説明

学校法人東海大学により出願された特許

21 - 30 / 352


【課題】スルフィニルオキシラン化合物、その製造方法、および該スルフィニルオキシラン化合物を出発原料として用いる製造法を提供する。
【解決手段】式(1)で表される化合物:


[式(1)中、R1はアルキル基またはアリール基である]。ならびに、式(4)で表される化合物を、式(5)で表されるヒドロキシペルオキシド金属塩と反応させるスルフィニルオキシランの製造方法:


(もっと読む)


【課題】本発明は、優れた生体親和性および生体活性を有すると共に、表面硬度を含めた高い機械的強度を有する、自立可能なインプラント用材料の提供を目的にする。
【解決手段】本発明の生体インプラント用材料は、リン酸カルシウム86〜96質量%と水素化チタン14〜4質量%(ただし、合計を100質量%とする)とを混合して成形し、該成形体を、水素ガス雰囲気中、1200〜1350(℃)の条件下で焼結して得られ、相対密度が85〜93(%)、ビッカース硬度が1300〜4000(MPa)であって、生体活性を有する。 (もっと読む)


【課題】従来のループ管と共鳴管を備える熱音響機関に比較して、低温駆動を可能とする熱音響機関を提供する。
【解決手段】作動気体が封入される環状のループ管10と、ループ管10に連通して一端が接続された共鳴管11と、を有し、作動気体を加熱および冷却する蓄熱器21と、蓄熱器21の一端部(高温部21b)を加熱する加熱器22と、蓄熱器21の他端部(常温部21a)の熱を外部に放出する冷却器23と、を備え、蓄熱器21の両端部間に温度勾配を形成して作動気体の自励振動を発生させる熱音響機関1であって、ループ管10は、ループ管10の他の部位よりも内径が大きい拡大管部15を有し、拡大管部15は、拡大管部15における冷却器23側の先端が、冷却器23における蓄熱器21と反対側の先端からループ管10の管路方向の長さの1/4以下の長さの部位に位置するように設けられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】速度分布が存在する液体やガス等からなる流体における所望の位置の流速を測定すること。
【解決手段】本発明のレーザドップラ速度計は、レーザ光を発生する光源と、光源から出射されるレーザ光を第1のレーザ光及び第2のレーザ光に分割し、第1のレーザ光及び第2のレーザ光を出射するカプラと、第2のレーザ光が入射されるアイソレータと、を備える。第1のレーザ光を測定対象物の速度ベクトル方向に対して90°で測定対象物に照射し、第1のレーザ光が照射される測定対象物に、測定対象物の速度ベクトルに対して所定の角度で前記第2のレーザ光を照射する。 (もっと読む)


【解決手段】ゲルマニウム層を主な発電層とする光電変換素子において、素子内に拡散電位を発生させる半導体接合が1箇所以上のゲルマニウム層とp型またはn型のシリコンゲルマニウム層とのヘテロ接合によって形成されていることを特徴とする光電変換素子。
【効果】本発明の光電変換素子は、赤外領域などの長波長域に高い感度を有し、安価に製造でき、大面積の成膜が容易であり、さらに光電変換効率が高い。 (もっと読む)


【課題】屋外を含む過酷な環境下においても、良好な透過率及び低反射率を有することにより、優れた透明性を発揮して良好な性能を期待できる反射防止シートを提供する。
【解決手段】PET、PEN、ガラスなどの透明基材シート10の片面に、反射防止膜11を形成する。当該反射防止膜11として、パーフルオロカーボン骨格を基本的な分子構造とし、C原子またはF原子の少なくともいずれかが欠損してなる部分領域を有する構成を持つ、フッ化炭素膜をスパッタリング法等で成膜する。「部分領域」とは、PTFEのパーフルオロカーボン骨格において存在していたC原子またはF原子が失われた結果、骨格のCF構造が崩れている領域を示す。 (もっと読む)


【解決手段】金属酸化物粒子を含有し、25℃における粘度が50〜30,000mPa・sである半導体薄膜形成用組成物を静電インクジェット方式によって吐出ノズルから透明電極板上に吐出することによりパターンを形成することを特徴とする太陽電池用半導体薄膜の製造方法。
【効果】本発明の太陽電池用半導体薄膜の製造方法は、光電変換効率が高い太陽電池用半導体薄膜を製造することができ、さらには作業効率が高く、複雑なパターンを有する太陽電池用半導体薄膜を容易に製造するができる。本発明の太陽電池用半導体薄膜の製造方法によれば、相互に接する層が、異なる粒径を有する金属酸化物粒子を含有する二層のパターンからなる太陽電池用半導体薄膜、および同一層内に、粒径が相互に異なる少なくとも2種類の金属酸化物粒子を含有する少なくとも一層のパターンからなる太陽電池用半導体薄膜を製造することができ、これらの太陽電池用半導体薄膜は光電変換効率が高い。 (もっと読む)


【課題】 チョウザメのウィルス感染症の診断などへの利用が期待されるチョウザメ由来の新規な株化細胞を提供すること。
【解決手段】 本発明によれば、チョウザメの種類の1つであるベステルの眼球の虹彩色素上皮細胞由来の株化細胞であるSTIP−2細胞が提供される。このSTIP−2細胞は、全く意外なことにヒアルロン酸産生能を有する。 (もっと読む)


【課題】発話者の口唇動作を指導者の口唇動作と比較した結果に基づいて、発話者の口唇動作の改善点を客観的に示すことが可能な発話学習支援装置およびそのプログラムを提供する。
【解決手段】発話学習支援装置1は、撮影手段20で撮影された、発話者がある言語の予め指定された単語を発話している際の口唇部分の画像から、当該発話者の口唇動作を得て、この口唇動作と、指導者が同じ単語を発話した際の模範的な口唇動作とを比較した結果に基づいて、発話者の口唇動作の改善点を示すものであって、データ記憶手段11と、発話内容指定手段12と、画像処理手段13と、動作測定手段14と、データ変換手段15と、差分算出手段16と、修正量算出手段17と、修正情報出力手段18と、を備える。 (もっと読む)


【課題】食品の風味や栄養価等を損ない、品質の劣化を引き起こすだけではなく、生体
において疾病や老化等の悪影響を及ぼす活性酸素やフリーラジカル等による生体の酸化的
障害を抑制する抗酸化剤及びこの抗酸化剤を配合した飲食品の提供。
【解決手段】Phe-Gln-Ser-Glu-Glu-Gln、Phe-Gln-Ser-Glu-Glu、Tyr-Leu-Lys-Thr-Val-Ty
r-Gln-His-Gln、Met-His-Gln-Pro-His-Gln、 Asp-Lys-Ile-His-Pro、Asp-Lys-His-Tyr
、あるいはIle-Hisで表されるアミノ酸配列からなるペプチドは抗酸化効果があり、しか
も低用量で効果を有する。 (もっと読む)


21 - 30 / 352