説明

株式会社マルコムにより出願された特許

1 - 10 / 15


【課題】 所望の色合いの光を発光する白色LEDを高い生産性で製造するための適正な管理条件を取得することのできる白色LED製造用封止材料の発光特性測定装置および発光特性測定方法を提供すること。
【解決手段】 この発光特性測定装置は、蛍光体物質が透明な熱硬化性樹脂に混入されてなる液状またはペースト状の白色LED製造用封止材料が収容された透明な容器を保持する容器保持部と、封止材料における蛍光体物質を励起する励起光を封止材料に向かって投射する励起光投光部と、励起光投光部よりの励起光の投射によって生ずる前記蛍光体物質の発光による蛍光光を検出して蛍光体物質の発光の発光強度分布を取得する受光部と、容器と、励起光投光部および受光部との離間距離が一定に維持された状態で、容器と、励起光投光部および受光部との一方を他方に対して相対的に容器の高さ方向に移動させる高さ位置変更機構とを備えてなる。 (もっと読む)


【課題】 円筒型ペースト容器内におけるペースト材料に対して、均一かつ十分な混練処理を行うことができると共に高い効率で十分な脱泡処理を行うことのできる真空混練脱泡装置を提供すること。
【解決手段】 この真空混練脱泡装置は、内部空間が減圧状態とされるチャンバ内において、基準回転軸を中心に水平面内で回転自在に設けられた公転用回転体と、公転用回転体の周回縁部において基準回転軸と平行な作動回転軸を中心に自転自在に設けられた、円筒型のペースト容器をその中心軸が作動回転軸と斜めに交叉する状態で着脱自在に保持する容器保持手段と、公転用回転体および容器保持手段を回転させる駆動機構とを備えており、ペースト容器のペースト材料導入用開口部には、ペースト容器の公転および自転に伴う遠心力の作用によってペースト容器の内部空間をチャンバの内部空間に開放する脱気弁、あるいは、ペースト材料不透過性のガス透過膜が設けられている。 (もっと読む)


【課題】メッキ膜の応力を簡単なシステムによって高い精度で測定することができる方法を提供する。
【解決手段】基端が固定された長尺な箔状の金属よりなる試験用基体を有する試験片を用い、前記試験用基体の一面にメッキ膜を形成した後、この試験用基体の先端位置について、前記メッキ膜が形成される前の試験用基体の一面に垂直な方向における基準位置からの変位量を測定し、測定された変位量に基づいて前記メッキ膜の応力を算出するメッキ膜の応力測定方法であって、前記試験用基体の先端の変位量は、レーザ変位計またはカメラ撮影像による像解析によって測定されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 血液や植物種子などのように糖質や色素の含有量が多く、目的とする核酸の含有量が極めて少ない試料であっても、当該試料から高純度の核酸を抽出することができる核酸抽出用試薬、核酸抽出用試薬キットおよび核酸抽出方法を提供する。
【解決手段】 本発明の核酸抽出用試薬は、核酸を含む試料を固相担体に接触させることにより、当該固相担体の表面に当該試料中の核酸を吸着させると共に、この固相担体の表面に核酸を保持した状態で、当該固相担体から不純物を除去するために用いられる核酸抽出用試薬であって、カオトロピック物質と、ポリエチレングリコールラウリルエーテルおよびポリエチレングリコールモノ−p−イソオクチルフェニルエーテルからなる群から選択された少なくとも1種の界面活性剤とを含有してなり、当該界面活性剤の割合が5質量%以下であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 簡単な光学構成のものでありながら、十分に高い感度を得ることができ、しかも、微少なサンプル量で蛍光測定を行うことのできる蛍光分光光度計を提供すること。
【解決手段】 この蛍光分光光度計は、励起光の照射により蛍光光を生ずる試料液が収容される上方に開口する凹所を有する測定セルと、検出すべき蛍光光の波長範囲と少なくとも一部が一致する波長範囲の励起光を、凹所内の試料液に対して上方側から照射する光源と、測定セルの、光源による光照射面に対して垂直な方向より蛍光光を検出する光ファイバと、当該光ファイバを介して測定セルと接続された分光器とを具えてなり、前記測定セルは、光源からの光および蛍光光を透過する材料よりなり、凹所の底面が光源からの励起光を散乱反射させる機能を有しており、光源からの励起光の散乱反射光の一部を蛍光光と共に検出する。 (もっと読む)


【課題】 同一の測定試料について適切な条件で吸光度測定を簡便に行うことができる分光光度計を提供すること。
【解決手段】 分光光度計は、第1凹所およびこの第1凹所と連通し当該第1凹所と幅の異なる第2凹所よりなる試料収容室を有する試料セルと、
第1凹所をその幅方向に測定光が通過する第1の光路と、第2凹所をその幅方向に測定光が通過する第2の光路のいずれか一方を選択する光路選択機構とを有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ペースト容器を確実に保持固定することができ、しかも、種々の大きさのペースト容器に対応することができて高い汎用性を得ることのできるペースト容器ホルダーおよびペースト混練脱泡装置を提供する。
【解決手段】ペースト容器ホルダーは、ペースト容器を公転させながら自転させることにより当該ペースト容器内のペースト材料の混練、脱泡を行うペースト混練脱泡装置を構成するものであって、円筒型のペースト容器を受容するホルダー本体31と、各々、円弧状の容器保持面を有する、少なくとも2つ以上の保持具36と、当該保持具36の各々を一斉に径方向に移動させる位置調整機構とを有するペースト容器保持手段とを備えてなり、位置調整機構によって、すべての保持具をその容器保持面がペースト容器の外周面に当接されるよう位置調整することによりペースト容器を保持する。 (もっと読む)


【課題】公転用回転体の回転バランス調整を容易にかつ確実に行うことができて所期のペースト材料の混練、脱泡処理を確実に行うことのできるペースト混練脱泡装置の提供。
【解決手段】水平面内で回転される公転用回転体上において自転可能に設けられたペースト容器保持体30の、ペースト容器60を保持した状態での重心位置の、公転中心位置に対する反対側の位置であって、当該ペースト容器保持体の重心位置と公転中心位置とを結ぶ直線の延長線を挟んで互いに異なる方向の位置に、それぞれ重心位置が位置された2つのバランス荷重部材36A、36Bと、各々のバランス荷重部材を公転中心軸Aの周りに回動させることにより各々のバランス荷重部材の重心位置と公転中心位置とを結ぶ2つの直線の各々がなす開き角の大きさを調整して公転用回転体の回転バランスを調整する位置調整機構40とよりなる回転バランス調整機構35を備えてなる。 (もっと読む)


【課題】 微細気泡を安定して生成することのできる、新規な構造を有する微細気泡発生器および十分に多量の微細気泡を安定して供給することのできる微細気泡供給システムの提供。
【解決手段】 微細気泡発生器は、一方の開口が微細気泡吐出口とされた筒状のケーシングの他方の開口部に、供給される気体溶解液が流過される複数の細孔が形成された減圧プレートが設けられており、前記気体溶解液が、当該気体溶解液が減圧プレートを流過されることにより発生する気泡流体中の音波の速度を超える速度で減圧プレートの細孔を流過されると共に、これにより生ずる衝撃波のエネルギーが気体溶解液の流出方向に拡散することを禁止する半密閉領域を区画する衝撃波伝播方向規制プレートが、ケーシングの内部における減圧プレートと離間した位置において当該減圧プレートと平行に設けられている。微細気泡供給システムは、上記微細気泡発生器を具えてなる。 (もっと読む)


【課題】 ペースト容器内に収容されたペーストをその全体にわたって均一にしかも十分に混練することができ、しかも、一定の混練状態を安定して得ることのできるペースト混練装置を提供すること。
【解決手段】 本発明のペースト混練装置は、混練すべきペーストが収容されたペースト容器が、基準駆動回転軸の周りに公転運動されると共に、当該基準駆動回転軸と交叉する状態で伸びる作動回転軸に沿って伸びる姿勢で保持されて当該作動回転軸を中心として自転運動されることにより、ペーストの混練が行われる構成のものであって、ペースト容器内に収容されたペーストの温度を検知する温度検知手段を具えており、当該温度検知手段によって検知されたペーストの温度に基づいて、ペースト容器の公転運動および自転運動が制御される。 (もっと読む)


1 - 10 / 15