説明

株式会社ニフコにより出願された特許

11 - 20 / 972


【課題】燃料タンクの排気弁装置において、各部材同士の結合強度を維持しつつ、組み付け作業を容易にする。
【解決手段】第1ケーシング2と第2ケーシング3からなる円筒形状の上部構造体と、上端部及び下端部が開口した円筒形状をなし、上端部の内部に上部構造体の下端部が嵌め込まれる下部構造体(第3ケーシング4)と、上部構造体と下部構造体との間に上下動可能に支持されたフロート弁5とを有し、上部構造体は、下部構造体に嵌め込まれる下端部の外周面に、周方向に間隔をおいて複数の第1係止爪48が突設され、下部構造体は、複数の第1係止爪がそれぞれ係合する複数の第1係止孔と、第1係止孔の隣り合う2つの間であって下部構造体の上端縁から離間した位置に形成され、下部構造体の外周面から内周面に貫通すると共に上下方向に延在する長孔59を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 燃料による膨潤を抑制することができる樹脂製の燃料タンク用弁装置及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 燃料タンク用弁装置1であって、燃料タンク2の上壁3に形成された開口4に取り付けられ、燃料タンクの内部と外部とを連通する通路20及び通路に設けられた弁座16を有する筒状のケーシング6と、ケーシングの通路内に上下方向に変位可能に支持され、通路内に流入する燃料から浮力を受けて上下動し、上方に移動したときに弁座に着座して通路を閉塞するフロート7とを有し、フロートは、単一の結晶性熱可塑性樹脂から成形され、径方向において、外周面部33、内周面部34及び外周面部と内周面部との間の中間部35を有する円筒部22を有し、外周面部及び内周面部のそれぞれは、径方向に配向した結晶性熱可塑性樹脂の結晶部を中間部よりも多く含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】低コストで製造できるとともに、耐久性があり、また操作フィーリングが向上させること。
【解決手段】収納室24を有するハウジング20と、収納室24内に収納されるロータ30と、ハウジング20に形成された支持軸23と、ロータ30に形成され、支持軸23を受け入れてハウジング20とロータ30とを回動自在に支持する受入部35とを有する軸受Kと、表面がシリコンコーティングされた環状の弾性材料で形成され、ハウジング20に対するロータ30の回転を制動するOリング40とを備えている。 (もっと読む)


【課題】 グロットとピンとを有するファスナにおいて、ピンに対する工具のアクセスを容易にする。
【解決手段】 貫通孔51が形成された基部52及び貫通孔の周縁部に突設された係合片61を備えたグロメット2と、貫通孔に相対回転可能に挿入されるピン3とを有するファスナ1であって、係合片のピン側を向く部分には係止爪65が突設され、ピンの外周面には、ピンの抜去方向への相対変位を規制するべく、係止爪に係合する係止凸部25と、ピンの貫通孔に対する他側への相対変位を許容する通路部24とがピンの周方向に隣接して形成され、ピンの挿入端には、工具係合部37が形成され、ピンは、係止爪が係止凸部に対応する回転位置と係止爪が通路部に対応する回転位置との間で、工具係合部に係合する工具によってグロメットに対して貫通孔の軸線回りに回転されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】板部材を安定した状態で係止することができる留め具を提供する。
【解決手段】支柱部20と、撓みしろ37を空けて前記支柱部20を囲う複数の弾性脚部30とを、頭部40から垂下させ、弾性脚部30に、薄いドアパネル1に係止する薄板用係止肩部35を頭部40に近い位置に、厚いドアパネル3に係止する厚板用係止肩部34を頭部40から遠い位置に、それぞれ形成し、撓みしろ37から幅方向に連なるスリット4を基部31に形成し、薄板用係止肩部35を、スリット4を挟んで頭部40に対峙させて留め具10を構成し、この留め具10を用いて、弾性脚部30に貫通させた薄いドアパネル1または厚いドアパネル3を、弾性脚部30と頭部40とで係止する。 (もっと読む)


【課題】組み付け作業の単純化と組付状態での固定性の向上が可能となるクランプを提供する。
【解決手段】実施形態にかかる防振クランプは、管材が保持される保持部が設けられるとともに、装着孔が形成されたクランプ本体と、前記装着孔に装着され、前記装着孔と孔軸が一致する嵌合孔と、前記嵌合孔の周縁が切り欠かれて設けられた凹溝とが形成された防振部材と、前記嵌合孔に挿入可能な円筒状の首部と、前記凹溝に挿通可能な固定リブと、前記首部の外周面に突設され径方向の内方に退避可能に構成された弾性爪と、を有するクリップと、を備え、前記嵌合孔に前記首部が挿入され、前記弾性爪が半径方向に退避し、前記固定リブが前記凹溝を通過した後、前記クリップを前記防振部材に対して相対的に回転させると前記弾性爪が前記凹溝に嵌入する、ことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】締結強度が確実に得られ、熱環境に強く多連式にも優れているリベットを得る。
【解決手段】上側周囲のフランジ12及び上下端の間に設けられた座屈予定部13を有している略筒形グロメット1と、該グロメットの筒内に貫通配置されて、下端側がグロメット下端に引き抜き不能に係合されていると共に上端側がフランジ12を超えて伸びている樹脂製ピン2とを備え、グロメット1が複数の板部の各取付孔4a,5aにフランジにより規制されるまで貫通され、かつピン2の引き抜き方向の応力により相対的な移動を伴って座屈予定部13を介して拡径され、その拡径部16とフランジ12との間に各板部を挟んで締結可能にするリベット3において、グロメット1は金属製からなり、ピン2の射出成形時にインサート成形されて、樹脂形成されるピン2の周囲部分に固定され、該ピンの引き抜き方向の応力によりグロメット1が座屈して拡径されることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】スペースを取らずに軸体を安定して仮保持できるとともに、確実に固定することのできる軸体保持具を提供する。
【解決手段】第1保持手段と第2保持手段を係合することによって円柱状の軸体を固定保持する軸体保持具であって、前記第1保持手段と第2保持手段とは仮組みされており、前記第1保持手段と第2保持手段とが離間した状態で軸体を装着可能なスペースを有しており、前記第1保持手段と第2保持手段とを近接嵌合した状態で前記軸体を第1保持手段と第2保持手段とに設けられた軸体保持手段で固定保持するので、スペースを取らずに軸体を安定して仮保持できるとともに、確実に固定することができる。 (もっと読む)


【課題】操作性がよく、ネジの仮留め、および、仮留め状態のネジからの取り外しを容易にすることができるネジの取付ガイド装置を提供する。
【解決手段】挿通したネジ1を軸方向に直交する方向から支持する溝状孔41と、この溝状孔41の開放側に連なり、ネジ1を溝状孔41から開放側を通過させて受け入れる幅広孔50とで構成した保持部30を、本体20に貫通させることでネジの取付ガイド装置10を構成し、溝状孔41に支持させて壁7に仮留めをしたネジ1を、本体20を軸方向に直交する方向にずらすことで溝状孔41から外して幅広孔50で受け入れさせ、軸方向に通過させると共に本体20をネジ1から取り外す。 (もっと読む)


【課題】封入オイルの粘度や製品精度に依存することなく小型高トルクで、ハウジングと中心回転軸との相対回転方向の違いでダンパ作用トルクの差異が大きいくワンウェイ型の回転ダンパが得られるようにすること。
【解決手段】ハウジング10と中心軸部材22との相対的な回転変位により可動ベーン32の受圧面32Aに作用する押圧力によって可動ベーン32の外縁が固定ベーン24の外縁より径方向と軸線方向にはみ出す方向に可動ベーン32が固定ベーン24に対して変位する構造とし、可動ベーン32の外縁とロータ室16の内壁との間隙をなくす。 (もっと読む)


11 - 20 / 972