿って起立する第1の側壁42を有する第2のフレーム12とを含み、第1の床部31には、第2のフレーム12との間で、導光板13を所定の方向に付勢するための弾性力を発生させる弾性作用部20が設けられている。 (もっと読む)


【課題】薄型化に適し、大きな加振力が得られ、更に駆動のための電力が効率よく振動に変換される振動装置を提供する。
【解決手段】ケース本体101に対して軸ピン107によって支えられ、軸ピン107を中心として往復する円運動が可能であり、回転軸を中心とした円周の方向に並んで配置された複数の磁極NSNを備えた可動子120と、可動子120と隙間を有した状態で対向したコイル104,105とを備えている。前記コイル104,105に流れる電流の向きを切替えることで可動子120が軸ピン107を中心とした往復する円運動を行う。 (もっと読む)


【課題】広い出射面を有する導光板を、高い寸法精度を要することなく安定に保持することが可能なハウジングフレームを有する面状照明装置を提供する。
【解決手段】
面状照明装置10において、ハウジングフレーム14は、導光板13が搭載される第1の床部31を有する第1のフレーム11と、第1のフレーム13が搭載される第2の床部41を有する第2のフレーム12とを含み、第1のフレーム11は、一対の分割フレーム21a、21bを、互いの対向面が間隔d、dをおいて対向するように配置して構成され、一対の分割フレーム21a、21bに含まれる側壁34には、第2のフレーム12の側壁44、45との間で、一方の分割フレーム21a、21bを他方の分割フレーム21b、21aの方向に付勢するための弾性力を発生する、第1の弾性作用部50a、50bが設けられている。 (もっと読む)


【課題】吐出口を全閉状態としても、送風機内に空気の流れを生させ、モータの冷却を図ることのできる送風機を提供する。
【解決手段】送風機10は、モータ20と、モータ20のシャフト22に取り付けられた送風用ファン30と、送風用ファン30を囲んで配置されるとともに吸入口51が形成された吸気カバー50と、吸気カバー50に結合されモータ20を囲んで配置されるともに吐出口41が形成されたケーシング40と、を備える。そして、ケーシング40とモータ20のステータ24を固定するブッシング21のフランジ部21Aにケーシング40とともに形成されたベントホール70と、ブッシング21のフランジ部21Aの送風用ファン30側の端面に配置したプレート80と、プレート80のベントホールと対向する箇所にスリットの形成による弁部81と、が設けられている。 (もっと読む)


【課題】面状照明装置の薄型化を図りつつ、光源から射出される光の利用効率をより高くする。
【解決手段】面状照明装置は、光源100と、光源100から射出された光が入射する入光端面212および該入光端面212から入射した光を射出する出光面224を有する導光板200と、光源100と入光端面212との間に設けられた回折光学素子230とを備えている。導光板200は、入光端面212側に配置され、入光端面212に向かうほど厚みが漸増するように傾斜面214が設けられた傾斜部210を有し、回折光学素子230は、光源100から射出された光を全体として傾斜面214の傾斜方向に偏向させる。 (もっと読む)


【課題】構造材のひずみの測定と構造材に局所的に生じる疲労破壊の予測を行う疲労度検出ひずみゲージを提供する。
【解決手段】ストランド131と隣接するストランドとが折り返しタブを介して接続される折り返しタブ132を介して直列接続されるひずみ検出部130と、ストランド141と隣接するストランドとが折り返しタブ142を介して接続され、ひずみ検出部と直列接続された折り返し線路部140と、折り返し線路部及びひずみ検出部と別経路をなし、一端が一方の端子部に折り返し線路部の折り返しタブ及びひずみ検出部を介して繋がると共に、他端が他方の端子部に繋がるバイパス部160と、折り返し線路部の折り返しタブに接続される疲労度検出部150を有し、各折り返しタブが疲労度検出部を介してバイパス部に接続されており、疲労度検出部の破断度合いから疲労度検出ひずみゲージが貼られた構造材の疲労度を検出する。 (もっと読む)


【課題】単純な構成で2方向に研削液やクーラント液を供給可能でかつ廉価な二方向動作クーラントノズルへの研削液供給構造を提供する。
【解決手段】研削液を供給する流路が内部形成された固定軸10の一部に半球状または球状の固定軸突出部11を設け、固定軸突出部は、回動可能なノズル本体50へ研削液を送給するための連通孔を備え、ノズル本体の漏斗状に形成されたノズル基底部53を固定軸突出部と対向して配置するとともに、固定軸突起部が固定された状態で、ノズル基底部がノズル軸線周りに回転可能であり、かつ固定軸突起部の周面に沿って移動可能となっており、固定軸突出部とノズル基底部の間が弾性シール部材によってシールされ、固定軸突出部とノズル基底部の相対位置の如何に関わらず固定軸からノズル先端51まで弾性シール部材80を介して液密に研削液が送給される。 (もっと読む)


【課題】簡易な方法で製造することのできるディスク回転用モータおよびこれを備えたディスク駆動装置を提供する。
【解決手段】ディスク回転用モータとしてのモータ100は、シャフト13と、シャフト13の外径側においてシャフト13を回転可能に支持する軸受30と、軸受30を固定するステータ20とを備えている。ステータ20は、軸受30の外周面に取り付けられたステータコア21と、ステータコア21に巻回されたステータコイル22と、ステータコア21とステータコイル22とを互いに絶縁するインシュレータ26とを含んでいる。シャフト13はシャフト13の外周面に形成された溝13aを含み、インシュレータ26は溝13aと係合する抜け止めワッシャ部26aを含み、抜け止めワッシャ部26aはインシュレータ26の内径側端部に形成されている。 (もっと読む)


11 - 20 / 846