説明

株式会社三共により出願された特許

61 - 70 / 5,148


【課題】遊技の興趣を向上させる。
【解決手段】「左」の飾り図柄表示エリア5Lにて「3」の数字を示す飾り図柄を停止表示(仮停止表示)させ、(D)に示すように「右」の飾り図柄表示エリア5Rにて「3」の数字を示す飾り図柄を停止表示(仮停止表示)してから、(E)に示すように「右」の飾り図柄表示エリア5Rにて飾り図柄を高速に再変動させる。(D)では、例えばリーチであることを報知するスピーカ8から出力して遊技者に擬似連変動が実行されないことを一旦遊技者に認識させている。その後、(F)に示すように、擬似連チャンス目GC3となる飾り図柄が仮停止表示させてから、(G)に示すように、全部の飾り図柄表示エリア5L、5C、5Rにて飾り図柄を再び変動させる。 (もっと読む)


【課題】可動部材を有する遊技機の見栄えを向上させる。
【解決手段】パチンコ遊技機では、遊技盤に配置される内側フレーム40の支持部42の伝達孔42c内に、支持部42と同様の装飾が施された円形装飾部材を有する伝達部材70が配置され、伝達部材70が回転することによって可動機構用モータ56からの動力が可動体52に伝達される。また、パチンコ遊技機では、内側フレーム40の支持部42のガイド孔42bを、支持部42と同様の装飾が施されたガイド孔装飾部64が裏面側から覆う。 (もっと読む)


【課題】有利な権利が得られたことが示唆されたにも関わらず特別示唆演出や通常示唆演出が実行されてしまうことを防止でき、遊技者が通常示唆演出や特別示唆演出へ煩わしさを感じて各示唆演出への不信感を抱くことを防止すること。
【解決手段】フリーズ演出抽選に当選するとATでのゲームを行う権利が付与される。フリーズ演出抽選に当選した場合には10ゲーム後にフリーズ演出を実行する。フリーズ演出を実行するまでの期間にAT抽選又はボーナスに当選したか可能性を示唆する可能性演出を実行する。フリーズ演出抽選に当選してからフリーズ演出を実行するまでの期間にボーナスに当選した場合には、ボーナス確定報知をフリーズ演出の実行後に行う。 (もっと読む)


【課題】リプレイタイム(RT)中信号を出力しないスロットマシンであっても、ボーナス期間と該ボーナス後のRT期間を1単位とする遊技情報を提供すること。
【解決手段】 リプレイタイム状態へ移行する確率が、所定の特別入賞役(ボーナス)の発生が許容されたことを条件に高められるスロットマシンに関する情報を表示する情報表示装置200であって、賭数情報と、入賞に応じて払い出されるメダル数を特定可能な付与情報と、特別入賞期間特定情報に基づいて、特別入賞役の発生期間と該特別入賞役に起因して発生したリプレイタイム状態の期間とから成る1単位期間を特定し、該1単位期間における賭数と付与遊技媒体数との差数(単位獲得メダル数;単位TY)を集計して表示する。 (もっと読む)


【課題】演出内容の整合性を保ちつつ、演出の出現率が低下することを抑制する。
【解決手段】大当り終了指定コマンドを正しく受信できなかったときには、大当り種別が「第3大当り」に決定されて時短制御の上限回数が最も少ない回数となる場合と同様の予告制約範囲を設定する。時短中変動回数と合計保留数に基づいて、制約範囲#1〜制約範囲#3のいずれかに該当して予告制約範囲の範囲内であると判定されたときには、通常時や無制約の場合とは異なる予告決定割合で、連続予告演出となる予告演出を実行するか否かや、実行する場合における予告パターンを決定する。 (もっと読む)


【課題】遊技者に抱かせた期待感を考慮して非選択表示を効果的に行なうことができる遊技機を提供することである。
【解決手段】前兆期間において複数種類の敵方キャラクタに関する情報を報知した後、いずれかの敵方キャラクタが選択されて当該敵方キャラクタとのバトル演出を実行し、味方キャラクタの勝敗によってATに制御されるか否かを報知するスロットマシンにおいて、いずれかの敵方キャラクタに対して非選択示唆演出を実行させる場合には、当該敵方キャラクタに対してバトル演出で味方キャラクタが勝利する可能性が低い旨を示唆する可能性示唆演出Bを実行させずに非選択示唆演出を実行させる割合よりも高い割合で、当該敵方キャラクタに対して可能性示唆演出Bを実行させた後に当該非選択示唆演出を実行させる。 (もっと読む)


【課題】リーチ状態となり、停止識別情報を第1の識別情報から第2の識別情報に変化させる特別演出が行われた後に特定表示結果(大当り組合せの確定飾り図柄)にならなくても、該特別演出が実行されたことによって特定遊技状態に制御されなかったという残念感を遊技者に与えてしまうことを防止できる遊技機を提供する。
【解決手段】飾り図柄が変動を開始して(A)、停止飾り図柄が第1の識別情報(ここでは「6」)でリーチ状態となり(B)、該停止飾り図柄を変更する特別演出が実行されて、第2の識別情報(ここでは「7」)でリーチ状態となった場合には(C)、当該特別演出を実行した後に停止する飾り図柄が第1の識別情報以外(ここでは「8」)となるような禁則制御を実行する(D)。 (もっと読む)


【課題】遊技を終了した遊技機において仮に遊技を継続していた場合の遊技結果を提供すること。
【解決手段】所定の遊技が実施可能な遊技機1と、遊技者が携行する携帯端末1100と、から成る遊技用システムであって、遊技機1から出力された遊技終了時点における遊技状態及び該遊技終了時点の遊技状態に到るまでの遊技履歴とを含む2次元コードを携帯端末1100にて読み取り、該2次元コードに含まれる遊技終了時点の遊技状態と遊技履歴に対応した遊技シミュレーションを実施して、該遊技シミュレーションの結果を携帯端末1100にて表示する。 (もっと読む)


【課題】把握精度の低下を回避しつつ、不具合や不正の把握に要する処理負荷を低減すること。
【解決手段】遊技媒体を払い出す遊技機に関する情報を管理する遊技用管理装置であって、払出条件が成立することにより払い出す遊技媒体数を特定可能な払出条件成立情報と、該払出条件が成立したことによる遊技媒体数が払い出されたことに応じて出力される、該払い出された遊技媒体数を特定可能な払出済情報と、を入力し、各情報から特定される遊技媒体数の集計を行って、該集計した各集計値との差数が、所定の閾値以上であるか否かを、所定のタイミングにて判定し、差数が所定の閾値以上であると判定されたことを条件に所定の報知を行う。 (もっと読む)


【課題】 背景画像を表示する遊技機において、背景画像の表示負担を軽減することができ、背景画像の表示状況に応じた適切な予告表示を行う。
【解決手段】 背景画像表示制御処理において、予告用画像を表示することを決定したことに基づいて、再生時間タイマの計時時間に応じて、予告用画像の背景画像内における表示位置を特定する表示位置特定手段を設け、表示位置特定手段で特定された表示位置に、予告用画像を背景画像として再生させる動画に重ねて表示する。 (もっと読む)


61 - 70 / 5,148