説明

永和化成工業株式会社により出願された特許

11 - 12 / 12


【課題】水加ヒドラジンをP,P’−オキシビス(ベンゼンスルホニルクロライド)スラリーに滴下して反応した場合、P,P’−オキシビス(ベンゼンスルホニルヒドラジド)まで反応が完結するのに時間がかかり、時間を短縮するためには過剰の水加ヒドラジンが必要となる。また得られたP,P’−オキシビス(ベンゼンスルホニルヒドラジド)の粒子の大きさも小さいものしか得られない。
【解決の手段】P,P’−オキシビス(ベンゼンスルホニルクロライド)を水加ヒドラジン中に滴下し反応速度を速めることにより大きい粒子が形成され、後の工程で粒度の調節を行いやすい大きさのP,P’−オキシビス(ベンゼンスルホニルヒドラジド)を短時間で得られる。 (もっと読む)


【課題】 電池特性を低下されることなく、過充電時の安全性に優れた非水電解液二次電池を提供する。
【解決手段】 正極、負極、前記正極と負極間に介在するセパレータ、非水電解液、これらを収容するケース、ならびに電池の内圧上昇に感応して作動する安全機構からなる非水電解液二次電池において、前記ケース内に、有機系化学発泡剤を含有させる。 (もっと読む)


11 - 12 / 12