説明

マミヤ・オーピー株式会社により出願された特許

21 - 30 / 122


【課題】常時は据付型などの照明用ランプとして機能し、停電時には非常灯として機能させることができ、取り外すと懐中電灯として用いることのできるLEDランプを提案すること。
【解決手段】LEDランプ1は白熱ランプと同様に天井等に設置したソケットに取り付けて据付型の照明器具として使用でき、停電時には充電・切替回路13によって電源が内蔵の非常用電源14に切り替わり、LED5が発光した点灯状態が維持され非常灯として機能する。この状態では手動操作スイッチ6の操作が有効となり、LEDランプ1をソケットから取り外して、懐中電灯と同様にLEDランプ1を用いることができる。 (もっと読む)


【課題】遊技機に対する不正行為が検知された時点の前後の撮像装置により撮像した画像データを記録保持し、不正行為の記録が可能となるようにする。そして、全ての遊技機を集中管理することなく個々の遊技機の防犯管理を確実に行うことができるようにする。
【解決手段】遊技媒体受皿に放出された遊技媒体を貯留するようにした遊技機であり、前記遊技機の少なくとも遊技媒体受皿部位を撮像範囲に含めて常時映像を記録する撮像装置を配設するとともに、前記遊技媒体受皿に貯留した遊技媒体の排出路に不正検知手段を配設し、前記不正検知手段から異常信号が送出されたとき、この異常信号を検知した時点の前後の前記撮像装置により撮像した画像データを記録保持する。 (もっと読む)


【課題】遊技台の枠の迫り出し量が異なる場合でも、その前方を迂回させて媒体払い出しノズルの先を遊技台の上皿の真上に位置決め可能な媒体払い出しノズルを提案すること。
【解決手段】媒体払い出しノズル3は、複数個の連結モジュール30を一列に連結した多関節状の横筒ユニット8を備え、隣接する連結モジュール30を直線状連結位置から折れ曲がり連結位置に相対的に折り曲げ可能である。取付ユニット7の旋回筒14を退避位置から所定の旋回位置まで旋回させて横筒ユニット8の方向を決めることができる。横筒ユニット8における各連結モジュール30の連結状態を切り替えることにより、横筒ユニット8を全体として所定の屈曲状態にできる。この結果、遊技台2の枠6を迂回した形状に横筒ユニット8を設定でき、当該横筒ユニット8の先に連結されている縦筒ユニット9の先を遊技台2の上皿4の真上に位置決めできる。 (もっと読む)


【課題】被検知物体を検知したとき、異なる信号レベルの検知信号が得られるようにし、被検知物体の方向判別を容易に行うことができ、小型化が可能となるとともに簡素な回路構成により精度の高い検出信号が得られる近接センサを提供する。
【解決手段】高周波磁界の変化による検知センサのインダクタンスの変化に基づいて検知信号を出力する近接センサであり、磁極が同方向に向く一対の鉄心の双方に、相対的に巻回数の異なる検知コイルを実装する。 (もっと読む)


【課題】パチンコ遊技機において、賞球受皿から賞球に擬した鋼球を備える金属棒状体を差し込むような不正行為がなされても、賞球検知センサーの部分でこの擬似賞球を逆止するようにし、計数装置を誤動作しないようにして不正行為が完遂されないようにする。
【解決手段】賞球受皿に放出された賞球を賞球誘導樋によりパチンコ遊技機の背面へ誘導し、この賞球を計数するようにしたパチンコ遊技機であり、前記賞球誘導樋の内部に形成される賞球流路の任意の位置に賞球検知センサーを設けるとともに、該賞球検知センサーの上流側(下流側)に逆止機構を配設する。 (もっと読む)


【課題】パチンコ遊技機において、賞球受皿から金属棒状体を差し込むような不正行為がなされても、この金属棒状体の進入を阻み、賞球検知センサーが作動されないようにして不正行為が完遂されないようにした賞球回収装置を提供する。
【解決手段】賞球受皿に放出された賞球を賞球誘導樋によりパチンコ遊技機の背面へ誘導し、この賞球を計数装置により計数するようにしたパチンコ遊技機であり、放出された賞球の搬入口が形成された片端が賞球誘導樋と連結可能となるようにする一方、他端に賞球の搬出口を形成した賞球搬送樋を備え、該賞球搬送樋の長手方向に設けたスパイラル・シャフトを回転駆動することにより搬入口から進入した賞球を搬送する。 (もっと読む)


【課題】パチンコ遊技機において、賞球受皿から金属棒状体を差し込むような不正行為がなされても、この金属棒状体の進入を阻み、賞球検知センサーが作動されないようにして不正行為が完遂されないようにした賞球回収装置を提供する。
【解決手段】賞球受皿に放出された賞球を賞球誘導樋によりパチンコ遊技機の背面へ誘導し、この賞球を計数装置により計数するようにしたパチンコ遊技機であり、前記賞球誘導樋の賞球回収路に障壁段差が形成された賞球回収装置となるようにする。 (もっと読む)


【課題】遊技機のキャラクタ付きの装飾画像を使った写真シールを提供する際のキャラクタ使用料の精算を容易にする。
【解決手段】遊技機キャラクタ付き合成写真発行装置Aは、遊技機のキャラクタ付き装飾画像で装飾された写真シールを印刷して発行する際、キャラクタ付き装飾画像の使用回数、すなわちその写真シールの発行回数を各画像ごとに積算し、積算値を管理サーバ60に出力する。管理サーバ60側では、この積算データに基づきキャラクタ使用料を算出する。また、使用回数を積算するかわりに、写真シールの余白に広告を印刷したり、印刷待ち時間にキャラクタに関連するコマーシャルを流してもよい。また、遊技機キャラクタ付き合成写真発行装置Aは、管理サーバ60や携帯端末機50等からの更新通知に基づき、キャラクタ付き装飾画像の追加・更新を行う。 (もっと読む)


【課題】挿入されているカードが不用意に引き抜かれることを確実に防止可能な機構を備えた小型でコンパクトなカードリーダライタを提案すること。
【解決手段】ICカードリーダライタ1では、カード挿入口4からICカード10を挿入して押し込むと、当該ICカード10を受け入れたカードホルダ20がICカード10と共に押し込まれて、その後端位置まで移動する。カードホルダ20が後端位置まで移動すると、カードロックレバー31が旋回してカードホルダをロック位置に係止する。同時に、カードロックレバー31のシャッタ駆動用突起31bが旋回して、引抜防止シャッタ40を退避位置から引抜防止位置に移動させ、当該引抜防止位置にロックする。引抜防止シャッタ40は、ばね44により退避位置側に付勢されているので、ロック解除後は引抜防止シャッタ40が退避位置側に自動復帰する。 (もっと読む)


【課題】従来は上扉の開閉を検知するスイッチを設けないため不正行為によって上扉が閉まった状態で設定スイッチを操作して、メダル払い出し枚数を多くなるように設定を変更されても不正を防止できず、1回のメダル貸し出しを受けるために紙幣を挿入してメダル払い出しユニットが動作したとき、変更された設定に基づき払い出されるメダル枚数が、正規の数よりも多数となり、遊技施設としては問題である。本発明は、第1扉の開閉を検知する扉検知スイッチを設け、上記のような不正操作に対処するものである。
【解決手段】扉検知スイッチが第1扉の閉状態検知のときはメダル払い出し枚数の設定スイッチによる動作が無効であり、第1扉の開状態検知のときは設定スイッチによる動作が有効となるようにしたこと。 (もっと読む)


21 - 30 / 122