ユニ・チャーム株式会社により出願された特許

1 - 10 / 1,219



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】厚さの不均一な形状を有することによって吸収効率が優れ、かつ、局所的に高剛性域を設けることによって着用中に体液の漏れを誘発するおそれのある折れ曲がり等を生じるおそれのない吸収構造体及びそれを用いた吸収性着用物品の提供。
【解決手段】吸収構造体17は、第1端縁17a及び第2端縁17bと、第1端縁17a側に位置する肉厚部55と、第2端縁17b側に位置する肉厚部55よりも厚さ寸法の小さい肉薄部57と、肉厚部55と肉薄部57との間に位置し、第1端縁17aから第2端縁17bに向かって次第に厚さ寸法が小さくなる厚さ勾配部56とを有する。肉薄部55、厚さ勾配部56及び肉厚部55のうちの厚さ勾配部56に隣接する部分には多数の圧縮凹部60を形成するデボス加工が施されている。 (もっと読む)


【課題】膣内の適切な位置に吸収体を容易に配置できるタンポン用アプリケータを提供する。
【解決手段】タンポン用アプリケータ1は、外筒2と、外筒内に挿入されることにより、外筒内の吸収体4を押し出す内筒3と、補助把持部材10と、を有し、外筒の一端には、開口が形成され、外筒の他端には、使用者が把持する把持部7が形成されている。補助把持部材10は、外筒の把持部の外周面を覆うカバー部11と、カバー部の外周面11aから径方向外側に延出する鍔部12と、を有する。把持部の外周面には、径方向外側に突出する突出部5が形成されており、カバー部の内周面には、突出部に引っ掛かり、補助把持部材と外筒との挿入方向における相対移動を規制する嵌合部13が形成されていることを要旨とする。 (もっと読む)


【課題】吸収体の挿入位置を使用者が把握して、適切な位置に吸収体を配置することができる生理用タンポンの位置確認シートを提供する。
【解決手段】生理用タンポンの位置確認シート20は、吸収体が体内に挿入された状態で体外に配置された紐状部材に対して、位置確認シートを合わせる位置を示す配置指標部21と、吸収体が適切に前記体内に挿入され、かつ配置指標部に基づいて位置確認シートが紐状部材に合わせて配置された状態で、体外に配置された紐末端12dの適切な位置を示す挿入位置指標部22と、を有していることを要旨とする。 (もっと読む)


【課題】着用者から排出がされた体液がより漏れにくい吸収性物品を提供する。
【解決手段】本発明の吸収性物品1は、透液性の表面シート20と、表面シート20と対向する位置に設けられた不透液性の裏面シート30と、表面シート20および裏面シート30の間に設けられた吸収体40と、表面シート20および吸収体40の間に設けられたセカンドシート50とを備え、厚み方向に加熱圧縮して表面シート20からセカンドシート50の内部までの複数の凹部70が形成され、凹部70において表面シート20の繊維は熱可塑変形しており、かつ凹部70の底部において表面シート20の繊維の線状の形状は維持されており、表面シート20は接着剤を使用してセカンドシートと接合し、セカンドシート50は、パルプを有するエアレイド不織布を含む。 (もっと読む)


【課題】高吸水性ポリマー粒子が局所に偏在することのない吸水性物品の製造方法。
【解決手段】重なり合う2枚のシート片の間に高吸水性ポリマー粒子4を介在させた第1区域と、第1区域を囲む第2区域とを有する吸水性物品の連続体である複合ウエブ137を製造する工程において、複合ウエブ137を機械方向MDへ走行させるための案内ロールのうちで機械方向MDの上流側に位置する第1案内ロール161と、機械方向MDの下流側において第1案内ロール161に隣接する第2案内ロール162との間では、複合ウエブ137の走行方向の向きを第1案内ロール161に向かう複合ウエブ137の走行方向の向きに対して30−180°の範囲で角度を変化させる。 (もっと読む)


【課題】アンモニアの臭気を低減することのできる吸収体。
【解決手段】体液処理用品1における吸収体21は、吸着および包接のいずれかの作用によってアンモニアに対しての消臭効果を奏する第1消臭成分と一体的に使用される第1高吸収性ポリマー粒子27と、中和および酸化のいずれかの作用によって消臭効果を奏する第2消臭成分と一体的に使用される第2高吸収性ポリマー粒子28とを含む。吸収体21の厚さ方向において、第2高吸収性ポリマー粒子28は、第1高吸収性ポリマー粒子27と吸水性繊維26との集合体29の上方および下方のいずれかに存在する。 (もっと読む)


【課題】ウエストパネルの通気性を確保して、蒸れ難くした使い捨て着用物品を提供する。
【解決手段】おむつ10は、前後ウエストパネル20,30と、前後ウエストパネル20,30に取り付けられたクロッチパネル40とを含む。前後ウエストパネル20,30は、第1および第2内面シート21,31と、第1および第2外面シート22,32と、これらシート21,22および31,32の間に位置する第1および第2防漏シート23,33とを有する。第1および第2防漏シート23,33は、接合領域90を介して第1および第2内外面シート21,31に接合される。接合領域90は、横方向Xへ連続して延びる複数条の接合部91と、これら接合部91の間に位置し、横方向Xへ連続して延びる非接合部92とを有する。第1内外面シート21,22間および第2内外面シート31,32間には、横方向Xへ延びる複数条の前後ウエスト弾性体24,34が配設される。 (もっと読む)


【課題】吸収体を広い範囲で有効に使用することができる使い捨て吸収性物品を提供する。
【解決手段】尿パッド1は、表面シート20と、裏面シート30と、これらシート20,30の間に位置する第1の吸収体40とを含む。吸収体40は、中間域13の横方向Xにおける寸法が前後域11,12のそれよりも小さくされ、横方向X中央に位置する中央領域46と、その横方向X外側に位置し、中央領域46よりも剛性が低い低剛性両側領域47とを含む。吸収体40の中央領域46には、芯材41が実質的に存在しない複数の条溝43が形成される。吸収体40と裏面シート30との間には、横方向Xへ延びる複数の弾性体60が伸長状態で収縮可能に取り付けられる。弾性体60は、中間域13に配置され、吸収体40の両側縁の外側へ延出して延びて取り付けられ、吸収体40の横方向X全域においてその収縮力が作用する。条溝43の縦方向Y外側には、条溝が形成されない、すなわち、芯材41が存在する前後吸収部48,49が形成される。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,219