説明

ミネベア株式会社により出願された特許

801 - 810 / 846


【課題】温度変化によるモータ特性のばらつきを最小限に抑えることができる直流モータ駆動装置及び直流モータ駆動方法を得る。
【解決手段】直流モータを構成するマグネットの温度を検出し、検出したマグネットの温度に応じて、現時点でのモータ特性が常温におけるモータ特性と一致するように、励磁相切り替えタイミングを変化させる。これにより、温度変化によるモータ特性のばらつきを最小限に抑えることができ、精度の高いモータ制御が可能となる。 (もっと読む)


【要約書】
【課題】 励磁巻線と出力巻線が、ステータの同じ磁極位置に重ね巻きされることがないように分離しながら、励磁コイルの発生磁束を有効利用して高出力を得ることができるVR型レゾルバおよびそれを用いた多重化レゾルバを提供することにある。
【解決手段】 VR型レゾルバは、磁極部4を備えたステータヨーク13と突極部11を備えたロータ3により断面形状をロ字形にすると共に、前記ロ字形の断面形状が環状に連続するように構成し、前記環状のロ字形内に励磁コイル9を配置し、前記磁極部4に出力コイル10を配置する。 (もっと読む)


【課題】 記憶装置の記憶量の大容量化に対し、スピンドルモータの軸部材や軸受部材が長大化しても、それらの高精度な加工が容易で、動圧軸受部やキャピラリーシール部等の高精度な仕上げを実現することが容易な流体動圧軸受を提供する。
【解決手段】 軸1の両端の小径部に、スラストプレート5が嵌着されてなる軸部材が、ラジアル・アキシャル動圧軸受部を介して軸受部材と相対回転自在に組み合わされてなる流体動圧軸受において、軸受部材は、ケーシング3と、ケーシング3に嵌着されるスリーブ組立体と、ケーシング3の端部に嵌着されるシールリング6とからなり、スリーブ組立体は、一対のスリーブ素子2、2と、これら一対のスリーブ素子2、2の間に挟み付けられて同軸に配置されるスペーサスリーブ素子4とからなるものとされている。スラストプレート5とシールリング6との間には、キャピラリーシール部9が形成されている。 (もっと読む)


【課題】最小限の部品構成で出荷時の検査結果や動作異常を報知することができ、しかも周囲環境の厳しい場所でも何等問題なく使用することができるモータ状態報知方法及びモータ駆動装置を得る。
【解決手段】モータ30の駆動巻線に人間の可聴範囲である4kHz程度の電流を流してモータ30を振動させ、その振動による振動音によって検査結果や動作異常の報知を行う。これにより、従来のようなLED、ブザー、スピーカ等の報知手段が不要となり、その分コストダウンが図れ、また部品を取り付けるスペースが不要となることから、製品の小型化ができる。さらに、周囲が高温になる環境や防水等を考慮しなければならないような周囲環境の厳しい場所でも異常を報知することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】導光板と点状光源との位置決め精度を高度に管理することなく、光を広範囲に拡散させることができる導光板を備えた面状照明装置を提供する。
【解決手段】本発明に係る面状照明装置は、導光板12の側端面12aから突出して導光板12の厚み方向に延び、側面形状の少なくとも一部が曲面26からなる複数の筋状突起部21a、21bが設けられ、かつ、筋状突起部21a、21bの側面22、24、26と導光板12の側端面12aとの2つの交角α、βの少なくとも一方は、略90度であることを特徴とする。これによって、点状光源から導光板12へと入光する光の屈折角度を広角化し、導光板12内のより広い範囲に光を拡散させることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】 ノイズレベルを抑制又は完全に除去し、特に、特定の周波数における純音の発生又は動圧軸受装置の共振の発生を抑制又は完全に除去した動圧軸受装置を提供する。
【解決手段】 シャフト1と、シャフト1を囲む軸受スリーブと、シャフト1に回転不能に取り付けられるスラストプレート4を備え、各スラスト軸受動圧溝パターン部には、スラストプレート4及び軸受スリーブ又はカバープレートの表面上に分布して設けられる定数gのスラスト動圧溝を含み、スラストプレート4の中心開口部の内周面側端部に、定数hの潤滑剤循環用貫通溝7が設けられる動圧軸受装置であって、スラスト軸受動圧溝の定数gは、潤滑剤循環用貫通溝7の定数hで整数に割り切れず、同様に、定数hは、定数gで整数に割り切れない。 (もっと読む)


【課題】 ボールとハウジングとのクリアランスを小さくし、なお且つトルクを低減すること。
【解決手段】 球面軸受装置は、軸受面を有するボールと、このボールを保持するハウジングとを有している。ハウジングは、ボールに接し且つボールを囲むようにスウェージング加工されており、潤滑剤を保持する間隙によって隔てられた一対の相対する軸受面において、ボールの軸受面に接触している。潤滑剤を保持する間隙は、球面軸受装置の寿命に亘って、自給式の潤滑剤貯蔵容器として作用する。 (もっと読む)


【課題】 高精度のカラーホイールを低コストで提供する。
【解決手段】 カラーホイール10を構成する複数の扇形カラーフィルタセグメントのうちの1つのセグメント12に、他の扇形カラーフィルタセグメント14〜18の被当接部である凹辺部14a〜18aと直接的に当接する、凸辺部12aが形成されている。よって、扇形カラーフィルタセグメント12〜18のみでカラーホイール10の完成形状を、高精度に構成することが可能となる。また、カラーホイール10の高速回転時の振動や騒音の発生を防ぐための、最終的なずれのアライメント工程を簡略化または不用とすることができ、カラーホイールの製造工数の増大を防ぐことができる。
(もっと読む)


【課題】低騒音性の優れた環境に優しい小型モータ軸受封入用耐熱・低騒音型リチウムグリース組成物を提供する。
【解決手段】増ちょう剤5〜20質量%と基油95〜80質量%からなるグリース組成物であり、増ちょう剤として炭素数26〜炭素数32の長鎖脂肪酸リチウム石けんと、炭素数10〜20の高級脂肪酸および/または一個以上の水酸基を有する炭素数10以上の高級ヒドロキシ脂肪酸のリチウム石けんを用い、基油として下記式で示される8個以上の炭素原子で構成される油の鎖状分子の一側にエステル基を8個以上櫛歯状に配置したポリマーエステル油


(式中、R、R、R、Rはいずれもアルキル基であり、x≧2の整数、y≧2の整数である。)を主成分として含み、かつ、基油粘度(40℃)が30〜100mm2/sであることを特徴とする小型モータ軸受封入用耐熱・低騒音型リチウムグリース組成物。 (もっと読む)


【課題】 支持体と各扇形カラーフィルタセグメントとを確実に固定することを可能とし、各扇形カラーフィルタセグメントの脱落、飛散を確実に防ぐ。
【解決手段】 支持体16の環状フランジ部16aから突出する凸部18が、各セグメント12、14に形成された凹部または貫通穴20と係合することで、支持体16に対する各セグメント12、14の半径方向の位置決めがなされる。よって、カラーホイール10が高速回転する際に、各セグメント12、14に作用する遠心力に抗して、各セグメント12、14の飛散を確実に防止することができる。
(もっと読む)


801 - 810 / 846