説明

愛知県により出願された特許

31 - 40 / 99


【課題】屋内の温度上昇を効果的に低減することができるとともに、施工も容易で、かつ、安価なものとすること。
【解決手段】野地板20と、野地板20の上に配置され、裏面30aに低放射率金属膜31が設けられた屋根材30とを備えている。 (もっと読む)


【課題】シャモットを大量に配合することが可能であって、瓦用粘土のみを原料とする一般の粘土瓦と比べ、曲げ強度が高く、かつ、吸水率が低い粘土瓦を提供すること。
【解決手段】粒径が125μm以下であって平均粒径が1〜10μmであるシャモットと、瓦用粘土と、可塑性付与剤と、粘結剤とを配合した粘土瓦。 (もっと読む)


【課題】織物を製品形状に加工した場合にどのように変形するかをシミュレーションすることができる織物の3次元モデル構築方法及び織物の3次元モデル構築装置を提供する。
【解決手段】与えられた織物規格に対して予め可能な範囲のすべての変形条件を与えて2軸変形挙動のデータベースを作成し、読み込んだ製品形状のCADデータから対象曲面をベジェ曲面に変換し、織物組織1循環のサイズ毎にベジェ曲面の分割法則に従い分割を行い、分割した微小領域に対して、各領域の境界線の経路長および領域中心点における曲率を計算し、前方による計算手法を用いて3次元モデルを作成し、各微小部分の変形状態を計算する。この結果を積算して、曲面全体の歪み量分布を求める。 (もっと読む)


【課題】着色濃度が高く、リサイクル性に優れた着色ガラスを提供すること。
【解決手段】透明又は半透明のガラス基材の少なくとも一部に、X線を照射することにより着色してなる着色部を有する着色ガラスである。ガラス基材は、β−石英固溶体又はβ−スポジューメンを主結晶とする結晶化ガラスよりなる。着色部は、波長340〜1800nmの光を透過させた場合の日射透過率が30%以下である。着色部は、波長360〜830nmの光を透過させた場合の透過率が上記波長範囲全領域において40%以下であることが好ましい。ガラス基材は、Li2O−Al23−SiO2系からなることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】糸の変化挙動を高い精度で予測し得るシミュレーション装置を提供する。
【解決手段】本発明に係るシミュレーション装置は、複数の繊維300が撚られた糸201の長手方向に一定の張力Tを加えた状態で、糸201の側面に圧縮力Fを加えた際の、糸201の断面における複数の繊維300の位置の変化挙動をシミュレーションするシミュレーション装置100であって、複数の繊維300が互いに反発する力である第1の力を算出する第1算出部143と、複数の繊維300が糸201の中心に集束する力である第2の力を算出する第2算出部144と、複数の繊維300の速度に比例する抵抗力である第3の力を算出する第3算出部145と、複数の繊維300に、第1の力と、第2の力と、第3の力とが働くとしてたてた運動方程式を解くことで、複数の繊維300の位置を算出する第4算出部146とを備える。 (もっと読む)


【課題】耐衝撃性に優れ、結晶化速度が速いポリ乳酸系樹脂組成物及びその製造方法、並びに該樹脂組成物を成形して得られる成形品を提供する。
【解決手段】本発明のポリ乳酸系樹脂組成物は、(A)ポリ乳酸系重合体、(B)単量体単位として芳香族ジカルボン酸単位及び二価アルコール単位を含有するポリエステル、及び(C)過酸化物を含有し、上記(A)ポリ乳酸系重合体及び上記(B)ポリエステルの含有量の合計100質量%中、上記(A)ポリ乳酸系重合体の含有量が30〜80質量%である原料組成物を加熱混練することにより得られる。 (もっと読む)


【課題】原料に含まれるタンパク質および脂質をよく分解し、ペプチドや遊離アミノ酸、香気を生成することで、風味豊かな発酵漬物その他の発酵食品を製造する。
【解決手段】発酵食品の製造には、タンパク質および脂質を分解する能力を有し、過剰な酸味を生産しない乳酸菌であって、受領番号:NITE AP−332号として寄託されているエンテロコッカス・フェカリス(Enterococcus faecalis)AK−1である新規乳酸菌を使用する。発酵漬物を製造する場合、新規乳酸菌をスターターカルチャーとして野菜、果実、水産物などの漬物原料、または、米糠、米粉、ふすま、小麦粉、そば粉、大豆粉、牛乳、脱脂粉乳などの漬物床原料に添加して発酵させる。 (もっと読む)


【課題】 所望の色の染料によって羊毛製品を鮮明に染め分けることのできるコアセルベーション現象を利用した羊毛染色方法の提供。
【解決手段】 色の異なる染料でそれぞれ染料コアセルベート1a,1b,1cを形成して混合した場合、(A)に例示するように、最初は各染料コアセルベート1a,1b,1cが混在しているが、羊毛繊維3上を各染料コアセルベート1a,1b,1cが移動することにより、(B)に例示するように同種の染料コアセルベート1同士が凝集する。このようなマイグレーションは、マイグレーションを促進するような条件、例えばエタノール、イソプロピルアルコールなどの溶剤と水との配合割合が溶剤20部/水80部〜溶剤80部/水20部の場合、または脂肪酸アルキロールアミドを主成分とするコアセルベート助剤、酸、尿素濃度のバランスが適合したときに発生する。 (もっと読む)


【課題】燃料電池の電解質膜に適する新規な材料を提供する。
【解決手段】グリシドキシアルキル基を有するケイ素アルコキシドと、シラノール基又は水酸基と反応する固定用官能基を有する有機リン酸化合物とを含有する原料をゾルゲル法によって固化させて、無機有機ハイブリッド材料を製造する。得られたハイブリッド材料は、リン酸基を有する有機成分が共有結合したシリカマトリクスを含むものとなり、水に対してリン酸成分が溶出し難いものとなる。 (もっと読む)


【課題】耐熱性及び耐衝撃性に優れたポリ乳酸系樹脂組成物、並びにこのポリ乳酸系樹脂組成物を用いた成形品及びその製造方法を提供する。
【解決手段】本発明のポリ乳酸系樹脂組成物は、(A)ポリ乳酸系重合体、(B)焼成ホタテ貝殻粉砕物、及び(C)カオリンを含有し、ポリ乳酸系樹脂組成物全量を100質量%とした場合、上記(A)ポリ乳酸系重合体の含有量が30〜85質量%、上記(B)焼成ホタテ貝粉砕物の含有量が5〜40質量%、上記(C)カオリンの含有量が5〜50質量%であることを特徴とする。本発明の成形品は、溶媒中に(A)ポリ乳酸系重合体、(B)焼成ホタテ貝殻粉砕物、及び(C)カオリンを含有する分散液を調製し、次いで、該分散液を型に流し込み、上記溶媒を除去し、その後、加熱することにより成形して得ることができる。 (もっと読む)


31 - 40 / 99