説明

株式会社コーセーにより出願された特許

111 - 120 / 734


【課題】 高い透明性を有しながら、優れた安定性で紫外線吸収剤を配合した板状粉体およびこれを含む化粧料を得ること。
【解決手段】 (メタ)アクリル系重合体中に、t−ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンおよびジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルから選ばれる有機紫外線吸収剤の一種又は二種以上を包含してなる有機紫外線吸収剤複合板状粉体およびその製造方法。 (もっと読む)


【課題】
pHが2.0〜5.5の酸性領域において、みずみずしく、とろみのある感触を持ち、経時安定性に優れる水中油型乳化組成物を提供すること。
【解決手段】
成分(a):アクリル酸又はメタアクリル酸と、アクリル酸アルキルエステル又はメタアクリル酸アルキルエステルと、エチレン性不飽和基を2個以上有する化合物と、が少なくとも結合した共重合体からなり、電解質を含有させた場合に増粘性を発揮する水溶性高分子と、成分(b):水溶性薬剤、を含有し、pHが2.0〜5.5であることを特徴とする水中油型乳化組成物。
(もっと読む)


【課題】 毛髪に自然なツヤを与え、滑らかさと、しなやかさを付与する効果に優れ、べたつき感のない、エアゾール型毛髪化粧料の提供。
【解決手段】 新規なデキストリン脂肪酸エステルを含有する原液と噴射剤からなるエアゾール型毛髪化粧料。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ファデーション等のメイクアップ化粧料の化粧膜の上から塗布し、塗布時に先に使用したファンデーション等の化粧膜の色調や仕上がり感を損なうことなく、経時での色持ちや二次付着防止効果に優れ、膜の柔軟性に富み肌への負担感がない、オーバーコート化粧料に関する。
【解決手段】成分(a)RSiO1.5単位とRSiO0.5単位(式中、R、Rは置換または非置換の1価炭化水素基を表す)から成るシリコーン樹脂を配合したことを特徴とするオーバーコート化粧料に関する。 (もっと読む)


【課題】べたつき感がなく軽い仕上がりでありながら、なめらかさ、しなやかさ、エモリエント感に優れたコンディショニング効果が得られる毛髪化粧料の提供。
【解決手段】デキストリンのグルコースの平均重合度が3〜150であり、脂肪酸が炭素数4〜26の分岐飽和脂肪酸の1種又は2種以上を全脂肪酸に対して50mol%より多く100mol%以下、及び、炭素数2〜22の直鎖飽和脂肪酸、炭素数6〜30の直鎖又は分岐の不飽和脂肪酸及び炭素数6〜30の環状の飽和又は不飽和脂肪酸よりなる群から選ばれる1種又は2種以上を全脂肪酸に対して0mol%以上50mol%未満含有し、グルコース単位当たりの脂肪酸の置換度が1.0〜3.0であるデキストリン脂肪酸エステルと、高級アルコールと、カチオン性界面活性剤とを含有する毛髪化粧料。 (もっと読む)


【課題】油剤、特に揮発性炭化水素油への分散性が高く、製品安定性が良好であり、分散性と肌への付着力を両立し、化粧持続性に優れた表面処理粉体を提供すること。
【解決手段】デキストリンと脂肪酸とのエステル化物であって、デキストリンのグルコースの平均重合度が3〜150であり、脂肪酸が炭素数12〜22の分岐飽和脂肪酸の1種又は2種以上を全脂肪酸に対して20mol%〜100mol%を含有し、グルコース単位当たりの脂肪酸の置換度が1.0〜3.0のデキストリン脂肪酸エステルで粉体の表面を被覆処理してなることを特徴とする表面処理粉体。脂肪酸は、さらに、炭素数2〜22の直鎖飽和脂肪酸、炭素数6〜30の直鎖又は分岐の不飽和脂肪酸、炭素数6〜30の環状の飽和又は不飽和脂肪酸及び炭素数4〜11の分岐飽和脂肪酸よりなる群から選ばれる1種又は2種以上を全脂肪酸に対して0mol%〜80mol%を含有していてもよい。 (もっと読む)


【課題】乳化剤を含有しなくても、経時安定性やみずみずしい使用感に優れる水中油型乳化組成物を提供すること。
【解決手段】次の成分(a)〜(c);
(a)デキストリン脂肪酸エステル
(b)油剤
(c)アルキル基を持つセルロース系高分子
を含有し、成分(a)と成分(b)の含有質量割合(b)/(a)が2〜14の範囲であり、かつ、実質的に乳化剤を含有しないことを特徴とする水中油型乳化組成物。 (もっと読む)


【課題】安価かつ高収率にハイブリッド粉体が得られる酸化鉄とオルガノポリシロキサンのハイブリッド粉体の製造方法を提供する。
【解決手段】(A)塩化鉄(III)をアルカリと反応させて(a)水酸化鉄(III)を得て、この(a)水酸化鉄(III)に(B)下記一般式(1)


(式中、Rは同一または異なってもよく、水素原子または炭素数1〜4のアルキル基を示し、Xはエーテル結合(−O−)を有していてもよい炭素数2〜4のアルキレン基を示し、nは1〜12である)で表されるオルガノポリシロキサンをモル比((a):(B))10:0.05〜10:1.5で添加して反応させることを特徴とする酸化鉄・オルガノポリシロキサンハイブリッド粉体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 本発明は二次付着防止効果があり、唇の乾燥感が低減された口唇化粧料において、更に、発色に優れ色持ちが良く、均一な塗布膜が持続する口唇化粧料に関するものである。
【解決手段】 次の成分 (A)〜(D);(A)特定の含フッ素単量体(a)と、特定のアルコキシ基含有単量体(b)とを必須に含む単量体を共重合して得られる含フッ素共重合体、(B)煙霧状無水ケイ酸、(C)ジグリセリン脂肪酸トリエステル、重合度が7〜11のポリグリセリンと炭素数16〜20の分岐脂肪酸とのエステル、リンゴ酸ジイソステアリルから選ばれる1種または2種以上のエステル油、(D)デキストリン脂肪酸エステルおよび/またはエチレン・プロピレンコポリマーを配合することを特徴とする口唇化粧料。 (もっと読む)


【課題】 簡単な操作により、異なる特性を有する2種類の内容物を使用者の好みに応じて任意の配合で混合し塗布することも、またそれぞれを単独に塗布することも可能とする用時混合型の塗布具付き容器の提供。
【解決手段】第1の内容物を収容する第一収容部を備えた容器本体と、該容器本体の口部に装着自在に形成され、第2の内容物を収容する第二収容部を備えるとともに、その開口部には塗布軸と該塗布軸先端に形成された塗布体からなる塗布具が垂設されたキャップ部とを有する塗布具付き容器であって、前記塗布体には吐出口が形成されるとともに、前記塗布具内には前記第二収納部から該吐出口へと連通する通路部が形成されており、キャップ部内に設けられた吐出手段により、第二収納部内の内容物が前記通路部を通って前記吐出口より吐出されることを特徴とする塗布具付き容器。 (もっと読む)


111 - 120 / 734