説明

株式会社ニューギンにより出願された特許

61 - 70 / 1,935


【課題】実行が保留された図柄変動ゲームが実行された際の当該図柄変動ゲームの演出内容に応じた演出内容で先読み演出を実行することのできる遊技機を提供することにある。
【解決手段】先読み演出を実行する際には、入力した先読みコマンドの特図情報領域に格納された特図情報から特定可能な特別図柄の種類と、演出レベル領域に格納された演出レベル情報から特定可能な演出レベルの組み合わせに対応する確率で先読み演出の演出内容を決定する。 (もっと読む)


【課題】有利な状態での遊技が行われている間の興趣を向上させること。
【解決手段】通常ARTの制御中には、制御中の通常ARTのART回数を上乗せ可能とするだけでなく、制御中でない通常ARTに定めた上乗せ条件の到来によっては該制御中でない通常ARTのART回数の上乗せも可能に構成した。このため、通常ARTの上乗せに関して、遊技者は制御中でない通常ARTに定めた上乗せ条件の到来にも期待を持つことができるようになる。その結果、ART演出状態での変動ゲームが行われている間の興趣を向上させることができる。 (もっと読む)


【課題】始動手段が複数設けられた場合であっても、遊技球の発射を促進させること。
【解決手段】主制御用CPUは、変短状態が付与されていないときに第2の変動ゲームを実行させる場合、第1始動保留球と第2始動保留球を合算して合算始動保留球として抽出し、該合算始動保留球の数に基づいてリーチ判定を実行する。そして、合算始動保留球の数が多くなるほど、リーチ判定が肯定判定される確率が低くなるように設定した。各始動保留球を合算することで第2始動保留球のみに基づいてリーチ判定を行う場合よりもリーチ判定が肯定判定される割合を低く設定することで、変短状態終了時における第2の変動ゲームの消化効率を上げて第1の変動ゲームを直ちに実行させることができるとともに、第1始動保留球を貯留させるために遊技球の発射を促進させることができる。 (もっと読む)


【課題】低コストで磁石による不正行為を検出し得ると共に、磁気センサの存在を知られることがないようにした遊技機を提供する。
【解決手段】遊技盤12は、透明板と裏ユニット22とから構成される。透明板には、始動入賞装置が配設される。透明板には、始動入賞装置に向けてパチンコ球を誘導可能な誘導路を形成する複数の遊技釘が植設されている。透明板の裏側にある裏ユニット22には、支持口部42aが形成された飾り部材42が配設されており、当該飾り部材42の支持口部42aに磁気センサ44を挿通することで、当該磁気センサ44の少なくとも上部の一部を覆うよう構成される。 (もっと読む)


【課題】始動手段が複数設けられた場合であっても、遊技球の発射を促進させること。
【解決手段】主制御用CPUは、変短状態が付与されていないときに第2の変動ゲームを実行させる場合、第1始動保留球と第2始動保留球を合算して合算始動保留球として抽出し、該合算始動保留球の数に基づいてリーチ判定を実行する。そして、合算始動保留球の数が多くなるほど、リーチ判定が肯定判定される確率が低くなるように設定した。各始動保留球を合算することで第2始動保留球のみに基づいてリーチ判定を行う場合よりもリーチ判定が肯定判定される割合を低く設定することで、変短状態終了時における第2の変動ゲームの消化効率を上げて第1の変動ゲームを直ちに実行させることができるとともに、第1始動保留球を貯留させるために遊技球の発射を促進させることができる。 (もっと読む)


【課題】低コストで磁石による不正行為を検出し得ると共に、磁気センサの存在を知られることがないようにした遊技機を提供する。
【解決手段】遊技盤12は、透明板と裏ユニット22とから構成される。透明板には、始動入賞装置が配設される。透明板には、始動入賞装置に向けてパチンコ球を誘導可能な誘導路を形成する複数の遊技釘が植設されている。透明板の裏側にある裏ユニット22には、支持口部42aが形成された飾り部材42が配設されており、当該飾り部材42の支持口部42aに磁気センサ44を挿通することで、当該磁気センサ44の少なくとも上部の一部を覆うよう構成される。 (もっと読む)


【課題】優れた発光演出効果を期待し得る遊技機を提供する。
【解決手段】
発光部102と、駆動手段107の駆動により発光部102の周囲を回転し、該発光部102の光を回転軸線Rと交差する方向へ反射する回転リフレクタ110と、回転リフレクタ110の回転軸線Rに直交する基準線Lの一方側に、該回転リフレクタ110の回転領域の外側に位置するよう配置され、当該回転リフレクタ110で反射された反射光を当該基準線Lの他方側へ向けて反射する固定リフレクタ115とを発光演出手段100に設ける。ここで、固定リフレクタ115は、回転リフレクタ110の回転軸線Rと平行で基準線Lに直交する基準面Mに対し、傾斜角度が異なる反射面117を回転リフレクタ110の周方向に複数備えると共に、回転リフレクタ110の周方向に隣り合う反射面117の基準面Mに対する傾斜角度が異なるよう構成されたことを要旨とする。 (もっと読む)


【課題】複数の可動体により多彩な演出を行い得る遊技機を提供する。
【解決手段】第1の駆動機構115の駆動により回転する第1の可動体100と、第1の可動体100の外周側に配設され、第2の駆動機構125の駆動に伴い第1の可動体100と同一方向に回転可能な第2の可動体110とを可動演出装置90に備えると共に、第2の可動体110が、第1の可動体100を遊技機前面側から視認不能に遮蔽する遮蔽位置と、該第1の可動体100を遊技機前面側から視認可能に露出する露出位置に移動可能に構成する。 (もっと読む)


【課題】遊技盤に対する設置部材の組み付け作業を効率的にする。
【解決手段】設置部材60における外周壁部62の内側に位置するよう設けられ、遊技盤20の所定位置に設置部材60を仮止めする第1および第2仮止め部75,76と、設置部材60の外周壁部62の外側に位置するよう設けられた第1および第2位置合わせ部80,81とを備え、第1および第2仮止め部75,76が仮止めした状態で遊技盤20に対して設置部材60をネジ固定する。ここで、第1および第2位置合わせ部80,81により遊技盤20に対して設置部材60を位置合わせした状態において、第1および第2仮止め部75,76により設置部材60が遊技盤20に対して仮止めされるよう構成した。 (もっと読む)


【課題】主制御部に負担を強いることなく、各表示領域で興趣のある演出を行わせること。
【解決手段】演出表示装置の表示領域を複数の表示領域に分割し、その分割後の各表示領域で図柄変動ゲームを行わせる分割演出を行う場合、その分割演出に係る制御及び制御情報の決定を主制御基板に代えて、サブ統括制御基板及び演出表示制御基板で実行させる。具体的には、図柄の決定、リーチ前予告及びリーチ後予告の制御情報をサブ統括制御基板及び演出表示制御基板で実行させる。 (もっと読む)


61 - 70 / 1,935