説明

株式会社コーセーにより出願された特許

651 - 660 / 734


【課題】 チロシナーゼ活性阻害効果及びメラニン産生抑制効果に優れた剤を提供する。
【解決手段】 N−ヒドロキシコハク酸イミドを有効成分とするチロシナーゼ活性阻害剤及びメラニン産生抑制剤である。また、前記チロシナーゼ活性阻害剤又は前記メラニン産生抑制剤を含有する美白用皮膚外用剤である。 (もっと読む)


【課題】 エモリエント効果の高い液状の化粧油を肌上に均一に塗布できる化粧料を提供すること
【構成】 25℃における粘度が50〜1000mPa・sの範囲である化粧油を不織布に含浸することを特徴とする化粧料。 (もっと読む)


【課題】 撥水性、撥油性に優れる油性固形化粧料で、化粧料のとれ、伸び広がりの良さやべたつきのなさといった使用感が良好で、化粧膜の均一性と化粧膜の持続性に優れ、且つ、保存安定性にも優れた油性固形化粧料を提供する。
【解決手段】特定のシリコーン・ポリアミド共重合体とフルオロアルキル基含有環状オルガノポリシロキサンとイソノナン酸と分岐アルコールのエステル油及び/又は2−エチルヘキサン酸と多価アルコールのエステル油とを含有することを特徴とする油性固形化粧料。 (もっと読む)


【課題】 結晶性が高く、油剤への溶解性が悪いユビキノンを水中に安定に配合し、透明性に優れ、しかもべたつき感等のない良好な使用性の透明水性組成物を提供するものである。
【解決手段】 水中に、次の成分(a)及び(b);
(a)ユビキノン
(b)IOB値が0.1〜0.4の油剤
を配合することを特徴とする透明水性組成物。また、成分(a)の配合量が0.0001〜0.05質量%、成分(b)の配合量が0.0004〜0.12質量%であることを特徴とする透明水性組成物。 (もっと読む)


【課題】感触上のべたつきを軽減させ、またみずみずしく伸び広がり、更には肌の保湿性が良好となる乳化型化粧料を提供すること。【解決手段】特定の変性シリコーンとリン脂質、油剤、水を配合する乳化化粧料。更には、乳化化粧料が油中水型、O/W/O型乳化化粧料である。 (もっと読む)


【課題】 使用性(塗布時の伸び広がり)に優れ、仕上がった化粧膜が均一で、べたつきのない保湿感と艶を有し、化粧持ちに優れた固形メーキャップ化粧料を提供するものである。
【解決手段】 次の成分(a)〜(d);(a)平均分子量が5000以上10000未満のポリエチレングリコールを20〜80質量%(b)粉体を10〜60質量%(c)(a)成分以外の多価アルコールを1〜30質量%(d)水可溶性のアクリル樹脂を0.5〜3質量%を含有し、水を用いて使用することを特徴とする固形メーキャップ化粧料。 (もっと読む)


【課題】新規なコラゲナーゼ阻害剤、及びしわ及びたるみを防止又は改善し得る新規な老化防止用皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】イザヨイバラ果実の抽出物からなるコラゲナーゼ阻害剤、及び前記コラゲナーゼ阻害剤を含有する老化防止用皮膚外用剤である。 (もっと読む)


【課題】ペクチンを多価陽イオンでゲル化したゲルを含有するゲル状メーキャップ化粧料について、酸化鉄粒子のゲル状メーキャップ化粧料中での分散性を向上させることによって、均一に着色した、使用時に指などへのトレが良く、肌上の伸び広がりが良く、更にメーキャップ効果、化粧持続性、保存安定性を改善したゲル状メーキャップ化粧料の提供。
【解決手段】(A)メチルエステル化率5〜50%のペクチン0.2〜3質量%、(B)水溶液中で多価陽イオンを生成する塩0.0025〜0.75質量%,及び(C)水50〜97質量%を含有し、且つ酸化鉄粒子を2質量%以上含有するゲル状メーキャップ化粧料あって、該酸化鉄粒子がシリカで被覆されているゲル状メーキャップ化粧料である。また、該酸化鉄粒子が板状粒子に坦持され、更に該酸化鉄坦持板状粒子がシリカで被覆されているゲル状メーキャップ化粧料。 (もっと読む)


【課題】 安定に配合可能であり、高い線維芽細胞増殖促進作用を示す線維芽細胞増殖促進剤、及び皮膚のしわ・たるみを予防・改善可能な皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】 エチナシの抽出物を有効成分とする線維芽細胞増殖促進剤、及び前記線維芽細胞増殖促進剤を含有する皮膚のはり・たるみを防止又は改善するための皮膚外用剤である。 (もっと読む)


【課題】 肌や睫への付着性及び化粧膜の均一性に優れ、しかも塗布後の乾きが速いアイメーキャップ化粧料を提供する。特に、マスカラにおいては、化粧料が睫に塊状やダマ状に付着することなく、均一な化粧膜を形成する効果に優れたアイメーキャップ化粧料を提供する。
【解決手段】 平均粒径40〜4000nmの固形油粉末が油相中に分散していることを特徴とするアイメーキャップ化粧料。また、前記固形油粉末の融点が70〜150℃であることを特徴とする前記アイメーキャップ化粧料。そして更に、アイメーキャップ化粧料が非水系であることを特徴とする前記何れかののアイメーキャップ化粧料。 (もっと読む)


651 - 660 / 734