説明

NECトーキン株式会社により出願された特許

181 - 190 / 1,832


【課題】結晶の粗大化を抑制できるFe基ナノ結晶合金の製造方法であって量産工程に適する製造方法を提供すること。
【解決手段】Fe基ナノ結晶合金の製造方法は、第1昇温速度又は第1昇温速度で近似できる昇温速度にて合金組成物を加熱する第1加熱段階P1と、第1昇温速度よりも速い毎分30℃以上の第2昇温速度で合金組成物を加熱する第2加熱段階P2とを含む。第2加熱段階P2は、第1結晶化開始温度と第1結晶化終了温度との間の第1温度範囲の少なくとも70%以上の加熱範囲であって第1ピークを含む加熱範囲に亘って合金組成物を加熱するものである。 (もっと読む)


【課題】 ガラス絶縁層および圧電セラミックス層の欠けを抑制し、より信頼性を向上させた積層型圧電アクチュエータ及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 圧電セラミックス層1と内部電極層3とを交互に積層する工程と、一対の対向側面の内部電極層3の露出部分をそれぞれ異なる一層おきにガラス絶縁層4で被覆し積層体を形成する工程と、積層体の一対の対向側面において内部電極層3と垂直方向に一定間隔で帯状の樹脂層6を形成する工程と、樹脂層6部分で積層体を切断する工程とを含む。 (もっと読む)


【課題】 通電動作により発生する振動が小さい磁性素子を提供する。
【解決手段】 磁性粉末と樹脂からなる第1の部材1及び巻き線3が一体で成形され、第1の部材1の一部が弾性率が異なる第2の部材2により構成する。 (もっと読む)


【課題】 想定外の方向から想定外の大きさの赤外線放射物が検知領域に侵入してきても誤判定をおこさず、なおかつ赤外線以外の影響が補償できる焦電素子及び焦電型赤外線センサを提供すること。
【解決手段】 焦電体基板34の受光面に、第一の矩形電極35と第二の矩形電極36とが互いに近接して第一の中心線に対して対称に配置され、第三の矩形電極38と第四の矩形電極39とが第一の矩形電極35および第二の矩形電極36の短辺の外側に近接して第二の中心線に対して対称に配置されており、第一の矩形電極35と第二の矩形電極36との間は接続電極37によって接続され、第一の矩形電極35および第二の矩形電極36と、第三の矩形電極38および第四の矩形電極39が、それぞれY方向およびX方向に複数個配置されている。 (もっと読む)


【課題】 生産性に優れ、大容量化を目的とした体積効率を向上させて、安定した実装時のフィレット形成を有した下面電極型の固体電解積層コンデンサおよびその実装体を提供することにある。
【解決手段】 電極基板107の短手方向端部または長手方向端部の陽極部及び陰極部の所定部分に電極基板切り込み部を設け、さらに電極基板切り込み部を囲むように階段状に外装樹脂115の端部にも外装樹脂切り込み部を形成することによりフィレット形成部113及び114を設ける。 (もっと読む)


【課題】 配線を省くとともに、圧電素子の固定部の強度の高い圧電発電ユニットの製造方法を提供することにある。
【解決手段】 2枚の圧電セラミックス板1、2の間に弾性板を挟み込んで貼り合わせた圧電バイモルフの一端を支持し、この圧電バイモルフに加えられた外力によって発電を行う片端支持型の圧電発電ユニット50を製造するに際し、コの字状の第1の固定部材4と、柱状の第2の固定部材5の間に、圧電バイモルフを挟み込み固定する。 (もっと読む)


【課題】 高い表面抵抗値と高い透磁率を同時に有する電磁干渉抑制体の製造方法を提供すること。
【解決手段】 Fe−Si−Al合金からなる扁平状の軟磁性粉末11を熱処理した後、有機結合剤13中に分散して混合する工程を有し、前記熱処理は不活性気体に酸素を混合した混合気体中に前記軟磁性粉末11を配置して行われる熱処理であって、前記不活性気体中に前記軟磁性粉末11を配置して前記熱処理と同一の温度および同一の時間の熱処理を行ったときに得られる前記軟磁性粉末11の磁化の大きさをMsとするとき、前記混合気体中に前記軟磁性粉末11を配置して行われる熱処理によって得られる前記軟磁性粉末11の磁化の大きさがMs+ΔMs、但しΔMs=0.1〜10emu/gとなるように前記混合気体の酸素分圧の値が設定される。 (もっと読む)


【課題】 X軸方向の加速度に対する誤差信号を低減でき、Z軸を含む複数の軸の角速度を検出することが可能な低背化された振動ジャイロを提供すること。
【解決手段】 Y軸及びZ軸周りの角速度を検出可能な振動ジャイロであって、Y軸方向に長手方向を有する第1のアーム4と、その一端に接続され第1のアーム4の中心軸に関して対称な連結部3と、そのX軸方向の両端に接続されY軸方向に長手方向を有する第2のアーム5a、5bと、Y軸方向に長手方向を有する第3のアーム7a、7bとを有する振動子を有し、第2のアームをX軸方向へ屈曲振動させる駆動手段、第1のアームのX軸方向の屈曲振動を検出する第1の検出手段、第2のアームのZ軸方向の屈曲振動を検出する第3の検出手段、および、第3のアームのX軸方向の屈曲振動を検出する第2の検出手段を備え、X軸方向の加速度によって第1の検出手段に生じる誤差信号を、第2の検出手段に生じる検出信号によって相殺する。 (もっと読む)


【課題】 圧電素子の真円度、同軸度を改善し、また、各分割電極の分極のばらつきが小さくなる超音波モータ用圧電素子とその製造方法を供すること。
【解決手段】 圧電素子の外径より大きい円板状の圧電セラミックスに、圧電素子の外径より大きい径を持ち中心部分で導通する櫛歯形状電極を備えた中心電極2と、前記圧電素子の内径より小さい径を持ち円板の外周部分で導通する櫛歯形状電極を備えた外周電極3を、互いに接触しないように形成し、中心電極2と外周電極3が反対の極性となるように分極処理を行った後、中心電極2と外周電極3が前記圧電素子の分割電極として配列されるように円環状に切断加工する。 (もっと読む)


【課題】LSIなどの多数の配線のノイズを一括して抑制することができ、小型且つ薄型のノイズ抑制伝送路及びそれに用いられるシート状構造体を提供すること。
【解決手段】本発明のノイズ抑制伝送路は、少なくとも信号導体を備える配線層と、誘電体層と、シート状構造体とを備えている。シート状構造体は、所定パターンを有する単位形状を繰り返し並べてなる導電体層を備えており、誘電体層は、配線層と導電体層との間に設けられている。なお、配線層のグランド線と導電体層の一部とを接続することとしてもよい。以上の構成により、信号導体を流れるノイズを低減することを可能とした。 (もっと読む)


181 - 190 / 1,832