説明

シチズンセイミツ株式会社により出願された特許

101 - 110 / 120


【課題】
高価な金型を多数必要とせず、金属的なキラキラ感を得られるとともに、良好な光透過率が得られる時計用文字板を提供することにある。
【解決手段】
本発明の時計用文字板は、透光性を有する文字板基板4の少なくとも一面に平面形状が円形、長円形、多角形からなる凸部6を印刷法によって多数形成してなるものである。印刷法、特にパッド印刷法で凸部6を形成すると、凸部6に関する平面形状の円の直径、もしくは長円形、多角形の外接円の直径や、ピッチを細かく設定することができる。更にインキに光を反射する粒子を混合して凸部6を形成することもできる。これにより、文字板基板4の光透過率やキラキラした輝きを様々に設定することができる。 (もっと読む)


【課題】 撥水性に優れ、安定した撥水性能を有する超撥水性表面を有する成形物およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 撥水性樹脂からなる基材11または最上層に撥水性樹脂を有する基材の表面に所定の形状の凹部12を所定ピッチPで周期的に形成することによって微細凹凸面13を設けたこと特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 近距離で写しても鮮明に撮れるストロボ装置を提供する。
【解決手段】 光源の前部に高分子分散液晶を用いた液晶素子を配置する。液晶素子は、透明電極をそれぞれ設けた一対のガラスからなる基板を対向して配置して高分子分散液晶を封入したものからなり、一対の基板のいずれか一方の基板41に、1〜5階調に分割した円電極42aと環状電極42b、42cとからなるサークル電極42を設け、各階調の電極にそれぞれ異なる電圧を印加する。光散乱による減光が生じて光の強さが弱まり、近距離でも鮮明な写真が撮れる。また、各階調毎に減光度合いが異なるので、距離差があっても全体的に鮮明な写真が得られる。 (もっと読む)


【課題】 直線性(リニアリティ)や押圧荷重を均一化すると共に、ニュートンリング環の発生を防止できるタッチパネルを提供する。
【解決手段】
透明電極と引き回し電極とを設けた上基板と、透明電極と引き回し電極とを設けた下基板とを所定の隙間を持たせて対向配置し、絶縁性のシール材で前記上下基板の外周域を周回して接合してなるタッチパネルにおいて、少なくともシール材と該シール材の内側に沿って隣接して配置される引き回し電極との縦方向に対向する間隔と、横方向に対向する間隔とがほぼ同一で、かつシール材がシール材内スペーサ部材を有し、シール材の内側に沿って隣接して配置される引き回し電極が電極内スペーサ部材を有し、該電極内スペーサ部材の粒径はシール材内スペーサ部材の粒径より大きい値に設定されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 押圧荷重の均一化を図ると共に、ニュートンリング環の発生を防止できるタッチパネルを提供する。
【解決手段】 透明電極と引き回し電極とを設けた上下一対の基板を所定の隙間を持たせて対向配置し、絶縁性のシール材で上下基板の外周域を周回して接合してなるタッチパネルにおいて、引き回し電極は透明電極の一辺に接触している電極部と、透明電極と離間しシール材の内周に沿って配置される配線部と、該配線部と電極部、または配線部同士を電気的に接続する繋ぎ電極部とを有し、少なくとも電極部と、該電極部の外側に配置される配線部またはシール材との縦方向または横方向に対向する間隔とがほぼ同一で、電極部が第1のスペーサ部材を有し、配線部は第1のスペーサ部材より粒径の小さい第2のスペーサ部材を有し、シール材が第2のスペーサ部材とほぼ等しい粒径のシール材内スペーサ部材を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 上基板の4箇所の隅部の有効エリアの拡大を図ると共に、ニュートンリング環の発生を防止できるタッチパネルを提供する。
【解決手段】 可撓性を有する透明絶縁基板の下面に透明電極と引き回し電極とを設けた方形形状の上基板と、透明絶縁基板の上面に透明電極と引き回し電極とを設けた方形形状の下基板とを所定の隙間を持たせて対向配置し、絶縁性のシール材で上下基板の外周域を周回して接合し、上下基板の引き回し電極の厚みがシール材の厚みより僅かに厚く、上基板が外側に向かって湾曲して上基板が傾斜を有するタッチパネルにおいて、シール材と該シール材の内側に沿って隣接して配置される引き回し電極との縦方向に対向する間隔と、横方向に対向する間隔とがほぼ同一で、かつシール材と引き回し電極との互いの隅部を結ぶ方向に対向する間隔が縦方向又は横方向に対向する間隔より大きい値に設定されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 単一指標としての一体感がある指標を製作する。
【解決手段】 文字板121上面に少なくとも1種のインクを用いて平坦状に印刷形成した指標下部122と、該指標下部122の上面に少なくとも1種のインクを用いて部分的に凸状に印刷形成した指標上部123とから構成されて複数の色彩を有する指標120において、前記指標上部123の表面と露出した前記指標下部122の表面に1〜5μm膜厚の透明なクリヤー層124を設ける。指標120全体に光沢性が現れて同質感が生まれ、単一指標としての一体感が得られる。 (もっと読む)


【課題】 安価で高品質な光半導体パッケージの製造方法を提供する。
【解決手段】 すり鉢状に側面が傾斜した反射孔11を複数個有する上絶縁基板材312の上側表面を金属薄膜313で被覆して形成した反射基板材310の下面と、下絶縁基板材121上に電極板を複数対有し、該電極板と導通する複数個の発光素子24を搭載したベース基板材120の上面とを、前記発光素子24が前記反射孔11に格納させて接合体を形成した後、切り出して製作する光半導体パッケージ30の製造方法において、前記反射基板材310として、前記上絶縁基板材312の上側表面の一部を成すパッケージ表面域11Pおよび該パッケージ表面域11Pと導通する配線パターン部305とをリフレクター用の金属薄膜313で形成した反射基板材310を用いる。 (もっと読む)


【課題】 部品数を大幅に削減して製造コストを低減できる光学式タッチパネルを提供する。
【解決手段】 矩形の表示画面11の対向する2辺の受光辺11a、11cと、表示画面の残りの2辺の受光辺11b、11dとにおけるそれぞれの2辺に対向配置される光電効果型光センサからなる受光素子12a、12c、12b、12dと、該受光素子に光を照射する発光素子18と該発光素子18から照射される光を導光し受光辺の受光素子に光を照射する導光体13とを有する発光ペン10とを備え、表示画面11の対向する2辺の受光辺11a、11cと、表示画面の残りの2辺の受光辺11b、11dとにおけるそれぞれの2辺の受光素子の受光量に応じて変化する電気抵抗値の変化量を比較することにより、発光素子の位置の直交座標を位置情報として出力することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 簡単な構成の液晶素子を用いて波面収差補正が行える光ピックアップ装置を提供する。
【解決手段】 光源と対物レンズとの間の光路中に液晶素子を設け、該液晶素子で前記光源からの射出された光の波面収差の補正を行う光ピックアップ装置において、液晶素子を構成するところの一対の透明な基板のいずれか一方の基板に、中心部に設けた円状の中心円電極と、該中心円電極と同心円状に設けた複数の環状電極とからなるセグメント電極部22を有し、更に、前記複数の環状電極を横切り前記中心円電極に向かって設けた1本の第1の給電電極25と、該第1の給電電極25と接続されて前記中心円電極及び前記複数の環状電極にそれぞれ接続する複数の第1の接続電極26とからなる給電電極部27を有することを特徴とする光ピックアップ装置。 (もっと読む)


101 - 110 / 120